[スポンサーリンク]

ケムステニュース

宇宙に輝く「鄒承魯星」、中国の生物化学の先駆者が小惑星の名前に

[スポンサーリンク]

「鄒承魯小惑星」の命名セレモニーが2日、中国科学院生物物理研究所で行われた。中央テレビニュースが伝えた。 鄒承魯氏を記念するため、国際天文学連合(IAU)の小天体命名委員会の承認を経て、登録番号「325812」の小惑星が正式に「鄒承魯星」と名付けられた。これは中国科学院紫金山天文台が2008年1月3日に発見したもので、発見当時は地球から1億9000万キロメートル離れていた。鄒承魯星と太陽の間の平均距離は3億5300万キロメートルで、太陽を一周するのに3.65年かかる。軌道上で毎日167万キロメートルの速度で前進している。 (引用:Record China 11月3日)

今回は、中国の有名な生物化学者である鄒承魯(Zou Chenglu)の名前を小惑星に冠したというニュースを紹介します。

まず惑星に名付けられた鄒承魯についてですが、鄒承魯は1923年に中国の山東省青島市に生まれ、1941年に西南聯合大学の化学科に入学しました。卒業後は公費でイギリスのケンブリッジ大学に留学し、生化学者のケイリン教授の指導の下で研究を行い、Natureを含む7つの論文を発表しました。博士号を取得後1951年に帰国し、中国科学院上海生理生化研究所で研究を始めウシインスリンの人工合成に取り組みました。そしてインスリンの正確な折り畳みの分子メカニズムを解明し、さらに「鄒氏公式」と「鄒氏作図法」と呼ばれる有名なモデルを提唱しました。1970年には中国科学院生物物理研究所に移り、1976年にはG3PDHの配位子結合に関する研究結果をNatureに発表しました。

現在の北京市にある中国科学院生物物理研究所

論文では、ウサギの筋肉から取り出し精製したG3PDHに過剰量のNAD+を加えて光を当てると新たな蛍光極大を持つスペクトルが観測されました。他の生体基質を使って同様の実験を行った結果、ニコチンアミド環とカルボキシ基がG3PDHのCys-149の活性点に配位することで新たな蛍光を示していると推測しています。さらに、G3PDHをカルボキシメチル化し、蛍光スペクトルを種々の条件で測定し、蛍光におけるトリプトファンの関与についても言及しています。

1980年以降、鄒承魯は中国科学院の委員ハーバード大学の客員教授米国国立衛生研究所の主任研究員といった要職を歴任し、中国国内だけでなくアメリカでも活躍したそうです。そして2006年11月23日に肺感染症で亡くなりました。

そんな鄒承魯の功績を讃えて、2008年に中国科学院紫金山天文台が発見した登録番号「325812」の小惑星を鄒承魯星と名付けたそうです。11月2日に行われた記念セレモニーでは、娘の鄒宗平さんも参加し小惑星の証明書の他、小惑星の模型などが公開されました。

鄒承魯星の軌道と11月14日UTC0時での位置

では、同様に化学者の名前が小惑星に名付けられた例があるのか調べたところ、10例あり、ノーベル化学賞を受賞した福井 謙一と炭素14による年代測定法の研究を行っていた木越 邦彦の二人は日本人化学者として小惑星の名前になっています。

  1. (3069) ヘイロフスキーヤロスラフ・ヘイロフスキー
  2. (3899) Wichterle(オットー・ウィフテルレ
  3. (4564) Clayton(ロバート・クレイトン)
  4. (4565) Grossman(ローレンス・グロスマン)
  5. (4716) Urey(ハロルド・ユーリー
  6. (5697) Arrhenius(スヴァンテ・アレニウス
  7. (6032) Nobel(アルフレッド・ノーベル
  8. (6826) Lavoisier(アントワーヌ・ラヴォアジエ
  9. (6924) 福井福井謙一
  10. (7202) 木越(木越邦彦)

福井星の軌道と11月14日UTC0時での位置

木越星の軌道と11月14日UTC0時での位置

時々話題になる小惑星への命名ですが、命名の権利は基本的に発見者にあり、命名者が名前を提案し国際天文学連合が承認することで認められます。もちろん命名にルールがあり、アルファベットで16文字以下などの文字の制約に加えて、公序良俗に反しないものといった公共の物に対する常識的なルール、政治や軍事に関する事象や人名の場合には100年以上経過しているといった平和的な制約などがあります。また商業的な理由での命名は認められていません。

