[スポンサーリンク]


JACS

  1. Dead Endを回避せよ!「全合成・極限からの一手」②(解答編)

    このコーナーでは、直面した困難を克服するべく編み出された、全合成における優れた問題解決とその発想をクイズ形式で紹介してみたいと思います。第2回はCoreyらによるβ-Araneosene の全合成を取り上げました…

  2. Dead Endを回避せよ!「全合成・極限からの一手」①(解答編)

    このコーナーでは、直面した困難を克服するべく編み出された、全合成における優れた問…

  3. 複雑分子を生み出す脱水素型ディールス・アルダー反応

    Molecular Complexity via C-H Activation: A…

  4. C-H活性化触媒を用いる(+)-リゾスペルミン酸の収束的合成

    近年一大研究領域に発展しているC-H活性化型触媒反応。膨大な報告例がここ数年でなされてきてい…

  5. 抗結核薬R207910の不斉合成

    "Catalytic Asymmetric Synthesis of R2079…

  6. 鉄触媒での鈴木-宮浦クロスカップリングが実現!

  7. 化学の力で迷路を解く!

  8. 摩訶不思議なルイス酸・トリス(ペンタフルオロフェニル)ボラン

  9. ラウリマライドの全合成

  10. (-)-ナカドマリンAの全合成

  11. 水素化ナトリウムの酸化反応をブロガー・読者がこぞって追試!?

  12. ハウアミンAのラージスケール合成

  13. (-)-ウシクライドAの全合成と構造決定

  14. C-CN結合活性化を介したオレフィンへの触媒的不斉付加

  15. (+)-ゴニオトキシンの全合成

  16. JACSベータ

スポンサー

ピックアップ記事

  1. ネオン Neon -街を彩るネオンサイン
  2. 芳香族ボロン酸でCatellani反応
  3. 第一製薬、仏サノフィに脳梗塞予防薬の営業権を返還
  4. セントラル硝子、工程ノウハウも発明報奨制度対象に
  5. 【鎮痛・抗炎症薬】医師の認知・愛用率のトップはロキソニン
  6. 溝呂木・ヘック反応 Mizoroki-Heck Reaction
  7. 直接クプラート化によるフルオロアルキル銅錯体の形成と応用

注目情報

最新記事

ロータリーエバポレーターの回転方向で分子の右巻き、左巻きを制御! ―生命のホモキラリティーの起源に踏み込む―

第236回のスポットライトリサーチは、東京大学生産技術研究所 石井研究室で博士研究員をされていた、服…

「あの人は仕事ができる」と評判の人がしている3つのこと

仕事を辞めて、転職をしたいと思う動機の一つとして、「今の会社で評価されていない」という理由がある。し…

光で2-AGの量を制御する

ケージド化合物を用いた2-AG量の操作法が初めて開発された。2-AG量を時空間的に操作することができ…

葉緑素だけが集積したナノシート

第235回のスポットライトリサーチは、立命館大学 民秋研究室で博士研究員をされていた、庄司 淳(しょ…

第38回「分子組織化の多様な側面を理解する」Neil Champness教授

長らく更新が止まっていましたが、海外化学者インタビュー再開しました。Nature Chemistry…

PAGE TOP