[スポンサーリンク]


2014年 10月 02日

  1. パット・ブラウン Patrick O. Brown

    パトリック・O・ブラウン(Patrick O. Brown、1954年9月23日-)は、アメリカの生化学者である。スタンフォード大学教授(画像:Impossible Foods)。経歴1976 シカゴ大学 卒業1980 シカ…

  2. ブルース・エイムス Bruce N. Ames

    ブルース・ネイサン・エイムス(Bruce Nathan Ames、1928年12月16日(ニューヨー…

  3. エチオ・リザード Ezio Rizzardo

    エチオ・リザード(Ezio Rizzardo、1943年12月26日(イタリア)-)は、オーストラリ…

  4. グラーメ・モード Graeme Moad

    グラーメ・モード(Graeme Moad、1952年6月25日-)は、オーストラリアの高分子化学者で…

  5. ニック・ホロニアック Nicholas Holonyak, Jr.

    ニコラス・ホロニアック・ジュニア(Nicholas(Nick) Holonyak, …

スポンサー

ピックアップ記事

  1. プロペランの真ん中
  2. 日本化学会ケムステイブニングミキサーへのお誘い
  3. 有機合成化学協会誌2017年6月号 :創薬・糖鎖合成・有機触媒・オルガノゲル・スマネン
  4. 特殊ペプチド Specialty Peptide
  5. 第38回「分子組織化の多様な側面を理解する」Neil Champness教授
  6. ワサビ辛み成分受容体を活性化する新規化合物
  7. アンモニアを室温以下で分解できる触媒について

注目情報

最新記事

カーボンナノチューブ薄膜のSEM画像を生成し、物性を予測するAIが開発される

先端素材高速開発技術研究組合(ADMAT)、日本ゼオンは産業技術総合研究所(AIST)と共同で、NE…

ケムステ版・ノーベル化学賞候補者リスト【2021年版】

各媒体からかき集めた情報を元に、「未来にノーベル化学賞の受賞確率がある、存命化学者」をリストアップし…

ライトケミカル工業2023卒採用情報

当社の技術グループは、20代~30代の若手社員が重要な主要案件を担当しています。広範囲で高レベルな化…

アブラナ科植物の自家不和合性をタンパク質複合体の観点から解明:天然でも希少なSP11タンパク質の立体構造予測を踏まえて

第340回のスポットライトリサーチは、東京大学 大学院農学生命科学研究科の森脇 由隆…

オンライン講演会に参加してみた~学部生の挑戦記録~

hodaです。講演会やシンポジウムのオンライン化によって学部生でもいろいろな講演会にボタンひとつで参…

PAGE TOP