[スポンサーリンク]

F

フリース転位 Fries Rearrangment

 

概要

ルイス酸条件下、アシルフェノール化合物のアシル基は転位を起こす。生成物のオルト/パラ選択性は、反応条件の影響を受ける。低温(100℃以下)
ではパラ体が、高温ではオルト体が主生成物となる。分子内Friedel-Craftsアシル化の一種と見なすことも出来る。

紫外線照射によっても同様の転位反応(光Fries転位)が誘起される。

基本文献

 

反応機構

酸性条件下ではアシリウムカチオン経由、光条件下では ラジカル開裂・再結合による機構とされる。
acid-o5.gif

反応例

Diazonamide coreの合成研究[1] fries_rearr_3.gif

実験手順

 

実験のコツ・テクニック

 

参考文献

[1] Magnus, P.; Lescop, C. Tetrahedron Lett. 200142, 7193. doi:10.1016/S0040-4039(01)01515-5

 

関連反応

 

関連書籍

 

外部リンク

The following two tabs change content below.
Hiro

Hiro

Hiro

最新記事 by Hiro (全て見る)

関連記事

  1. 金属カルベノイドを用いるシクロプロパン化 Cyclopropan…
  2. オレフィンメタセシス Olefin Metathesis
  3. クロム(η6-アレーン)カルボニル錯体 Cr(η6-arene)…
  4. コルベ電解反応 Kolbe Electrolysis
  5. コッホ・ハーフ Koch-Haaf反応
  6. ケック不斉アリル化 Keck Asymmetric Allyla…
  7. マッテソン反応 Matteson Reaction
  8. ウィルゲロット反応 Willgerodt Reaction

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 少量の塩基だけでアルコールとアルキンをつなぐ
  2. 化学かるた:元素編ー世界化学年をちなみ
  3. サリドマイド、がん治療薬に
  4. 旭化成の今期、営業利益15%増の1250億円に
  5. 2016 SciFinder Future Leadersプログラム参加のススメ
  6. Greene’s Protective Groups in Organic Synthesis 5th Edition
  7. リチャード・ヘック Richard F. Heck
  8. ブレイズ反応 Blaise Reaction
  9. 不斉カルボニル触媒で酵素模倣型不斉マンニッヒ反応
  10. 林 雄二郎 Yujiro Hayashi

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

(−)-Salinosporamide Aの全合成

(−)-salinosporamide Aの立体選択的全合成が達成された。アザ-ペイン転位/ヒドロア…

クラウド版オフィススイートを使ってみよう

クラウド版オフィススイートとはOffice onlineやGoogle ドライブなどのことで、ソフト…

NHCが触媒する不斉ヒドロフッ素化

キラルなN–ヘテロ環状カルベン(NHC)を触媒として用いたα,β-不飽和アルデヒドに対する不斉ヒドロ…

ケミカルバイオロジーとバイオケミストリー

突然ですが、質問です。有機化学と無機化学。違いは説明できますか?「生体物質をあつかうものが有…

改正特許法が国会で成立

特許を侵害したと疑われる企業に専門家が立ち入り検査する制度を新設する改正特許法が10日午前の参院本会…

創薬人育成サマースクール2019(関東地区) ~くすりを創る研究の醍醐味を知る!~

動物や臓器に代わる画期的な実験ツールとして注目される生体機能チップ、原薬(API)合成に不可欠なプロ…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP