[スポンサーリンク]

archives

キラルオキサゾリジノン

[スポンサーリンク]

B1786.gif

【東京化成工業】
 キラルオキサゾリジノン: (R)-4-Benzyl-2-oxazolidinone
分子量: 177.20
CAS:102029-44-7
製品コード: B1786
値段: 5g 8,300円 (2009.1.4 現在)
用途:不斉補助基
説明: 典型的なエバンスの不斉補助基
その他のリンク: ボロンアルドール反応の新展開 2(TCIメール)
The following two tabs change content below.
Hiro

Hiro

Hiro

最新記事 by Hiro (全て見る)

関連記事

  1. ケテンジチオアセタール化による一炭素増炭反応
  2. ジピバロイルメタン:Dipivaloylmethane
  3. ワインレブアミドを用いたトリフルオロメチルケトン類の合成
  4. AZADOLR ~ 高活性なアルコール酸化触媒
  5. ナトリウムトリス(1,1,1,3,3,3-ヘキサフルオロイソプロ…
  6. カルベン触媒によるα-ハロ-α,β-不飽和アルデヒドのエステル化…
  7. 1-フルオロ-2,4,6-トリメチルピリジニウムトリフルオロメタ…
  8. Pubmed, ACS検索

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 「科研費の採択を受けていない研究者」へ研究費進呈?
  2. 人生、宇宙、命名の答え
  3. ドーパミンで音楽にシビれる
  4. 周期表の形はこれでいいのか? –上下逆転した周期表が提案される–
  5. 研究者としてうまくやっていくには ー組織の力を研究に活かすー
  6. 藤田 誠 Makoto Fujita
  7. 新しい太陽電池ーペロブスカイト太陽電池とは
  8. 岡大教授が米国化学会賞受賞
  9. サミュエル・ダニシェフスキー Samuel J. Danishefsky
  10. ChemDrawからSciFinderを直接検索!?

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

光/熱で酸化特性のオン/オフ制御が可能な分子スイッチの創出に成功

第244回のスポットライトリサーチは、北海道大学大学院総合化学院・林 裕貴さんにお願いしました。…

続・企業の研究を通して感じたこと

自分は、2014年に「企業の研究を通して感じたこと」という記事を執筆しましたが、それから5年が経ち、…

第49回―「超分子の電気化学的挙動を研究する」Angel Kaifer教授

第49回の海外化学者インタビューは、エンジェル・カイファー教授です。マイアミ大学化学科で超分子系電気…

日本化学会 第100春季年会 市民公開講座 夢をかなえる科学

■ 概要企画名:    市民公開講座 夢をかなえる科学主催:        公益社団法人…

第48回―「周期表の歴史と哲学」Eric Scerri博士

第48回の海外化学者インタビューは、エリック・セリー博士です。英国で教育を受け、カリフォルニア大学ロ…

ペプチド縮合を加速する生体模倣型有機触媒

2019年、ニューヨーク大学のParamjit S. Aroraらは、活性アシル中間体への求核付加遷…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP