[スポンサーリンク]


投稿者の記事一覧

Maitotoxin

学生。高分子合成専門。低分子・高分子を問わず、分子レベルでの創作が好きです。構造が格好よければ全て良し。生物学的・材料学的応用に繋がれば尚良し。Maitotoxinの全合成を待ち望んでいます。

  1. 勃起の化学

    こんにちは。Maitotoxinです。私ごとですが、海外大学院の博士課程を修了し、今年2024年4月から日本で社会人を始めました。関東周辺におりますので、もしお会いすることがありましたら、お声がけいただけますと幸いです。さて、社会人にな…

  2. CAS Future Leaders Program 2023 参加者インタビュー

    みなさん、CAS Future Leaders Programについて、、おききした事はありますでし…

  3. Gaussian Input File データベース

    お疲れ様です!Maitotoxinです!みなさん、計算化学好きですか?特にGaussian、…

  4. 真鍋良幸 Manabe Yoshiyuki

    真鍋良幸 (Manabe Yoshiyuki)は日本の有機化学者。大阪大学大学院理学研究科 助教。第…

  5. 眞鍋 史乃 Manabe Shino

    眞鍋史乃 (まなべしの)は日本の有機化学者。星薬科大学薬学部/東北大学大学院薬学研究科医薬品開発研究…

  6. CAS Future Leaders Program 2022 参加者インタビュー

  7. 第35回ケムステVシンポ「有機合成が拓く最先端糖化学」を開催します!

  8. 顕微鏡の使い方ノート―はじめての観察からイメージングの応用まで (無敵のバイオテクニカルシリーズ)

  9. 発光材料を光で加工する~光と酸の二重刺激で材料加工~

  10. 手で解く量子化学I

  11. 日本入国プロトコル(2022年6月末現在)

  12. 未来を拓く多彩な色素材料

  13. 天才プログラマー タンメイが教えるJulia超入門

  14. 西田 篤司 Atsushi Nishida

  15. 【第11回Vシンポ特別企画】講師紹介③:大内 誠 先生

  16. 分子集合体がつくるポリ[n]カテナン

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 抗生物質
  2. トムソン:2006年ノーベル賞の有力候補者を発表
  3. ポンコツ博士の海外奮闘録XVI ~博士,再現性を高める②~
  4. 酸化亜鉛を用い青色ダイオード 東北大開発 コスト減期待
  5. 量子の力で生体分析!?シングレット・フィッションを用いたNMR感度の増大
  6. 2023年度 第23回グリーン・サステイナブル ケミストリー賞 候補業績 募集のご案内
  7. 化学研究で役に立つデータ解析入門:回帰分析の応用編

注目情報

最新記事

酵素を照らす新たな光!アミノ酸の酸化的クロスカップリング

酵素と可視光レドックス触媒を協働させる、アミノ酸の酸化的クロスカップリング反応が開発された。多様な非…

二元貴金属酸化物触媒によるC–H活性化: 分子状酸素を酸化剤とするアレーンとカルボン酸の酸化的カップリング

第620回のスポットライトリサーチは、横浜国立大学大学院工学研究院(本倉研究室)の長谷川 慎吾 助教…

高分子材料におけるマテリアルズ・インフォマティクスの活用:高分子シミュレーションの応用

開催日:2024/07/17 申込みはこちら■開催概要近年、少子高齢化、働き手の不足の影…

そうだ、アルミニウムを丸裸にしてみようじゃないか

N-ヘテロ環ボリロキシ配位子を用いることで、アニオン性かつ非環式、さらには“裸“という極めて不安定な…

カルベンがアシストする芳香環の開環反応

カルベンがアシストする芳香環の開環反応が報告された。カルベンとアジドによる環形成でナイトレンインダゾ…

PAGE TOP