[スポンサーリンク]


2014年 10月 02日

  1. パット・ブラウン Patrick O. Brown

    パトリック・O・ブラウン(Patrick O. Brown、1954年9月23日-)は、アメリカの生化学者である。スタンフォード大学教授(画像:Impossible Foods)。経歴1976 シカゴ大学 卒業1980 シカ…

  2. ブルース・エイムス Bruce N. Ames

    ブルース・ネイサン・エイムス(Bruce Nathan Ames、1928年12月16日(ニューヨー…

  3. エチオ・リザード Ezio Rizzardo

    エチオ・リザード(Ezio Rizzardo、1943年12月26日(イタリア)-)は、オーストラリ…

  4. グラーメ・モード Graeme Moad

    グラーメ・モード(Graeme Moad、1952年6月25日-)は、オーストラリアの高分子化学者で…

  5. ニック・ホロニアック Nicholas Holonyak, Jr.

    ニコラス・ホロニアック・ジュニア(Nicholas(Nick) Holonyak, …

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 光化学スモッグ注意報が発令されました
  2. 発想の逆転で糖鎖合成
  3. 表現型スクリーニング Phenotypic Screening
  4. シクロクラビン cycloclavine
  5. BASF International Summer Courses 2017  BASFワークショップ2017
  6. 花王、ワキガ臭の発生メカニズムを解明など研究成果を発表
  7. TEMPOよりも高活性なアルコール酸化触媒

注目情報

最新記事

一致団結ケトンでアレン合成!1,3-エンインのヒドロアルキル化

ケトンと1,3-エンインのヒドロアルキル化反応が開発された。独自の配位子とパラジウム/ホウ素/アミン…

ベテラン研究者 vs マテリアルズ・インフォマティクス!?~ 研究者としてMIとの正しい向き合い方

開催日 2024/04/24 : 申込みはこちら■開催概要近年、少子高齢化、働き手の不足…

第11回 慶應有機化学若手シンポジウム

シンポジウム概要主催:慶應有機化学若手シンポジウム実行委員会共催:慶應義塾大…

薬学部ってどんなところ?

自己紹介Chemstationの新入りスタッフのねこたまと申します。現在は学部の4年生(薬学部)…

光と水で還元的環化反応をリノベーション

第609回のスポットライトリサーチは、北海道大学 大学院薬学研究院(精密合成化学研究室)の中村顕斗 …

PAGE TOP