[スポンサーリンク]


JACS

  1. 変異体鏡像Rasタンパクの化学全合成

    スローンケタリング癌研究所・Samuel J. Danishefskyら共同研究グループは、Dーアミノ酸のみで構成された変異Rasの全合成に成功した。Rasはヒトのガンの30%に関わるとされるタンパク質であるが、これを標的とする薬剤開発は現…

  2. スルホニルアミノ酸を含むペプチドフォルダマーの創製

    南フロリダ大学・Jianfeng Caiらのグループは、L-アミノ酸とD-sulfono-γ-AAp…

  3. 天然イミンにインスパイアされたペプチド大環状化反応

    スクリプス研究所・Phil S. Baranらは、天然に存在するペプチドのイミン環化過程にインスパイ…

  4. C(sp3)-Hアシル化を鍵とするザラゴジン酸Cの全合成

    東京大学・井上将行らのグループは、高度に酸素官能基化された難関天然物・ザラゴジン酸Cの全合成を達成し…

  5. 近傍PCET戦略でアルコキシラジカルを生成する

    2016年、プリンストン大学・Robert Knowlesらは、 可視光レドックス触媒を用いることで…

  6. NCL用ペプチド合成を簡便化する「MEGAリンカー法」

  7. キラルアニオン相関移動-パラジウム触媒系による触媒的不斉1,1-ジアリール化反応

  8. コバルト触媒でアリル位C(sp3)–H結合を切断し二酸化炭素を組み込む

  9. この窒素、まるでホウ素~ルイス酸性窒素化合物~

  10. ヒスチジン近傍選択的なタンパク質主鎖修飾法

  11. 芳香族カルボン酸をHAT触媒に応用する

  12. 2016年JACS Most Read Articles Top10を眺める

  13. トリプトファン選択的なタンパク質修飾反応の開発

  14. 芳香族性に関する新概念と近赤外吸収制御への応用

  15. 非天然アミノ酸合成に有用な不斉ロジウム触媒の反応機構解明

  16. タンパク質の構造を巻き戻す「プラスチックシャペロン」

スポンサー

ピックアップ記事

  1. NHC (Bode触媒2) と酸共触媒を用いるα,β-不飽和アルデヒドとカルコンの[4+2]環化反応
  2. ワインレブケトン合成 Weinreb ketone synthesis
  3. 大学入試のあれこれ ②
  4. メリフィールド氏死去 ノーベル化学賞受賞者
  5. 剛直な環状ペプチドを与える「オキサゾールグラフト法」
  6. ノーベル化学賞 のーべるかがくしょう Nobel Prize in Chemistry
  7. いつも研究室で何をしているの?【一問一答】

注目情報

最新記事

カルボン酸からハロゲン化合物を不斉合成する

第119回のスポットライトリサーチは、豊橋技術科学大学大学院 柴富研究室 博士後期課程1年の北原 一…

アンドリュー・ハミルトン Andrew D. Hamilton

アンドリュー・ディヴィッド・ハミルトン (Andrew David Hamilton、1952年11…

耐薬品性デジタルマノメーター:バキューブランド VACUU・VIEW

突然ですが、「バキューブランド」って会社知っていますか?合成化学系の先生方はご存知の人が多い…

生物指向型合成 Biology-Oriented Synthesis

生物の機能主体であるタンパク質では、決まった構造モチーフが種を超越して高度に保存されている。生物活性…

金沢ふるさと偉人館

金沢ふるさと偉人館は石川県金沢市にある金沢ゆかりの人物20名あまりに関する資料館。その中でも化学者と…

PAGE TOP