[スポンサーリンク]

化学者のつぶやき

TED.comで世界最高の英語プレゼンを学ぶ

 

―研究者が世界レベルのプレゼンを、英語で学ぶにはどうすればいいのか?―

自らのプレゼン技術を向上させるためには、「上手い人のプレゼンを多く見て、徹底的に解析して真似る」「場数を踏む」ことが必要です。しかし日本にいる限りは、模範とすべき優れた英語のプレゼンに出会う機会もそうそう多くないのが現実です。

近年のインターネット技術発展、特に動画配信技術の進歩は素晴らしく、Youtubeなどをはじめとする優れた動画コンテンツが出てきました。これによってそんな動画はYoutubeでも簡単に視聴できるようになりました。とはいえ、たくさんありすぎてどれがいいのか分からない、なにより英語が苦手だと何をしゃべっているのか理解するのも一苦労なのが難点です。

その点、厳選された(理工系)プレゼンを配信している、プレゼンの勉強にもってこいのサイトが有ります。TED.comというサイトです。


TEDとは、Technology Entertainment Designの頭文字から名付けられた異種会合です (この5月にはお台場の未来館でTEDxTokyoが開催される予定)。

このTED Conferenceに出演するプレゼンターは、理工系・芸術・政治など各界トップレベルの著名人です。もちろん、そのプレゼンは総じてハイレベル。内容もとても面白く、大変勉強になります。

コンテンツの特徴として、動画に字幕がついていることがあげられます。そのためリスニングに自信が無い人でも大丈夫。英語の勉強にも有効なコンテンツだと思われます。あとせいぜい20分程度で、長すぎないのも良いですね。

このTEDには、世界最高峰化学者も何人か登場しています。以下紹介してみましょう。

 

George Whitesides (ハーバード大学教授)

皆さんご存知、現存する最高の化学者ホワイトサイズ。日本に来る機会が少ないので、実物を見たことある方は、実のところ少ないのでは無いでしょうか。
「Simplicity」について語っている18分のプレゼンですが、タイトル通りスライドもシンプル。視聴者のイマジネーションを喚起するような、イメージ画像を適切に配置するスタイルは長年の経験から生み出されたものなんでしょう。
もう70歳以上のはずなんですが、ものすごく凛としています。さすがに「世界最高の化学者」たるオーラは健在です。

Kary Mullis (ノーベル化学賞受賞者)

DNAを増幅させる技術PCRの発明により、ノーベル化学賞を授与された奇想天外化学者マリス。
alpha-galエピトープという分子を細菌に結合させて免疫系を急速に発現させるという、薬剤耐性菌への新たな治療コンセプトを語っています。「友人が耐性菌にやられて死に至った」という発言は、ショートプレゼンながら印象深いトークにする、良いスパイスになっていますね。

James Watson (ノーベル化学賞受賞者)

DNA二重らせん構造を解明した業績にてノーベル化学賞を授与された歴史的科学者ワトソン。
この20分のトークでは、自分の半生についてジョーク・ユーモアをたっぷり交えて語っています。かなり面白い!
「X線解析の最先端はケンブリッジで、物理学の領域だったがそこにいった、そこでフランシス・クリックと出会った」から始まるくだりは、未開の最先端科学がいかように切り開かれていったかがわかる、エキサイティングなストーリーです。「化学者でなかったロザリンド・フランクリンは模型を作ろうとはしなかった」というのは、なかなかに示唆に富んだ話と思えます。
彼の話の中には、自らも含め「元○○学者だけど現在は△△学者」みたいな、分野横断的な肩書きを持った人が実によく出てきます。最先端に常に身を置き続ける人々にとっては、分野などという括りはあってないようなものなのかも知れませんね。

Paul Rothemund (カリフォルニア工科大学)

DNAであらゆる形を自在に織り上げて見せる離れ業を実現させた、若き化学者ロゼムンド。彼はこの技術を「DNAオリガミ」と名付けました(参考:気ままに有機化学さんの解説記事 )。
皆の記憶に残るスマイルマークやアメリカの地図などを選んで作り上げているあたり、アピールのセンスを感じます。ご覧の通りその顕微鏡像を目にした聴衆は、どよめきを隠せないわけですね。プレゼンの構成も素晴らしい。

おまけ:モバイル機器でTEDのプレゼンを楽しむ

TED.comは、iPhoneアプリ・Podcastも無料配信しています。モバイル機器をお持ちであれば、いつでもどこでも最高のプレゼンに触れることができます。ぜひお試しあれ!

iPhoneApp: TED Mobile TED Mobile

Podcast: TED Talks (Video) TED - TEDTalks (video) - TEDTalks (video)

TED_2.jpg

関連書籍

 

関連リンク

The following two tabs change content below.
cosine

cosine

博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。 関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。 素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. 高分解能顕微鏡の進展:化学結合・電子軌道の観測から、元素種の特定…
  2. なぜクロスカップリングは日本で発展したのか?
  3. 第54回天然有機化合物討論会
  4. 化学反応のクックパッド!? MethodsNow
  5. アルケンのE/Zをわける
  6. “Wakati Project” 低コス…
  7. 炭素原子のまわりにベンゼン環をはためかせる
  8. クリック反応の反応機構が覆される

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 【ワイリー】日本プロセス化学会シンポジウム特典!
  2. 宮浦憲夫 Norio Miyaura
  3. 高専シンポジウム in KOBE に参加しました –その 1: ヒノキの精油で和歌山みかんを活性化–
  4. 国公立大入試、2次試験の前期日程が実施 ~東京大学の化学の試験をレビュー~
  5. Metal-Organic Frameworks: Applications in Separations and Catalysis
  6. 学振申請書の書き方とコツ
  7. エーザイ 抗がん剤「ハラヴェンR」日米欧で承認取得 
  8. アミジルラジカルで遠隔位C(sp3)-H結合を切断する
  9. 第36回 生体を模倣する化学― Simon Webb教授
  10. なぜクロスカップリングは日本で発展したのか?

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

「銅触媒を用いた不斉ヒドロアミノ化反応の開発」-MIT Buchwald研より

「ケムステ海外研究記」の第25回目は、マサチューセッツ工科大学 (MIT)博士課程で研究をされている…

2,2,2-トリクロロエトキシカルボニル保護基 Troc Protecting Group

概要2,2,2-トリクロロエトキシカルボニル(2,2,2-trichloroethoxycarb…

二重可変領域抗体 Dual Variable Domain Immunoglobulin

抗体医薬はリウマチやガンなどの難治性疾患治療に有効であり、現在までに活発に開発が進められてきた。…

サイエンスイングリッシュキャンプin東京工科大学

産業のグローバル化が進み、エンジニアにも国際的なセンスや語学力が求められているなか、東京工科大学(東…

特定の場所の遺伝子を活性化できる新しい分子の開発

ついにスポットライトリサーチも150回。第150回目は理化学研究所 博士研究員の谷口 純一 (たにぐ…

出光・昭和シェル、統合を発表

石油元売り2位の出光興産と4位の昭和シェル石油は10日、2019年4月に経営統合すると正式に発表した…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP