[スポンサーリンク]


IR

  1. 即戦力のコンパクトFTIR:IRSpirit

    化合物の合成や構造決定に勤しんでいる読者の皆様。最近、島津製作所から新しいFTIR(フーリエ変換赤外分光光度計)が発売され、先日デモをしましたので紹介させていただきたいと思います。その名も、「IRSpirit」。大変コンパクトなのに…

  2. 掃除してますか?FTIR-DRIFTチャンバー

    恥ずかしい話なのですが、FTIRのDRIFTチャンバーを長年掃除していなかったために、長年蓄積した残…

  3. FT-IR(赤外分光法)の基礎と高分子材料分析の実際【終了】

    講師        : 日本化学試験所認定機構 (非常勤) 技術審査員補 工学博士 西岡 利勝 …

  4. IRの基礎知識

    赤外吸収分光法(infrared absorption spectrometry, IR)とは、試料…

スポンサー

ピックアップ記事

  1. OMCOS19に参加しよう!
  2. 旭化成、5年で戦略投資4千億
  3. ケンダール・ハウク Kendall N. Houk
  4. チャールズ・スターク・ドレイパー賞―受賞者一覧
  5. 大麻から作られる医薬品がアメリカでオーファンドラッグとして認証へ
  6. ベンジル保護基 Benzyl (Bn) Protective Group
  7. トム・マイモニ Thomas J. Maimone

注目情報

最新記事

光で2-AGの量を制御する

ケージド化合物を用いた2-AG量の操作法が初めて開発された。2-AG量を時空間的に操作することができ…

葉緑素だけが集積したナノシート

第235回のスポットライトリサーチは、立命館大学 民秋研究室で博士研究員をされていた、庄司 淳(しょ…

第38回「分子組織化の多様な側面を理解する」Neil Champness教授

長らく更新が止まっていましたが、海外化学者インタビュー再開しました。Nature Chemistry…

排ガス原料のSAFでデリバリーフライトを実施

ANAは日本時間の10月30日、排ガスを原料とするSustainable Aviation Fuel…

“つける“と“はがす“の新技術―分子接合と表面制御

お申込み・詳細はこちら日程2020年1月9日(木)・10日(金)定員20名  先着順…

PAGE TOP