[スポンサーリンク]

世界の化学者データベース

グラーメ・モード Graeme Moad

グラーメ・モード(Graeme Moad、1952年6月25日-)は、オーストラリアの高分子化学者である。オーストラリア連邦化学産業研究機構(CSIRO) 研究員(写真:CSIRO)。

 

経歴

1974 アデレード大学 卒業
1977 アデレード大学 博士号取得
1977-79 ペンシルバニア州立大学 博士研究員
1979 CSIRO 研究員
2003 CSIRO 主席研究員

 

受賞歴

2014 トムソンロイター引用栄誉賞
2004 CRC for Polymers Chairman’s Awards for Excellence in Commercialisation
2003 CSIRO Medal for Research Achievement (seminal contributor) for innovation in polymer science
2003 CRC for Polymers Chairman’s Awards for Excellence in Commercialisation
1995 Royal Australian Chemical Institute (RACI) Polymer Division Citation
1982 Ciba/IUPAC Bursary

 

研究業績

可逆的付加-開裂連鎖移動(RAFT)重合の開発

Rizzardo, Thangとともに制御リビングラジカル重合の一種であるRAFT重合法を開発[1]。

水溶媒でも実施可能であり、系にハロゲン・毒性重金属などが含まれることが無い。材料の官能基化も幅広く可能。

この特性ゆえに、とりわけ生体適合材料への応用目的で広く検討されている。

RAFT_5.png

コメント&その他

h-indexは52(2012年1月)。

 

関連動画

関連文献

[1] (a) Chiefari, J.; Chong, Y. K.; Ercole, F.; Krstina, J.; Jeffery, K.; Le, T. P. T.; Mayadunne, R. T. A.; Meijs, G. F.; Moad, C. L.; Moad, G.; Rizzardo, E.; Thang, S. H. Macromolecules 1998, 31, 5559. DOI: 10.1021/ma9804951 (b) Moad, G.; Rizzardo, E.; Thang, S. H. Aust. J. Chem. 2005, 58, 379. doi:10.1071/CH05072 (c) Moad, G.; Rizzardo, E.; Thang, S. H. Polymer 2008, 49, 1079. doi:10.1016/j.polymer.2007.11.020

 

関連書籍

 

外部リンク

The following two tabs change content below.
cosine

cosine

博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。 関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。 素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. アーノルド・レインゴールド Arnold L. Rheingol…
  2. マリウス・クロア G. Marius Clore
  3. アメリ化学会創造的有機合成化学賞・受賞者一覧
  4. ニック・ホロニアック Nicholas Holonyak, Jr…
  5. リチャード・スモーリー Richard E. Smalley
  6. マニュエル・アルカラゾ Manuel Alcarazo
  7. 吉良 満夫 Mitsuo Kira
  8. 林 民生 Tamio Hayashi

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. お”カネ”持ちな会社たち-1
  2. トムソン:2007年ノーベル賞の有力候補者を発表
  3. 一流ジャーナルから学ぶ科学英語論文の書き方
  4. 化学で何がわかるかーあなたの化学、西暦何年レベル?ー
  5. バルツ・シーマン反応 Balz-Schiemann Reaction
  6. ハウアミンAのラージスケール合成
  7. カスケード反応で難関天然物をまとめて攻略!
  8. サイコロを作ろう!
  9. 多検体パラレルエバポレーションを使ってみた:ビュッヒ Multivapor™
  10. ビタミンB12を触媒に用いた脱ハロゲン化反応

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

カーボンナノベルト合成初成功の舞台裏 (1)

今年もあともう少しですね。私は中国の大学院で研究を行っている日本人です。このChem-Sta…

有機合成化学の豆知識botを作ってみた

皆さんこんにちは。めっきり実験から退き、教育係+マネジメント係になってしまったcosineです。…

デニス・ドーハティ Dennis A. Dougherty

デニス・A・ドーハティ(Dennis A. Dougherty、1952年12月4日-)は、米国の物…

ベンゼンの直接アルキル化

ベンゼンにアルキル基を導入したいとき、皆さんはどのような手法を用いますか? (さらに&hel…

アメリカ大学院留学:TAの仕事

私がこれまでの留学生活で経験した一番の挫折は、ティーチングアシスタント(TA)です。慣れない英語で大…

2017年の注目分子はどれ?

今年も残りあとわずかとなり、毎年おなじみのアメリカ化学会(ACS)によるMolecules of t…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP