[スポンサーリンク]

archives

キラルオキサゾリジノン

B1786.gif

【東京化成工業】
 キラルオキサゾリジノン: (R)-4-Benzyl-2-oxazolidinone
分子量: 177.20
CAS:102029-44-7
製品コード: B1786
値段: 5g 8,300円 (2009.1.4 現在)
用途:不斉補助基
説明: 典型的なエバンスの不斉補助基
その他のリンク: ボロンアルドール反応の新展開 2(TCIメール)
The following two tabs change content below.
Hiro

Hiro

Hiro

最新記事 by Hiro (全て見る)

関連記事

  1. ヒストン脱アセチル化酵素8(HDAC8)選択的阻害剤
  2. 1,2,3,4-シクロブタンテトラカルボン酸二無水物:1,2,3…
  3. SelectfluorR
  4. N,N,N’,N’-テトラメチルエチレン…
  5. グラフェンの量産化技術と次世代デバイスへの応用【終了】
  6. グライコシンターゼ (Endo-M-N175Q) : Glyco…
  7. 炭酸ビス(ペンタフルオロフェニル) : Bis(pentaflu…
  8. セミナーチャンネルを開設

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. やせ薬「塩酸フェンフルラミン」サヨウナラ
  2. マツタケオール mushroom alcohol
  3. 人が集まるポスター発表を考える
  4. フラーレンの単官能基化
  5. 化合物太陽電池の開発・作製プロセスと 市場展開の可能性【終了】
  6. 劉 龍 Ryong Ryoo
  7. ナノチューブを大量生産、産業技術総合研が技術開発
  8. 製薬特許売買市場、ネットに創設へ…大商とUFJ信託
  9. Louis A. Carpino ルイス・カルピノ
  10. 第14回 有機合成「力」でケミカルバイオロジーへ斬り込む - Joe Sweeney教授

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

ボロン酸エステル/ヒドラゾンの協働が実現する強固な細胞Click反応

2017年、アルバータ大学・Dennis G. Hallらは、細胞毒性の低いボロン酸とジオール間での…

分子で作る惑星、その名もナノサターン!

2018年、東工大の豊田真司先生らによって、まるで土星を型どったような分子の合成が報告された。フラー…

磯部 寛之 Hiroyuki Isobe

磯部寛之(いそべひろゆき、1970年11月9日–東京都生まれ)は日本の有機化学者である。東京大学理学…

死海付近で臭素が漏洩

イスラエル警察は死海付近の向上から臭素が漏れだしたことを明らかにし、付近住民に自宅にとどまるよう呼び…

光触媒反応用途の青色LED光源を比較してみた

巷で大流行の可視光レドックス触媒反応ですが、筆者のラボでも活用するようになりました。しかし経…

宮沢賢治の元素図鑑

概要本書は宮沢賢治の作品に登場する元素を取り上げ、作品を入り口として各元素について解説した書…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP