[スポンサーリンク]

archives

サレン-Mn錯体

B2409.gif

 
【東京化成工業】
サレン-Mn錯体: (1S,2S)-N,N’-Bis[(R)-2-hydroxy-2′-phenyl-1,1′-binaphthyl-3-ylmethylene]-1,2-diphenylethylenediaminato Manganese(III) Acetate
分子量: 1037.09
CAS: 158052-18-7
製品コード:B2409
値段: 100mg 21,500円 (2008.10.22 現在)
用途:触媒
説明:高いeeを得ることが困難である共役シスオレフィンの不斉エポキシ化反応の触媒として有用である。
文献:H. Sasaki, R. Irie, T. Hamada, K. Suzuki, T. Katsuki, Tetrahedron, 50, 11827 (1994)
その他の不斉エポキシ化に関する記述: エナンチオ選択的エポキシ化 / Enantioselective Epoxidation(TCIメール)
The following two tabs change content below.
Hiro

Hiro

Hiro

最新記事 by Hiro (全て見る)

関連記事

  1. Hantzschエステル:Hantzch Ester
  2. トリフルオロ酢酸パラジウム(II):Palladium(II) …
  3. チアゾリジンチオン
  4. 記事評価&コメントウィジェットを導入
  5. トリフルオロメタンスルホン酸トリエチルシリル : Triethy…
  6. N,N,N’,N’-テトラメチルエチレン…
  7. 【予告】ケムステ新コンテンツ「元素の基本と仕組み」
  8. (R,R)-DIPAMP

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 製薬各社の被災状況②
  2. ウーロン茶に新薬開発の夢 県立大グループが新成分発見
  3. クロスカップリング用Pd触媒 小ネタあれこれ
  4. トップリス ツリー Topliss Tree
  5. 酢酸鉄(II):Acetic Acid Iron(II) Salt
  6. 人名反応から学ぶ有機合成戦略
  7. 品川硝子製造所跡(近代硝子工業発祥の碑)
  8. Post-Itのはなし ~吸盤ではない 2~
  9. コンラッド・リンパック キノリン合成 Conrad-Limpach Quinoline Synthesis
  10. デヴィッド・エヴァンス David A. Evans

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

元素手帳 2018

今年も残すところあと1ヶ月半となってきました。来年に向けて、そろそろアレを購入される方もいら…

シクロペンタジエニル錯体の合成に一筋の光か?

β-炭素脱離を用いるシクロペンタジエニル(Cp)錯体の新たな調製法が報告された。本法により反応系中で…

ルミノール誘導体を用いるチロシン選択的タンパク質修飾法

2015年、東京工業大学・中村浩之らは、ルミノール誘導体と鉄-ポルフィリン複合体(ヘミン)を用い、チ…

酵素触媒によるアルケンのアンチマルコフニコフ酸化

酵素は、基質と複数点で相互作用することにより、化学反応を厳密にコントロールしています。通常のフラ…

イオンの出入りを制御するキャップ付き分子容器の開発

第124回のスポットライトリサーチは、金沢大学 理工研究域物質化学系錯体化学研究分野(錯体化学・超分…

リチウムイオン電池の課題のはなし-1

Tshozoです。以前リチウムイオン電池に関するトピックを2つほど紹介した(記事:リチウムイ…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP