[スポンサーリンク]

odos 有機反応データベース

ヴィドマン・ストーマー シンノリン合成 Widman-Stoermer Cinnoline Synthesis

[スポンサーリンク]

 

概要

o-アミノスチレンを室温でジアゾ化すると、シンノリン環が生成する。

基本文献

  • Widman, O. Ber. 1884, 17, 722
  •  Stoermer, R.; Fincke, H. Ber. 1909, 42, 3115.
  •  Widman, O. Ber. 1909,42, 1916.
  • Stoermer, R.; Gaus, O. Ber. 1912, 45, 3104.
  •  Leonard, N. J. Chem. Rev. 1945, 37, 270.

 

反応機構

widman_stoermer_2.gif

反応例

 

実験手順

 

実験のコツ・テクニック

 

参考文献

 

関連書籍

 

外部リンク

関連記事

  1. エンインメタセシス Enyne Metathesis
  2. メーヤワイン アリール化反応 Meerwein Arylatio…
  3. プラトー反応 Prato Reaction
  4. 芳香族化合物のスルホン化 Sulfonylation of Ar…
  5. コルベ電解反応 Kolbe Electrolysis
  6. オーヴァーマン転位 Overman Rearrangement
  7. 水素化トリ(sec-ブチル)ホウ素リチウム/ナトリウム/カリウム…
  8. オッペナウアー酸化 Oppenauer Oxidation

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 第80回―「グリーンな変換を実現する有機金属触媒」David Milstein教授
  2. ケムステ版・ノーベル化学賞候補者リスト【2016年版】
  3. NMR in Organometallic Chemistry
  4. 有合化若手セミナーに行ってきました
  5. 第7回 慶應有機化学若手シンポジウム
  6. プロワイプ:実験室を安価できれいに!
  7. 論文コレクター必見!WindowsでPDFを全文検索する方法
  8. 3.11 14:46 ③ 復興へ、震災を教訓として
  9. 触媒討論会に行ってきました
  10. ナノってなんて素敵ナノ

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

注目情報

注目情報

最新記事

アメリカ大学院留学:卒業後の進路とインダストリー就活(3)

前回・前々回の記事では、アメリカのPhD取得後の進路について、一般的な進路やインダストリー就活の流れ…

リンだ!リンだ!ホスフィン触媒を用いたメチルアミノ化だ!

有機リン触媒とアリールボロン酸を用いたニトロメタンの還元的C–Nカップリング反応が報告された。本手法…

化学者のためのエレクトロニクス講座~次世代の通信技術編~

このシリーズでは、化学者のためのエレクトロニクス講座では半導体やその配線技術、フォトレジストやOLE…

第132回―「遷移金属触媒における超分子的アプローチ」Joost Reek教授

第132回の海外化学者インタビューはジュースト・リーク教授です。アムステルダム大学ファント・ホッフ分…

位置多様性・脱水素型クロスカップリング

第281回のスポットライトリサーチは、菅原真純 博士にお願いしました。菅原さんは理化学研究所…

エノールエーテルからα-三級ジアルキルエーテルをつくる

α-オキシラジカルを経るエノールエーテルのa位官能基化が開発された。種々のアルキルエノールエーテルと…

アメリカ大学院留学:卒業後の進路とインダストリー就活(2)

前回の記事では、アメリカのPhD取得後の進路について、一般的な進路や就活を始める時期について紹介しま…

【第11回Vシンポ特別企画】講師紹介③:大内 誠 先生

今回の記事では、第11回バーチャルシンポジウム「最先端精密高分子合成」をより楽しむべく講師の一人であ…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP