[スポンサーリンク]


2010年 9月 27日

  1. ボラン錯体 Borane Complex (BH3・L)

    概要ボラン(BH3)は通常二量体のジボラン(B2H6)として存在している。しかしこれは発火性かつ有毒な気体状試薬であり、取り扱いに難がある。THF錯体もしくはジメチルスルフィド錯体は単量体であり、溶液として市販されている…

  2. ノッシェル・ハウザー塩基 Knochel-Hauser Base

    概要TMPMgCl・LiClはKnochel-Hauser塩基と呼ばれ、芳香環を脱プロト…

  3. 中嶋直敏 Nakashima Naotoshi

    中嶋直敏(なかしまなおとし 19XX年XX月XX日- )は日本の化学者である。九州大学大学院工学…

  4. 各ジャーナル誌、続々とリニューアル!

    みなさんお気づきかと思いますが、最近各ジャーナル誌が続々とリニューアルされています。 (さら…

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 超音波有機合成 Sonication in Organic Synthesis
  2. ブレビコミン /Brevicomin
  3. トップ・ドラッグ―その合成ルートをさぐる
  4. 嘉部 量太 Ryota Kabe
  5. 複雑な生化学反応の条件検討に最適! マイクロ流体技術を使った新手法
  6. 【PR】Chem-Stationで記事を書いてみませんか?【スタッフ・寄稿募集】
  7. Dead Endを回避せよ!「全合成・極限からの一手」⑦(解答編)

注目情報

最新記事

経験の浅い医療系技術者でも希望にかなう転職を実現。 専門性の高い職種にこそ求められる「ビジョンマッチング」

「人財躍動化」をビジョンに掲げるAdecco Group Japanの人財紹介事業ブランドSprin…

創薬における中分子

ここ10年の間で、低分子・高分子の間の化合物の分類として 中分子 という言葉が台頭し…

ポンコツ博士の海外奮闘録⑦〜博士,鍵反応を仕込む〜

ポンコツシリーズ一覧国内編:1話・2話・3話国内外伝:1話・2話・留学TiPs海外編:1…

強酸を用いた従来法を塗り替える!アルケンのヒドロアルコキシ化反応の開発

第 382回のスポットライトリサーチは、金沢大学大学院 医薬保健総合研究科 創薬科学…

ドラえもん探究ワールド 身近にいっぱい!おどろきの化学

概要「化学」への興味の芽を育むマンガ+解説書 子ども(大人も)の毎日は、「化学」とのお付き合…

PAGE TOP