話は少しそれましたが、鄒承魯氏については研究以外についてもいろいろなエピソードが残されており、科学界の学問的腐敗に厳しい目を向け、様々な場で学術倫理に違反していることを批判してきたようです。第二次世界大戦や文化大革命といった激動の時代においても研究を真摯に続け様々な功績を残された鄒承魯氏を称えて小惑星に名付けたことは感銘を受けます。小惑星の命名で終わることなく偉大な化学者について広く周知する活動をこれからも続けてほしいと思います。

関連書籍

関連リンク

Zeolinite

投稿者の記事一覧

ただの会社員です。某企業で化学製品の商品開発に携わっています。社内でのデータサイエンスの普及とDX促進が個人的な野望です。

関連記事

  1. 炭素ボールに穴、水素入れ閉じ込め 「分子手術」成功
  2. 分子積み木による新規ゼオライト合成に成功、産総研
  3. 第35回安全工学シンポジウム
  4. タミフル、化学的製造法を開発…スイス社と話し合いへ
  5. ResearchGateに対するACSとElsevierによる訴…
  6. 発展が続く新型コロナウィルス対応
  7. 国内 ブロックバスター後発品続々と販売開始
  8. 薄くて巻ける有機ELディスプレー・京大など開発

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 「サンゴ礁に有害」な日焼け止め禁止法を施行、パラオ
  2. タミフル―米国―厚労省 疑惑のトライアングル
  3. 化学産業のサプライチェーンをサポートする新しい動き
  4. 第93回―「発光金属錯体と分子センサーの研究」Cristina Lagunas教授
  5. 自己会合・解離機構に基づく蛍光応答性プローブを用いたエクソソーム高感度検出
  6. 科研費の審査員を経験して
  7. 抗精神病薬として初めての口腔内崩壊錠が登場
  8. 科学系のLINEスタンプを使おう!!
  9. パッセリーニ反応 Passerini Reaction
  10. 有機合成化学協会誌2022年6月号:プラスチック変換・生体分子変換・ラジカル反応・ガタスタチンG2・オリゴシラン・縮環ポルフィリン誘導体

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

月別アーカイブ

2021年11月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  

注目情報

最新記事

高分子材料におけるマテリアルズ・インフォマティクスの活用:高分子シミュレーションの応用

開催日:2024/07/17 申込みはこちら■開催概要近年、少子高齢化、働き手の不足の影…

そうだ、アルミニウムを丸裸にしてみようじゃないか

N-ヘテロ環ボリロキシ配位子を用いることで、アニオン性かつ非環式、さらには“裸“という極めて不安定な…

カルベンがアシストする芳香環の開環反応

カルベンがアシストする芳香環の開環反応が報告された。カルベンとアジドによる環形成でナイトレンインダゾ…

有機合成化学協会誌2024年7月号:イミン類縁体・縮環アズレン・C–O結合ホモリシス・ハロカルビン・触媒的バイオマス分解

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2024年7月号がオンライン公開されています。…

分子研「第139回分子科学フォーラム」に参加してみた

bergです。この度は2024年7月3日(水)にオンラインにて開催された、自然科学研究機構 分子科学…

光の色で反応性が変わる”波長選択的”な有機光触媒

照射する可視光の波長によって異なる反応性を示す、新規可視光レドックス触媒反応が開発された。赤色光照射…

ロタキサンを用いた機械的刺激に応答する効率的な分子放出

軸状分子に複数の積み荷分子をもつロタキサンを用いることで効率的に分子を放出するシステムが報告された。…

鉄触媒反応へのお誘い ~クロスカップリング反応を中心に~

はじめにパラジウムなどのレアメタルを触媒としたカップリング反応は、有機EL材料、医農薬、半導体材…

Sim2Realマテリアルズインフォマティクス:データの乏しさを分子シミュレーションにより克服する

開催日:2024/07/10 申込みはこちら■開催概要近年、少子高齢化、働き手の不足の影…

ある動脈硬化の現象とマイクロ・ナノプラスチックのはなし

Tshozoです。マイクロプラスチックについては以前から関連記事(1,2)を書いたり定期的に…

実験器具・用品を試してみたシリーズ

スポットライトリサーチムービー

PAGE TOP