[スポンサーリンク]


JACS

  1. アルデヒドのC-Hクロスカップリングによるケトン合成

    プリンストン大学・David W. C. MacMillanらは、可視光レドックス触媒、ニッケル触媒、水素原子移動(HAT)触媒の3つを組み合わせることで、アルデヒドと臭化物から直截的にケトンを合成する手法を開発した。“Direct A…

  2. イミデートラジカルを経由するアルコールのβ位選択的C-Hアミノ化反応

    オハイオ州立大学・David A. Nagibらは、脂肪族アルコールのラジカル関与型β位選択的C(s…

  3. 電子不足トリプトファン誘導体を合成する人工酵素

    カリフォルニア工科大学・Frances H. Arnoldらのグループは、トリプトファン合成酵素に様…

  4. ククルビットウリルのロタキサン形成でClick反応を加速する

    カリフォルニア大学バークリー校・Matthew B. Francisらは、ククルビットウリル(CB6…

  5. アルキルラジカルをトリフルオロメチル化する銅錯体

    中国科学院 上海有機化学研究所のChaozhong Liらは、アルキルハライドから系中生成させた炭素…

  6. 変異体鏡像Rasタンパクの化学全合成

  7. スルホニルアミノ酸を含むペプチドフォルダマーの創製

  8. 天然イミンにインスパイアされたペプチド大環状化反応

  9. C(sp3)-Hアシル化を鍵とするザラゴジン酸Cの全合成

  10. 近傍PCET戦略でアルコキシラジカルを生成する

  11. NCL用ペプチド合成を簡便化する「MEGAリンカー法」

  12. キラルアニオン相関移動-パラジウム触媒系による触媒的不斉1,1-ジアリール化反応

  13. コバルト触媒でアリル位C(sp3)–H結合を切断し二酸化炭素を組み込む

  14. この窒素、まるでホウ素~ルイス酸性窒素化合物~

  15. ヒスチジン近傍選択的なタンパク質主鎖修飾法

  16. 芳香族カルボン酸をHAT触媒に応用する

スポンサー

ピックアップ記事

  1. ネフ反応 Nef Reaction
  2. 当量と容器サイズでヒドロアミノアルキル化反応を制御する
  3. 冬虫夏草由来の画期的新薬がこん平さんを救う?ーFTY720
  4. 2007年度ノーベル化学賞を予想!(3)
  5. 藤沢晃治 「分かりやすい○○」の技術 シリーズ
  6. レイングルーバー・バッチョ インドール合成 Leimgruber-Batcho indole synthesis
  7. 磁石でくっつく新しい分子模型が出資募集中

注目情報

最新記事

カーボンナノベルト合成初成功の舞台裏 (1)

今年もあともう少しですね。私は中国の大学院で研究を行っている日本人です。このChem-Sta…

有機合成化学の豆知識botを作ってみた

皆さんこんにちは。めっきり実験から退き、教育係+マネジメント係になってしまったcosineです。…

デニス・ドーハティ Dennis A. Dougherty

デニス・A・ドーハティ(Dennis A. Dougherty、1952年12月4日-)は、米国の物…

ベンゼンの直接アルキル化

ベンゼンにアルキル基を導入したいとき、皆さんはどのような手法を用いますか? (さらに&hel…

アメリカ大学院留学:TAの仕事

私がこれまでの留学生活で経験した一番の挫折は、ティーチングアシスタント(TA)です。慣れない英語で大…

PAGE TOP