[スポンサーリンク]


GFP

  1. 「オプトジェネティクス」はいかにして開発されたか

    前回の記事では、脳/神経科学研究の進展に革命的な寄与を果たした技術「オプトジェネティクス」について簡単に紹介しました。今回はこの革命的技術がいかにして開発されたか?というお話を紹介したいと思います。異分野の交…

  2. フライデーハーバー研究所

    フライデー・ハーバー研究所(Friday Harbor Laboratory)は、ワシントン大学に属…

  3. GFPをも取り込む配位高分子

    配位高分子と呼ばれる材料をご存じでしょうか?金属イオンと結合する手を持った「配位子」と呼ばれる有…

  4. マーティン・チャルフィー Martin Chalfie

    マーティン・チャルフィー(Martin Chalfie、1947年2月1日-)は、アメリカの生化学者…

  5. ロジャー・チェン Roger Y. Tsien

    ロジャー・Y・チェン (Roger Y. Tsien、1952年2月1日-2016年8月24日)は、…

  6. 2008年ノーベル化学賞『緑色蛍光タンパクの発見と応用』

  7. 下村 脩 Osamu Shimomura

スポンサー

ピックアップ記事

  1. Reaxys Ph.D Prize2014ファイナリスト45名発表!
  2. 防カビ効果、長持ちします 住友化学が新プラスチック
  3. ターボグリニャール試薬
  4. 和製マスコミの科学報道へ不平不満が絶えないのはなぜか
  5. ケムステスタッフ徹底紹介!
  6. 捏造は研究室の中だけの問題か?
  7. 原子移動ラジカル重合 Atom Transfer Radical Polymerization

注目情報

最新記事

蛍光と光増感能がコントロールできる有機ビスマス化合物

第312回のスポットライトリサーチは、岐阜薬科大学(永澤研究室)・向峯あかり 博士にお願いしました。…

三井化学が進める異業種との協業

三井化学と丹青社は、三井化学の最先端のテクノロジーと丹青社の空間づくりのノウハウを組み合わせ、感性に…

第150回―「触媒反応機構を解明する計算化学」Jeremy Harvey教授

第150回の海外化学者インタビューは、ジェレミー・ハーヴェイ教授です。ブリストル大学化学科(訳注:現…

オスミウム活性炭素 –ニトロ基選択的還元触媒–

接触還元は有機合成で汎用する反応の一つです。ニトロ基、オレフィン、アジドなどの還…

【ケムステSlackに訊いてみた③】化学で美しいと思うことを教えて!

日本初のオープン化学コミュニティ・ケムステSlackの質問チャンネルに流れてきたQ&Aの紹介…

PAGE TOP