[スポンサーリンク]


投稿者の記事一覧

Maitotoxin

Maitotoxin

学生。高分子合成専門。低分子・高分子を問わず、分子レベルでの創作が好きです。構造が格好よければ全て良し。生物学的・材料学的応用に繋がれば尚良し。Maitotoxinの全合成を待ち望んでいます。

  1. 【第11回Vシンポ特別企画】講師紹介③:大内 誠 先生

    今回の記事では、第11回バーチャルシンポジウム「最先端精密高分子合成」をより楽しむべく講師の一人である大内誠先生について、Maitotoxin(大内研究室出身。現在香港科技大学Ben Zhong Tang研博士課程学生)が僭越ながらも紹介い…

  2. 分子集合体がつくるポリ[n]カテナン

    美しい構造の分子ってワクワクしますよね。更に高分子だと、二次構造, 三次構造が可愛くなること…

  3. 高機能性金属錯体が拓く触媒科学:革新的分子変換反応の創出をめざして

    (さらに…)…

  4. 生体分子反応を制御する: 化学的手法による機構と反応場の解明

    (さらに…)…

  5. Principles and Applications of Aggregation-Induced Emission

    内容This book explores the aggregation-induced e…

  6. 大学生向け”オイシイ”情報の集め方

  7. 有機テルル媒介リビングラジカル重合 Organotellurium-mediated Living Radical Polymerization (TERP)

  8. 免疫の生化学 (1) 2018年ノーベル医学賞解説

  9. ケミカルバイオロジーとバイオケミストリー

  10. 嗚呼、美しい高分子の世界

  11. 学部4年間の教育を振り返る

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 光薬理学 Photopharmacology
  2. 金属ナトリウム分散体(SD Super Fine ™)
  3. 次世代の放射光施設で何が出来るでしょうか?
  4. IBX酸化 IBX Oxidation
  5. 光と熱で固体と液体を行き来する金属錯体
  6. 【書籍】機器分析ハンドブック3 固体・表面分析編
  7. 生合成を模倣した有機合成

注目情報

最新記事

第142回―「『理想の有機合成』を目指した反応開発と合成研究」山口潤一郎 教授

第142回の化学者インタビューは日本から、皆さんご存じ、山口潤一郎教授の登場です。名古屋大学理学部化…

【書籍】ゼロからの最速理解 プラスチック材料化学

今月発売された『ゼロからの最速理解 プラスチック材料化学』(佐々木 健夫 著,コロナ社)という書籍を…

重水は甘い!?

同位体はある元素、すなわち同一の原子番号をもつ原子核において、中性子数の異なる核種のことをいいますね…

人物でよみとく化学

概要化学の歴史をつくった約50人を収録。高校・大学の化学の勉強に役立つ16テーマをあつかい、…

金属ナトリウム分散体(SD Super Fine ™)

概要金属ナトリウム分散体(SD Super Fine ™)は、金属ナトリウムの微粒…

PAGE TOP