[スポンサーリンク]


IR

  1. 即戦力のコンパクトFTIR:IRSpirit

    化合物の合成や構造決定に勤しんでいる読者の皆様。最近、島津製作所から新しいFTIR(フーリエ変換赤外分光光度計)が発売され、先日デモをしましたので紹介させていただきたいと思います。その名も、「IRSpirit」。大変コンパクトなのに…

  2. 掃除してますか?FTIR-DRIFTチャンバー

    恥ずかしい話なのですが、FTIRのDRIFTチャンバーを長年掃除していなかったために、長年蓄積した残…

  3. FT-IR(赤外分光法)の基礎と高分子材料分析の実際【終了】

    講師        : 日本化学試験所認定機構 (非常勤) 技術審査員補 工学博士 西岡 利勝 …

  4. IRの基礎知識

    赤外吸収分光法(infrared absorption spectrometry, IR)とは、試料…

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 四酸化オスミウム Osmium Tetroxide (OsO4)
  2. グァンビン・ドン Guangbin Dong
  3. ウェルナー・ナウ Werner M. Nau
  4. 直接クプラート化によるフルオロアルキル銅錯体の形成と応用
  5. はてブ週間ランキング第四位を獲得
  6. GlycoProfile アジド糖
  7. テトラブチルアンモニウムジフルオロトリフェニルシリカート:Tetrabutylammonium Difluorotriphenylsilicate

注目情報

最新記事

女優・吉岡里帆さんが、化学大好きキャラ「DIC岡里帆(ディーアイシーおか・りほ)」に変身!

印刷インキや有機顔料世界トップシェアのDIC株式会社は、2020年1月より、数々のヒット作に出演し、…

tRNAの新たな役割:大豆と微生物のコミュニケーション

畑に生えている大豆の根っこを抜いてみると、丸い粒みたいなものがたくさんできています。根粒(こんりゅう…

第46回―「分子レベルの情報操作を目指す」Howard Colquhoun教授

第46回の海外化学者インタビューは、ハワード・コルクホーン教授です。英国レディング大学の化学科に所属…

長期海外出張のお役立ちアイテム

ぼちぼち中堅と呼ばれる年齢にさしかかってきたcosineです。そんなお年頃のせいでしょうか、…

使っては・合成してはイケナイ化合物 |第3回「有機合成実験テクニック」(リケラボコラボレーション)

理系の理想の働き方を考える研究所「リケラボ」とコラボレーションとして「有機合成実験テクニック」の特集…

PAGE TOP