[スポンサーリンク]


JACS

  1. 光学迷彩をまとう海洋生物―その仕組みに迫る

    https://vimeo.com/58293792まずはこの動画をご覧ください。これは熱帯~亜熱帯域に生息するサフィリナという生き物の映像です。美しい青色で光ったかと思えば、一瞬で姿を消したりします。あ…

  2. テストには書けない? カルボキシル化反応の話

    少し前ですが、スペインICIQのRuben Martinグループから面白い反応が報告されていました。…

  3. 超一流化学者の真剣勝負が生み出した丸かぶり論文

    さて皆さん上図をごらん下さい。これらは少し前に報告された触媒反応のグラフィカルアブストラクトです。ほ…

  4. Dead Endを回避せよ!「全合成・極限からの一手」⑥(解答編)

    このコーナーでは、直面した困難を克服するべく編み出された、全合成における優れた問題解決とその発想をク…

  5. “関節技”でグリコシル化を極める!

    有機化学反応において優れた触媒や活性化剤で所望の化合物を得る。それはプロレスにたとえると、十…

  6. Dead Endを回避せよ!「全合成・極限からの一手」②(解答編)

  7. Dead Endを回避せよ!「全合成・極限からの一手」①(解答編)

  8. 複雑分子を生み出す脱水素型ディールス・アルダー反応

  9. C-H活性化触媒を用いる(+)-リゾスペルミン酸の収束的合成

  10. 抗結核薬R207910の不斉合成

  11. 鉄触媒での鈴木-宮浦クロスカップリングが実現!

  12. 化学の力で迷路を解く!

  13. 摩訶不思議なルイス酸・トリス(ペンタフルオロフェニル)ボラン

  14. ラウリマライドの全合成

  15. (-)-ナカドマリンAの全合成

  16. 水素化ナトリウムの酸化反応をブロガー・読者がこぞって追試!?

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 十全化学株式会社ってどんな会社?
  2. 掃除してますか?FTIR-DRIFTチャンバー
  3. 三井物と保土谷 多層カーボンナノチューブを量産
  4. 第27回ケムステVシンポ『有機光反応の化学』を開催します!
  5. Noah Z. Burns ノア・バーンズ
  6. 岩澤 伸治 Nobuharu Iwasawa
  7. ERATO 野崎 樹脂分解触媒:特任研究員募集のお知らせ

注目情報

最新記事

【大正製薬】キャリア採用情報(正社員)

<求める人物像>・自ら考えて行動できる・高い専門性を身につけている・…

国内初のナノボディ®製剤オゾラリズマブ

ナノゾラ®皮下注30mgシリンジ(一般名:オゾラリズマブ(遺伝子組換え))は、A…

大正製薬ってどんな会社?

大正製薬は病気の予防から治療まで、皆さまの健康に寄り添う事業を展開しています。こ…

一致団結ケトンでアレン合成!1,3-エンインのヒドロアルキル化

ケトンと1,3-エンインのヒドロアルキル化反応が開発された。独自の配位子とパラジウム/ホウ素/アミン…

ベテラン研究者 vs マテリアルズ・インフォマティクス!?~ 研究者としてMIとの正しい向き合い方

開催日 2024/04/24 : 申込みはこちら■開催概要近年、少子高齢化、働き手の不足…

PAGE TOP