[スポンサーリンク]


JACS

  1. 鉄カルベン活性種を用いるsp3 C-Hアルキル化

    2017年、イリノイ大学 M. Christina Whiteらは鉄フタロシアニン触媒から生成するメタルカルベン種を活用し、アリル位・ベンジル位の分子内C-Hアルキル化反応を達成した。“Catalytic C(sp3)-H Alkyla…

  2. 生体組織を人工ラベル化する「AGOX Chemistry」

    京都大学・浜地格らは、有機触媒としてピリジニウムオキシム(PyOx)を用い、N-アシル-N-アルキル…

  3. 5-ヒドロキシトリプトファン選択的な生体共役反応

    2017年、ボストンカレッジのAbhishek Chatterjeeらは、5-ヒドロキシトリプトファ…

  4. 有機レドックスフロー電池 (ORFB)の新展開:高分子を活物質に使う

    高分子活物質を用いた有機レドックスフロー電池についての最近の動向について,2014-2016年の代表…

  5. 光触媒ラジカル付加を鍵とするスポンギアンジテルペン型天然物の全合成

    2017年、カリフォルニア大学アーヴァイン校・Larry E. Overmanらは、可視光レドックス…

  6. イナミドを縮合剤とする新規アミド形成法

  7. イオンのビリヤードで新しい物質を開発する

  8. 可視光照射でトリメチルロックを駆動する

  9. アルデヒドのC-Hクロスカップリングによるケトン合成

  10. イミデートラジカルを経由するアルコールのβ位選択的C-Hアミノ化反応

  11. 電子不足トリプトファン誘導体を合成する人工酵素

  12. ククルビットウリルのロタキサン形成でClick反応を加速する

  13. アルキルラジカルをトリフルオロメチル化する銅錯体

  14. 変異体鏡像Rasタンパクの化学全合成

  15. スルホニルアミノ酸を含むペプチドフォルダマーの創製

  16. 天然イミンにインスパイアされたペプチド大環状化反応

スポンサー

ピックアップ記事

  1. ウルリッヒ・ウィーズナー Ulrich Wiesner
  2. トヨタ、世界初「省ネオジム耐熱磁石」開発
  3. スタチンのふるさとを訪ねて
  4. 長寿企業に学ぶたゆまぬ努力と挑戦
  5. Reaxys体験レポート反応検索編
  6. ビシナルジハライドテルペノイドの高効率全合成
  7. 二酸化炭素をメタノールに変換する有機分子触媒

注目情報

最新記事

天然物の全合成研究ーChemical Times特集より

関東化学が発行する化学情報誌「ケミカルタイムズ」。年4回発行のこの無料雑誌の紹介をしています。…

「アジア発メジャー」狙う大陽日酸、欧州市場に参入

大陽日酸は北米に次ぐ成長が見込める欧州市場に参入を果たす。同業の米プラクスエアが欧州で展開する産業ガ…

典型元素触媒による水素を還元剤とする第一級アミンの還元的アルキル化

第149回のスポットライトリサーチは、大阪大学大学院工学研究科 博士後期課程3年の木下 拓也 (きの…

有機合成化学協会誌7月号:ランドリン全合成・分子間interrupted Pummerer反応・高共役拡張ポルフィリノイド・イナミド・含フッ素ビニルスルホニウム塩・ベンゾクロメン

化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2018年7月号がオンライン公開されました。今月号のキ…

ウィリアム・ロウシュ William R. Roush

ウィリアム・R・ロウシュ(William R. Roush、1952年2月20日(Chula Vis…

PAGE TOP