[スポンサーリンク]

化学者のつぶやき

製薬会社のテレビCMがステキです

製薬会社のテレビCMといえば、OTC医薬品(大衆薬)の宣伝か、栄養ドリンクの宣伝といったものを思い浮かべるでしょう。でも最近は企業理念や患者さんとその家族へメッセージを発信する斬新なCMが増えてますよね。個人的にこういうの好きです。ということでアステラス第一三共ファイザーのCMを特集します。

 

img_09.jpg

120文字のアステラス

 自分的に優勝作品はこれ。8月から放映されている「120文字のアステラス」シリーズです。すでに見た方はいますか?新薬創出にかける研究者のメッセージの詩です。実は毎日違う詩が更新されて8月終わりまで続きます。CMはTBS系列夜11時頃からの「NEWS 23 クロス」内で放映されています。しみじみしちゃいます。CMを見かけたら周りを黙らせましょう(笑)

img_120moji.jpg

どんな薬かだけじゃなく、どこの薬かを考えたことがありますか?

確かに!ありません! とつぶやいてしまったのがこのCM。第一三共です。渡哲也の太くて低い声が印象的です。第一三共はするどいところに気づきましたね。薬が効いたとき、「あの病院に行って良かった~」ではなく、「この薬作った人、ありがとーー!!!」って、思うようにしましょう(笑)

cm_detail03_ph002.jpg

 

ファイザーは新薬に世界最大級の研究開発費を投じています

2009年度、ファイザーは研究開発に約80億ドルを投じたようです。ひぇーーー!薬作るのって莫大なお金がかかるんですね。EXILE(エグザイル)のBGMもステキです。

cm_image_happy.jpg

The following two tabs change content below.
matsumoto

matsumoto

修士(工学)。学生時代は有機合成・天然物合成に従事し、現在は某製 薬メーカー合成研究員。

関連記事

  1. ナノスケールの虹が世界を変える
  2. 中国へ講演旅行へいってきました①
  3. 「さくら、さくら」劇場鑑賞券プレゼント結果発表!
  4. 不安定な合成中間体がみえる?
  5. 第37回反応と合成の進歩シンポジウムに参加してきました。
  6. ニッケル錯体触媒の電子構造を可視化
  7. 開催間近!ケムステも出るサイエンスアゴラ2013
  8. リン–リン単結合を有する化合物のアルケンに対する1,2-付加反応…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. Ph.D. Comics – Piled Higher and Deeper
  2. 私がケムステスタッフになったワケ(5)
  3. 工学的応用における小分子キラリティーの付加価値: Nature Rev. Chem. 2017-6/7月号
  4. “Wisconsin Process”について ~低コスト硝酸合成法の一幕~
  5. 独メルク、米シグマアルドリッチを買収
  6. ウィリアム・リプスコム William N. Lipscomb Jr.
  7. 材料適合性 Material compatibility
  8. 半導体・センシング材料に応用可能なリン複素環化合物の誘導体化
  9. Stadtfriedhof (ゲッチンゲン市立墓地)
  10. 防カビ効果、長持ちします 住友化学が新プラスチック

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

硤合 憲三 Kenso Soai

硤合 憲三 (そあい けんそう、1950年x月x日-)は、日本の有機化学者である。東京理科大学 名誉…

カルボン酸からハロゲン化合物を不斉合成する

第119回のスポットライトリサーチは、豊橋技術科学大学大学院 柴富研究室 博士後期課程1年の北原 一…

アンドリュー・ハミルトン Andrew D. Hamilton

アンドリュー・ディヴィッド・ハミルトン (Andrew David Hamilton、1952年11…

耐薬品性デジタルマノメーター:バキューブランド VACUU・VIEW

突然ですが、「バキューブランド」って会社知っていますか?合成化学系の先生方はご存知の人が多い…

生物指向型合成 Biology-Oriented Synthesis

生物の機能主体であるタンパク質では、決まった構造モチーフが種を超越して高度に保存されている。生物活性…

金沢ふるさと偉人館

金沢ふるさと偉人館は石川県金沢市にある金沢ゆかりの人物20名あまりに関する資料館。その中でも化学者と…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP