[スポンサーリンク]

odos 有機反応データベース

ヴィドマン・ストーマー シンノリン合成 Widman-Stoermer Cinnoline Synthesis

 

概要

o-アミノスチレンを室温でジアゾ化すると、シンノリン環が生成する。

基本文献

  • Widman, O. Ber. 1884, 17, 722
  •  Stoermer, R.; Fincke, H. Ber. 1909, 42, 3115.
  •  Widman, O. Ber. 1909,42, 1916.
  • Stoermer, R.; Gaus, O. Ber. 1912, 45, 3104.
  •  Leonard, N. J. Chem. Rev. 1945, 37, 270.

 

反応機構

widman_stoermer_2.gif

反応例

 

実験手順

 

実験のコツ・テクニック

 

参考文献

 

関連書籍

 

外部リンク

The following two tabs change content below.
Hiro

Hiro

Hiro

最新記事 by Hiro (全て見る)

関連記事

  1. カルバメート系保護基 Carbamate Protection
  2. シリル系保護基 Silyl Protective Group
  3. ハンスディーカー反応 Hunsdiecker Reaction
  4. ボールドウィン則 Baldwin’s Rule
  5. ガッターマン アルデヒド合成 Gattermann Aldehy…
  6. フィッシャー・スペイア エステル合成 Fischer-Speie…
  7. マクファディン・スティーヴンス反応 McFadyen-Steve…
  8. フォルハルト・エルドマン環化 Volhard-Erdmann C…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 信じられない!驚愕の天然物たち
  2. 水素化ほう素ナトリウム : Sodium Borohydride
  3. 水素化ナトリウムの酸化反応をブロガー・読者がこぞって追試!?
  4. “マイクロプラスチック”が海をただよう その1
  5. 日本化学会がプロモーションムービーをつくった:ATP交流会で初公開
  6. 製薬業界の研究開発費、増加へ
  7. ESI-MSの開発者、John B. Fenn氏 逝去
  8. リンダウ島インセルホール
  9. ギース ラジカル付加 Giese Radical Addition
  10. 武装抗体―化学者が貢献できるポイントとは?

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

電気化学的HFIPエーテル形成を経る脱水素クロスカップリング反応

第151回のスポットライトリサーチは、東京農工大学農学府・千葉一裕研究室の今田泰史 (いまだ やすし…

「銅触媒を用いた不斉ヒドロアミノ化反応の開発」-MIT Buchwald研より

「ケムステ海外研究記」の第25回目は、マサチューセッツ工科大学 (MIT)博士課程で研究をされている…

2,2,2-トリクロロエトキシカルボニル保護基 Troc Protecting Group

概要2,2,2-トリクロロエトキシカルボニル(2,2,2-trichloroethoxycarb…

二重可変領域抗体 Dual Variable Domain Immunoglobulin

抗体医薬はリウマチやガンなどの難治性疾患治療に有効であり、現在までに活発に開発が進められてきた。…

サイエンスイングリッシュキャンプin東京工科大学

産業のグローバル化が進み、エンジニアにも国際的なセンスや語学力が求められているなか、東京工科大学(東…

特定の場所の遺伝子を活性化できる新しい分子の開発

ついにスポットライトリサーチも150回。第150回目は理化学研究所 博士研究員の谷口 純一 (たにぐ…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP