[スポンサーリンク]


2021年 11月

  1. 可視光レドックス触媒と有機蓄光の融合 〜大気安定かつ高性能な有機蓄光の実現〜

    第351回のスポットライトリサーチは、九州大学 安達・中野谷研究室 で研究をされていた陣内 和哉さんにお願いしました。陣内さんは2021年3月に博士の学位を取得後、現在は企業の研究員として活躍されています。安達研究室(最先端有機光エ…

  2. 可視光全域を利用できるレドックス光増感剤

    東京工業大学 理学院 化学系の玉置悠祐助教、入倉茉里大学院生および石谷治教授は、新たに合成したオスミ…

  3. 【ジーシー】新卒採用情報(2023卒)

    弊社の社是「施無畏」は、「相手の身になって行動する」といった意味があります。これを具現化することで存…

  4. 有機合成のための新触媒反応101

    (さらに…)…

  5. 化学者のためのエレクトロニクス講座~電解ニッケルめっき編~

    この化学者のためのエレクトロニクス講座では半導体やその配線技術、フォトレジストやOLEDなど、エレク…

  6. その病気、市販薬で治せます

  7. チェーンウォーキングを活用し、ホウ素2つを離れた位置へ導入する!

  8. ヘテロ環、光当てたら、減ってる環

  9. 化学者のためのエレクトロニクス講座~電解金めっき編~

  10. モータースポーツで盛り上がるカーボンニュートラル

  11. 化学反応を自動サンプリング! EasySampler 1210

  12. 化学者のためのエレクトロニクス講座~めっきの原理編~

  13. 常温・常圧で二酸化炭素から多孔性材料をつくる

  14. 第464回生存圏シンポジウム バイオナノマテリアルシンポジウム2021 - アカデミアからの発信 –

  15. 宇宙に輝く「鄒承魯星」、中国の生物化学の先駆者が小惑星の名前に

  16. ピレスロイド系殺虫剤のはなし

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 【解ければ化学者】オリーブオイルの主成分の素はどれ?【脂肪の素ってどんな分子? そして脂と油の差は?】
  2. 人を器用にするDNAーナノ化学研究より
  3. システインの位置選択的修飾を実現する「π-クランプ法」
  4. ノーベル化学賞は化学者の手に
  5. 「炭素ナノリング」の大量合成と有機デバイス素子の作製に成功!
  6. クメン法 Cumene Process
  7. 化学者の単語登録テクニック

注目情報

最新記事

赤外線の化学利用:近赤外からテラヘルツまで

(さらに…)…

【誤解してない?】4s軌道はいつも3d軌道より低いわけではない

3d 遷移金属は、多くが (3d)n(4s)2 という中途半端に 3d 軌道が埋まったまま 4s 軌…

第六回ケムステVプレミアレクチャー「有機イオン対の分子設計に基づく触媒機能の創出」

新型コロナ感染者数が爆増し、春の学会がまたほとんどオンラインになりました。残念で…

生体医用イメージングを志向した第二近赤外光(NIR-II)色素:③その他の材料

バイオイメージングにおけるの先端領域の一つである「第二近赤外光(NIR-II)色素」についての総説を…

自己多層乳化を用いたマトリョーシカ微粒子の調製 〜油と水を混ぜてすぐ固めるだけ〜

岡山大学学術研究院自然科学学域(工)の渡邉貴一研究准教授と同大学院自然科学研究科博士前期課程の安原有…

PAGE TOP