[スポンサーリンク]


GFP

  1. 「オプトジェネティクス」はいかにして開発されたか

    前回の記事では、脳/神経科学研究の進展に革命的な寄与を果たした技術「オプトジェネティクス」について簡単に紹介しました。今回はこの革命的技術がいかにして開発されたか?というお話を紹介したいと思います。異分野の交…

  2. フライデーハーバー研究所

    フライデー・ハーバー研究所(Friday Harbor Laboratory)は、ワシントン大学に属…

  3. GFPをも取り込む配位高分子

    配位高分子と呼ばれる材料をご存じでしょうか?金属イオンと結合する手を持った「配位子」と呼ばれる有…

  4. マーティン・チャルフィー Martin Chalfie

    マーティン・チャルフィー(Martin Chalfie、1947年2月1日-)は、アメリカの生化学者…

  5. ロジャー・チェン Roger Y. Tsien

    ロジャー・Y・チェン (Roger Y. Tsien、1952年2月1日-2016年8月24日)は、…

  6. 2008年ノーベル化学賞『緑色蛍光タンパクの発見と応用』

  7. 下村 脩 Osamu Shimomura

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 静岡大准教授が麻薬所持容疑で逮捕
  2. 新課程視覚でとらえるフォトサイエンス化学図録
  3. 日本薬学会第139年会 付設展示会ケムステキャンペーン
  4. 二フッ化酸素 (oxygen difluoride)
  5. 【無料】化学英語辞書がバージョンアップ!
  6. 史上最強の塩基が合成される
  7. カチオン重合 Cationic Polymerization

注目情報

最新記事

元素手帳2022

毎年これが届くと、ああもう今年も終わりかあと思うようになりました。そう、読者…

ダイセル発、にんにく由来の機能性表示食品「S-アリルシステイン」

株式会社ダイセルは、カラダの疲れを感じている方のための機能性表示食品「S-アリルシステイン」を消費者…

Delta 6.0.0 for Win & Macがリリース!

NMR解析ソフトDeltaの最新版6.0.0がリリースされました!&nb…

こんなのアリ!?ギ酸でヒドロカルボキシル化

可視光レドックス触媒によるギ酸を炭素源としたヒドロカルボキシル化が開発された。チオール触媒を介したラ…

ポンコツ博士研究員の海外奮闘録 ケムステ異色連載記

本稿は,世間一般にほとんど知られていない地方私立大学で学位を修了し,エリートでもなく何も成し遂げてい…

PAGE TOP