[スポンサーリンク]

archives

キラルオキサゾリジノン

B1786.gif

【東京化成工業】
 キラルオキサゾリジノン: (R)-4-Benzyl-2-oxazolidinone
分子量: 177.20
CAS:102029-44-7
製品コード: B1786
値段: 5g 8,300円 (2009.1.4 現在)
用途:不斉補助基
説明: 典型的なエバンスの不斉補助基
その他のリンク: ボロンアルドール反応の新展開 2(TCIメール)
The following two tabs change content below.
Hiro

Hiro

Hiro

最新記事 by Hiro (全て見る)

関連記事

  1. 取扱いが容易なトリフルオロアセチル化試薬
  2. (R,R)-DIPAMP
  3. 1-トリフルオロメチル-3,3-ジメチル-1,2-ベンゾヨードキ…
  4. ピセン:Picene
  5. カプサイシンβ-D-グルコピラノシド : Capsaicin b…
  6. ロジウム(I)触媒を用いるアリールニトリルの炭素‐シアノ基選択的…
  7. サーバーを移転しました
  8. トリフルオロメタンスルホン酸ベンゾイル:Benzoyl Trif…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. カバチニク・フィールズ反応 Kabachnik-Fields Reaction
  2. 英グラクソスミスクライン、抗ウイルス薬を大幅値引きへ
  3. ウィリアム・モーナー William E. Moerner
  4. 米デュポンの第2・四半期決算は予想下回る、エネルギー費用高騰が打撃
  5. 緑色蛍光タンパク /Green Fluorescent Protein (GFP)
  6. 光触媒の力で多置換トリフルオロメチルアルケンを合成
  7. ロイカート・ヴァラッハ反応 Leuckart-Wallach Reaction
  8. 抗生物質の話
  9. 立体電子効果―三次元の有機電子論
  10. 化学を広く伝えるためにー多分野融合の可能性ー

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

光C-Hザンチル化を起点とするLate-Stage変換法

2016年、ノースカロライナ大学チャペルヒル校・Eric J. Alexanianらは、青色光照射下…

硤合 憲三 Kenso Soai

硤合 憲三 (そあい けんそう、1950年x月x日-)は、日本の有機化学者である。東京理科大学 名誉…

カルボン酸からハロゲン化合物を不斉合成する

第119回のスポットライトリサーチは、豊橋技術科学大学大学院 柴富研究室 博士後期課程1年の北原 一…

アンドリュー・ハミルトン Andrew D. Hamilton

アンドリュー・ディヴィッド・ハミルトン (Andrew David Hamilton、1952年11…

耐薬品性デジタルマノメーター:バキューブランド VACUU・VIEW

突然ですが、「バキューブランド」って会社知っていますか?合成化学系の先生方はご存知の人が多い…

生物指向型合成 Biology-Oriented Synthesis

生物の機能主体であるタンパク質では、決まった構造モチーフが種を超越して高度に保存されている。生物活性…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP