[スポンサーリンク]


JACS

  1. パラジウム光触媒が促進するHAT過程:アルコールの脱水素反応への展開

    2016年、イリノイ大学シカゴ校・Vladimir Gevorgyanらは、Pd(0)触媒の共存下、可視光照射下にヨウ化アリールからアリールパラジウムラジカル種が生成することを見いだした。これが促進する1,5-HAT過程を起点とし、シリルエ…

  2. 酵素合成と人工合成の両輪で実現するサフラマイシン類の効率的全合成

    第162回目のスポットライトリサーチは、東京農工大学工学府博士課程・谷藤 涼(たにふじ りょう)さん…

  3. 巨大複雑天然物ポリセオナミドBの細胞死誘導メカニズムの解明

    第161回目のスポットライトリサーチは、早田敦 (はやた あつし)さんにお願いしました。早田…

  4. 鉄カルベン活性種を用いるsp3 C-Hアルキル化

    2017年、イリノイ大学 M. Christina Whiteらは鉄フタロシアニン触媒から生成するメ…

  5. 生体組織を人工ラベル化する「AGOX Chemistry」

    京都大学・浜地格らは、有機触媒としてピリジニウムオキシム(PyOx)を用い、N-アシル-N-アルキル…

  6. 5-ヒドロキシトリプトファン選択的な生体共役反応

  7. 有機レドックスフロー電池 (ORFB)の新展開:高分子を活物質に使う

  8. 光触媒ラジカル付加を鍵とするスポンギアンジテルペン型天然物の全合成

  9. イナミドを縮合剤とする新規アミド形成法

  10. イオンのビリヤードで新しい物質を開発する

  11. 可視光照射でトリメチルロックを駆動する

  12. アルデヒドのC-Hクロスカップリングによるケトン合成

  13. イミデートラジカルを経由するアルコールのβ位選択的C-Hアミノ化反応

  14. 電子不足トリプトファン誘導体を合成する人工酵素

  15. ククルビットウリルのロタキサン形成でClick反応を加速する

  16. アルキルラジカルをトリフルオロメチル化する銅錯体

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 保護基の使用を最小限に抑えたペプチド伸長反応の開発
  2. 新コンテンツ「ケムステまとめ」をオープン
  3. 「アジア発メジャー」狙う大陽日酸、欧州市場に参入
  4. 旭化成 繊維事業がようやく底入れ
  5. 2014年化学10大ニュース
  6. 第160回―「触媒的ウィッティヒ反応の開発」Christopher O’Brien博士
  7. 究極のナノデバイスへ大きな一歩:分子ワイヤ中の高速電子移動

注目情報

最新記事

【大正製薬】キャリア採用情報(正社員)

<求める人物像>・自ら考えて行動できる・高い専門性を身につけている・…

国内初のナノボディ®製剤オゾラリズマブ

ナノゾラ®皮下注30mgシリンジ(一般名:オゾラリズマブ(遺伝子組換え))は、A…

大正製薬ってどんな会社?

大正製薬は病気の予防から治療まで、皆さまの健康に寄り添う事業を展開しています。こ…

一致団結ケトンでアレン合成!1,3-エンインのヒドロアルキル化

ケトンと1,3-エンインのヒドロアルキル化反応が開発された。独自の配位子とパラジウム/ホウ素/アミン…

ベテラン研究者 vs マテリアルズ・インフォマティクス!?~ 研究者としてMIとの正しい向き合い方

開催日 2024/04/24 : 申込みはこちら■開催概要近年、少子高齢化、働き手の不足…

PAGE TOP