[スポンサーリンク]


JACS

  1. 炭素-炭素結合を組み替えて多環式芳香族化合物を不斉合成する

    第264回のスポットライトリサーチは、高野 秀明 博士にお願いしました。多環式芳香族炭化水素(PAH)は近年様々な角度からの研究が進められている、世界中でホットな研究トピックです。これを光学活性な形に出来れば円偏光発光(CPL)など…

  2. 100兆分の1秒の極短パルスレーザー光で「化学結合誕生の瞬間」を捉える

    第259回のスポットライトリサーチは、理化学研究所田原分子分光研究室で研究員をされていた倉持 光(く…

  3. ウレエートを強塩基性官能基として利用したキラルブレンステッド塩基触媒の創製

    第255回のスポットライトリサーチは、東北大学大学院理学研究科 化学専攻・石川 奨さんにお願いしまし…

  4. 窒素を挿入してペリレンビスイミドを曲げる〜曲面π共役分子の新設計指針の確立を目指して〜

    第251回のスポットライトリサーチは、名古屋大学大学院工学研究科・福井識人 助教にお願いしました。…

  5. 光/熱で酸化特性のオン/オフ制御が可能な分子スイッチの創出に成功

    第244回のスポットライトリサーチは、北海道大学大学院総合化学院・林 裕貴さんにお願いしました。…

  6. 金属イオン認識と配位子交換の順序を切替えるホスト分子

  7. 反芳香族性を示すπ拡張アザコロネン類の合成に成功

  8. 金ナノクラスター表面の自己組織化単分子膜を利用したテトラセンの高効率一重項分裂とエネルギー変換機能

  9. 微小な前立腺がんを迅速・高感度に蛍光検出する

  10. ペプチドの革新的合成

  11. 新規色素設計指針を開発 -世界最高の太陽光エネルギー変換効率の実現に向けて-

  12. 柔軟な小さな分子から巨大環状錯体を組み上げる ~人工タンパク質への第一歩~

  13. 室温で緑色発光するp型/n型新半導体を独自の化学設計指針をもとにペロブスカイト型硫化物で実現

  14. シアノヒドリンをカルボン酸アミドで触媒的に水和する

  15. 触媒的不斉交差ピナコールカップリングの開発

  16. 100年以上未解明だった「芳香族ラジカルカチオン」の構造を解明!

スポンサー

ピックアップ記事

  1. アザジラクチンの全合成
  2. デ-マヨ反応 de Mayo Reaction
  3. ラッセル・コックス Rusesl J. Cox
  4. ロルフ・ミュラー Rolf Muller
  5. カーボンナノチューブを有機色素で染めて使う新しい光触媒技術
  6. “関節技”でグリコシル化を極める!
  7. アダム・コーエン Adam E. Cohen

注目情報

最新記事

化学者のためのエレクトロニクス入門④ ~プリント基板業界で活躍する化学メーカー編~

bergです。化学者のためのエレクトロニクス入門と銘打ったこのコーナーも、今回で4回目となりました。…

第103回―「機能性分子をつくる有機金属合成化学」Nicholas Long教授

第103回の海外化学者インタビューは、ニック・ロング教授です。インペリアル・カレッジ・ロンドンの化学…

松原 亮介 Ryosuke Matsubara

松原亮介(まつばら りょうすけ MATSUBARA Ryosuke、1978-)は、日本の化学者であ…

CEMS Topical Meeting Online 超分子ポリマーの進化形

7月31日に理研CEMS主催で超分子ポリマーに関するオンライン講演会が行われるようです。奇しくも第7…

有機合成化学協会誌2020年7月号:APEX反応・テトラアザ[8]サーキュレン・8族金属錯体・フッ素化アミノ酸・フォトアフィニティーラベル

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2020年7月号がオンライン公開されました。コ…

PAGE TOP