[スポンサーリンク]

世界の化学者データベース

エチオ・リザード Ezio Rizzardo

[スポンサーリンク]

エチオ・リザード(Ezio Rizzardo、1943年12月26日(イタリア)-)は、オーストラリアの高分子化学者である。オーストラリア連邦化学産業研究機構(CSIRO) 研究員(写真:CSIRO)。

経歴

1966 ニューサウスウェールズ大学 首席卒業
1969 シドニー大学 博士号取得
1976 CSIRO 研究員(Davido Solomon研)

 

受賞歴

2014 トムソンロイター引用栄誉賞
2011 Prime Minister’s Prize for Science, with David Solomon
2009 CSIRO Medal for Lifetime Achievement
2004 CRC for Polymers Chairman’s Award for Excellence in Commercialisation
2004 Named in the Bulletin magazine’s Australia’s Smart 100
2003 Victor Chang Medal and Barbara Ell Lecture
2003 RACI HG Smith Memorial Medal
2003 CSIRO Molecular Science Award for Innovation
2003 CSIRO Medal for Research Achievement (team leader) for innovation in polymer science
2003 CRC for Polymers Chairman’s Award for Excellence in Commercialisation
2003 Named in the Bulletin magazine’s Australia’s Smart 100
2001 CSIRO Most Prolific Inventor Award
2001 Centenary Medal – for Service to Australian Society and Polymer Science
1996 RACI Applied Research Medal for innovation through applied research
1992 CSIRO Chairman’s Medal for outstanding contributions to polymer science and technology
1992 RACI Australian Polymer Medal for outstanding achievements in polymer science
1991 Royal Australian Chemical Institute (RACI) Polymer Division Citation for leadership and world ranking research
1990 CSIRO Medal for Research Achievement (team leader) for innovative methods of preparing polymeric materials

 

研究業績

可逆的付加-開裂連鎖移動(RAFT)重合の開発

Moad, Thangとともに制御リビングラジカル重合の一種であるRAFT重合法を開発[1]。

水溶媒でも実施可能であり、系にハロゲン・毒性重金属などが含まれることが無い。材料の官能基化も幅広く可能。

この特性ゆえに、とりわけ生体適合材料への応用目的で広く検討されている。

RAFT_5.png

コメント&その他

2000-2010年の化学分野論文総引用数は世界第18位 (トムソン・ロイター社調べ)

 

関連動画

関連文献

[1] (a) Chiefari, J.; Chong, Y. K.; Ercole, F.; Krstina, J.; Jeffery, K.; Le, T. P. T.; Mayadunne, R. T. A.; Meijs, G. F.; Moad, C. L.; Moad, G.; Rizzardo, E.; Thang, S. H. Macromolecules 199831, 5559. DOI: 10.1021/ma9804951 (b) Moad, G.; Rizzardo, E.; Thang, S. H. Aust. J. Chem. 200558, 379. doi:10.1071/CH05072 (c) Moad, G.; Rizzardo, E.; Thang, S. H. Polymer 200849, 1079. doi:10.1016/j.polymer.2007.11.020

 

関連書籍

 

外部リンク

The following two tabs change content below.
cosine

cosine

博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。 関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。 素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. 新海征治 Seiji Shinkai
  2. ウラジミール・ゲヴォルギャン Vladimir Gevorgya…
  3. 黒田 一幸 Kazuyuki Kuroda
  4. マーティン・ウィッテ Martin D. Witte
  5. 柴崎正勝 Masakatsu Shibasaki
  6. 天野 浩 Hiroshi Amano
  7. ウィリアム・ロウシュ William R. Roush
  8. アーウィン・ローズ Irwin A. Rose

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 極性表面積 polar surface area
  2. Ph.D. Comics – Piled Higher and Deeper
  3. ノーベル化学賞解説 on Twitter
  4. 最長のヘリセンをつくった
  5. 富士通、化合物分子設計統合支援ソフト「キャッシュ」新バージョンを販売
  6. Comprehensive Organic Transformations: A Guide to Functional Group Preparations
  7. エリック・フェレイラ Eric M. Ferreira
  8. シンガポールへ行ってきた:NTUとNUS化学科訪問
  9. ジェームス・ツアー James M. Tour
  10. サントリー、ビールの「エグミ物質」解明に成功

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

Altmetric Score Top 100をふりかえる ~2018年版~

Tshozoです。暑い中電子版ジャーナルをお読みの方々、論文横のコーナーにある数字をご覧にな…

米国へ講演旅行へ行ってきました:Part IV

3部作で終わろうと思いながら、書くことが多すぎて終われませんでした。前回から2ヶ…

二水素錯体 Dihydrogen Complexes

水素分子がサイドオン型で金属中心に近づくと、二水素錯体を形成することができる。こうして形成した二水素…

分析化学科

お申込み・詳細はこちら◇分析化学科 (定員16名)本研修では「ものづくり企業」の品質管理等で…

多角的英語勉強法~オンライン英会話だけで満足していませんか~

国際学会で発表するにも、論文を書くにも、研究室の留学生と飲みにいくにも英語は必要です。しかし、それぞ…

ペプチドの革新的合成

第215回のスポットライトリサーチは、中部大学総合工学研究所分子性触媒センター助教・村松渉先生にお願…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP