[スポンサーリンク]

世界の化学者データベース

野依 良治 Ryoji Noyori

野依良治 (のより りょうじ、1938年9月3日-)は日本の有機化学者である。名古屋大学教授を経て、現在は理化学研究所理事長。「触媒的不斉水素化反応の開発」の業績により、2001年ノーベル化学賞を受賞。

 経歴

1938年神戸生まれ。

1961 京都大学工学部 卒業
1963 京都大学大学院工学系研究科 修士課程修了
1963 京都大学工学部 助手 (野崎一 研究室)
1967 博士号取得
1968 名古屋大学理学部 助教授
1969 ハーバード大学 博士研究員 (E.J.Corey教授)
1972 名古屋大学理学部 教授
2003 理化学研究所 理事長
2015 科学技術館館長

 

受賞歴

1972 日本化学会進歩賞
1985 日本化学会賞
1988 英王立化学会センテナリーメダル
1992 朝日賞
1993 テトラへドロン賞
1995 日本学士院賞
1996 アーサー・C・コープ スカラー賞
1997 アーサー・C・コープ賞
1998 文化功労者
2000 文化勲章
2001 ウルフ賞
2001 ロジャー・アダムス賞
2001 ノーベル化学賞
2009 ロモノーソフ金メダル
2005 王立協会外国人会員
2011 名誉愛知県民章

 

研究

触媒的不斉水素化反応の開発

光学活性化合物を供給しうる不斉合成は、有機合成における最重要方法論の一つである。野依らは、触媒量のキラル源・クリーンかつスケールアップ容易な還元剤である水素ガスを用いた、実用的不斉還元法(触媒的不斉水素化)を開発。様々な医薬品・アミノ酸などの合成に応用されるようになった。

noyori_red_1.gif
野依不斉水素化反応

noyori_hyd_trans_1.gif
野依不斉水素移動反応

C2対称型不斉配位子BINAPの創製

ビナフチル骨格を基盤とする柔軟かつ美しい対称構造をもつBINAP(バイナップ)は、世界中の化学者が追い求めた構造だったが、効率的合成法の確立は困難であった。野依教授は数年にわたる地道な研究の結果、BINAPの合成法を確立。不斉水素化触媒用途の配位子(リガンド)として、画期的な性能を示すことを明らかにした。

BINAP.gif

 

そのほかにも、メントールの工業合成法の確立、プロスタグランジンの短工程合成法の開発、鉄カルボニル錯体を用いた合成法や、超臨界流体を用いた有機合成手法の開発などにおいて優れた業績をあげている。

 

名言集

  • 有機化学は麻雀よりやさしく、麻雀より面白い」
  • 「音楽でも美術でも、とにかく一流を知れ。」
  • 「自分と同じ研究をするな。どうせ僕を追い越すことはできない。」
  • 「歴史という法廷に立つ覚悟があるのか」(民主党の”仕分け”に対する批判)

 

コメント &その他

  1. 学部学生時代は、普通の学生と同じで麻雀、遊び好きの学生だったという。しかし、実験を始めると、とたんに面白くなった。大学院進学は「入院したつもり」でがんばったという。助手時代は週2日の徹夜は当たり前で、学生からは「鬼軍曹」と呼ばれたそうだ。
  2. ノーベル賞共同受賞者であるシャープレス博士とは、ハーバード留学時代に知り合った。彼が日本に来るときは大相撲を一緒に観戦し、ちゃんこ鍋をつつく仲だと言う。
  3. 発表論文数は約400、世界で引用された回数は1万6千件(日本の化学分野では最多)。ハーシュ指数は92。
  4. 野依教授のノーベル賞受賞を記念して建てられた「野依記念物質科学研究館」(名古屋大学)の壁には同教授の象徴ともいうべきBINAPが壁に記載されている

 

関連文献

  1. a) Nozaki, H.; Moriuti, S.; Takaya, H.;  Noyori, R. Tetrahedron Lett. 1966, 5239; b) Nozaki, H.; Takaya, H.; Moriuti, S.; Noyori, R. Tetrahedron 1968, 24, 3655.
  2. Miyashita, A.; Yasuda, A.; Takaya, H.;Toriumi, K.;  Ito, T; Souchi, T.;  Noyori, R. J. Am. Chem. Soc. 1980, 102, 7932.

 

関連書籍

関連動画

外部リンク

The following two tabs change content below.
cosine

cosine

博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。 関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。 素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. アンドレアス ファルツ Andreas Pfaltz
  2. ジョン・トーソン Jon S. Thorson
  3. 寺崎 治 Osamu Terasaki
  4. ウェルチ化学賞・受賞者一覧
  5. シェリル・サイ Shiou-Chuan (Sheryl) Tsa…
  6. クルト・ヴュートリッヒ Kurt Wüthrich
  7. エイダ・ヨナス Ada E. Yonath
  8. フレーザー・ストッダート James Fraser Stodda…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 直鎖アルカンの位置選択的かつ立体選択的なC–H結合官能基化
  2. 変異体鏡像Rasタンパクの化学全合成
  3. グレッグ・バーダイン Gregory L. Verdine
  4. シャウ ピリミジン合成 Shaw Pyrimidine Synthesis
  5. デミヤノフ転位 Demjanov Rearrangement
  6. 元素周期表:文科省の無料配布用、思わぬ人気 10万枚増刷、100円で販売
  7. [2+2]光環化反応 [2+2] Photocyclization
  8. 【書籍】クロスカップリング反応 基礎と産業応用
  9. 第10回日本化学連合シンポジウム 化学コミュニケーション賞2016 表彰式
  10. C-H酸化反応の開発

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

シクロペンタジエニル錯体の合成に一筋の光か?

β-炭素脱離を用いるシクロペンタジエニル(Cp)錯体の新たな調製法が報告された。本法により反応系中で…

ルミノール誘導体を用いるチロシン選択的タンパク質修飾法

2015年、東京工業大学・中村浩之らは、ルミノール誘導体と鉄-ポルフィリン複合体(ヘミン)を用い、チ…

酵素触媒によるアルケンのアンチマルコフニコフ酸化

酵素は、基質と複数点で相互作用することにより、化学反応を厳密にコントロールしています。通常のフラ…

イオンの出入りを制御するキャップ付き分子容器の開発

第124回のスポットライトリサーチは、金沢大学 理工研究域物質化学系錯体化学研究分野(錯体化学・超分…

リチウムイオン電池の課題のはなし-1

Tshozoです。以前リチウムイオン電池に関するトピックを2つほど紹介した(記事:リチウムイ…

アルコールをアルキル化剤に!ヘテロ芳香環のC-Hアルキル化

2015年、プリンストン大学・D. W. C. MacMillanらは、水素移動触媒(HAT)および…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP