[スポンサーリンク]

odos 有機反応データベース

ヴィドマン・ストーマー シンノリン合成 Widman-Stoermer Cinnoline Synthesis

 

概要

o-アミノスチレンを室温でジアゾ化すると、シンノリン環が生成する。

基本文献

  • Widman, O. Ber. 1884, 17, 722
  •  Stoermer, R.; Fincke, H. Ber. 1909, 42, 3115.
  •  Widman, O. Ber. 1909,42, 1916.
  • Stoermer, R.; Gaus, O. Ber. 1912, 45, 3104.
  •  Leonard, N. J. Chem. Rev. 1945, 37, 270.

 

反応機構

widman_stoermer_2.gif

反応例

 

実験手順

 

実験のコツ・テクニック

 

参考文献

 

関連書籍

 

外部リンク

The following two tabs change content below.
Hiro

Hiro

Hiro

最新記事 by Hiro (全て見る)

関連記事

  1. コニア エン反応 Conia–Ene Reaction
  2. 硤合不斉自己触媒反応 Soai Asymmetric Autoc…
  3. チオール-エン反応 Thiol-ene Reaction
  4. 高井・ロンバード反応 Takai-Lombardo Reacti…
  5. シュタウディンガー反応 Staudinger Reaction
  6. カニッツァロ反応 Cannizzaro Reaction
  7. クメン法 Cumene Process
  8. コルベ・シュミット反応 Kolbe-Schmitt Reacti…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. ベンゾイン縮合反応 Benzoin Condensation
  2. 堀場氏、分析化学の”殿堂”入り
  3. ナノチューブを簡単にそろえるの巻
  4. α‐リポ酸の脂肪蓄積抑制作用を高める効果を実証
  5. 製薬、3強時代に 「第一三共」きょう発足
  6. 超一流誌による論文選定は恣意的なのか?
  7. 研究室で役立つ有機実験のナビゲーター―実験ノートのとり方からクロマトグラフィーまで
  8. ベティ反応 Betti Reaction
  9. アフリカの化学ってどうよ?
  10. 抗生物質の話

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

シクロペンタジエニル錯体の合成に一筋の光か?

β-炭素脱離を用いるシクロペンタジエニル(Cp)錯体の新たな調製法が報告された。本法により反応系中で…

ルミノール誘導体を用いるチロシン選択的タンパク質修飾法

2015年、東京工業大学・中村浩之らは、ルミノール誘導体と鉄-ポルフィリン複合体(ヘミン)を用い、チ…

酵素触媒によるアルケンのアンチマルコフニコフ酸化

酵素は、基質と複数点で相互作用することにより、化学反応を厳密にコントロールしています。通常のフラ…

イオンの出入りを制御するキャップ付き分子容器の開発

第124回のスポットライトリサーチは、金沢大学 理工研究域物質化学系錯体化学研究分野(錯体化学・超分…

リチウムイオン電池の課題のはなし-1

Tshozoです。以前リチウムイオン電池に関するトピックを2つほど紹介した(記事:リチウムイ…

アルコールをアルキル化剤に!ヘテロ芳香環のC-Hアルキル化

2015年、プリンストン大学・D. W. C. MacMillanらは、水素移動触媒(HAT)および…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP