[スポンサーリンク]

odos 有機反応データベース

ヴィドマン・ストーマー シンノリン合成 Widman-Stoermer Cinnoline Synthesis

 

概要

o-アミノスチレンを室温でジアゾ化すると、シンノリン環が生成する。

基本文献

  • Widman, O. Ber. 1884, 17, 722
  •  Stoermer, R.; Fincke, H. Ber. 1909, 42, 3115.
  •  Widman, O. Ber. 1909,42, 1916.
  • Stoermer, R.; Gaus, O. Ber. 1912, 45, 3104.
  •  Leonard, N. J. Chem. Rev. 1945, 37, 270.

 

反応機構

widman_stoermer_2.gif

反応例

 

実験手順

 

実験のコツ・テクニック

 

参考文献

 

関連書籍

 

外部リンク

The following two tabs change content below.
Hiro

Hiro

Hiro

最新記事 by Hiro (全て見る)

関連記事

  1. ウィッティヒ反応 Wittig Reaction
  2. ハンチュ ピロール合成 Hantzsch Pyrrole Syn…
  3. ケーニッヒ・クノール グリコシド化反応 Koenigs-Knor…
  4. カラッシュ付加反応 Kharasch Addition
  5. ブラウンヒドロホウ素化反応 Brown Hydroboratio…
  6. ダフ反応 Duff Reaction
  7. トロスト不斉アリル位アルキル化反応 Trost Asymmetr…
  8. マクミラン触媒 MacMillan’s Cataly…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. ロンドン・サイエンスミュージアム
  2. 合成とノーベル化学賞
  3. アルキンから環状ポリマーをつくる
  4. 学問と創造―ノーベル賞化学者・野依良治博士
  5. ビス(トリシクロヘキシルホスフィン)ニッケル(II)ジクロリド : Bis(tricyclohexylphosphine)nickel(II) Dichloride
  6. 2011年人気記事ランキング
  7. カガン・モランダーカップリング Kagan-Molander Coupling
  8. 2012年の被引用特許件数トップ3は富士フイルム、三菱化学、積水化学
  9. デービーメダル―受賞者一覧
  10. 有機溶媒吸収し数百倍に 新素材のゲル、九大が開発

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

ルミノール誘導体を用いるチロシン選択的タンパク質修飾法

2015年、東京工業大学・中村浩之らは、ルミノール誘導体と鉄-ポルフィリン複合体(ヘミン)を用い、チ…

酵素触媒によるアルケンのアンチマルコフニコフ酸化

酵素は、基質と複数点で相互作用することにより、化学反応を厳密にコントロールしています。通常のフラ…

イオンの出入りを制御するキャップ付き分子容器の開発

第124回のスポットライトリサーチは、金沢大学 理工研究域物質化学系錯体化学研究分野(錯体化学・超分…

リチウムイオン電池の課題のはなし-1

Tshozoです。以前リチウムイオン電池に関するトピックを2つほど紹介した(記事:リチウムイ…

アルコールをアルキル化剤に!ヘテロ芳香環のC-Hアルキル化

2015年、プリンストン大学・D. W. C. MacMillanらは、水素移動触媒(HAT)および…

三種類の分子が自発的に整列した構造をもつ超分子共重合ポリマーの開発

第123回のスポットライトリサーチは、テキサス大学オースティン校博士研究員(Jonathan L. …

Chem-Station Twitter

PAGE TOP