[スポンサーリンク]


投稿者の記事一覧

Maitotoxin

学生。高分子合成専門。低分子・高分子を問わず、分子レベルでの創作が好きです。構造が格好よければ全て良し。生物学的・材料学的応用に繋がれば尚良し。Maitotoxinの全合成を待ち望んでいます。

  1. CAS Future Leaders Program 2023 参加者インタビュー

    みなさん、CAS Future Leaders Programについて、、おききした事はありますでしょうか?ケムステでも何度か紹介したことがあり、ご存知の方も多いかもしれません。CAS Future Leaders 募集…

  2. Gaussian Input File データベース

    お疲れ様です!Maitotoxinです!みなさん、計算化学好きですか?特にGaussian、…

  3. 真鍋良幸 Manabe Yoshiyuki

    真鍋良幸 (Manabe Yoshiyuki)は日本の有機化学者。大阪大学大学院理学研究科 助教。第…

  4. 眞鍋 史乃 Manabe Shino

    眞鍋史乃 (まなべしの)は日本の有機化学者。星薬科大学薬学部/東北大学大学院薬学研究科医薬品開発研究…

  5. CAS Future Leaders Program 2022 参加者インタビュー

    みなさん、CAS Future Leaders Programについて、、おききした事はありますでし…

  6. 第35回ケムステVシンポ「有機合成が拓く最先端糖化学」を開催します!

  7. 顕微鏡の使い方ノート―はじめての観察からイメージングの応用まで (無敵のバイオテクニカルシリーズ)

  8. 発光材料を光で加工する~光と酸の二重刺激で材料加工~

  9. 手で解く量子化学I

  10. 日本入国プロトコル(2022年6月末現在)

  11. 未来を拓く多彩な色素材料

  12. 天才プログラマー タンメイが教えるJulia超入門

  13. 西田 篤司 Atsushi Nishida

  14. 【第11回Vシンポ特別企画】講師紹介③:大内 誠 先生

  15. 分子集合体がつくるポリ[n]カテナン

  16. 高機能性金属錯体が拓く触媒科学:革新的分子変換反応の創出をめざして

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 金属水素化物による還元 Reduction with Metal Hydride
  2. MNBA脱水縮合剤
  3. 研究室でDIY!~光反応装置をつくろう~
  4. Nsアミン誘導体
  5. 第五回ケムステVシンポジウム「最先端ケムバイオ」開催報告
  6. DFMS:ビス(ジフルオロメチルスルホニル)亜鉛
  7. 輸出貿易管理令

注目情報

最新記事

DeuNet (重水素化ネットワーク)

Deunet とは?重水素化ネットワーク (The Duteration Network, De…

マテリアルズ・インフォマティクスにおける分子生成の応用 ー新しい天然有機化合物の生成を目指すー

開催日 2024/2/21 申し込みはこちら■開催概要近年、少子高齢化、働き手の不足の影…

有機合成化学協会誌2024年2月号:タンデムボラFriedel-Crafts反応・炭素-フッ素結合活性化・セリウム錯体・コバルト-炭素結合・ホスホロアミダイト法

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2024年2月号がオンライン公開されています。…

有機合成にさようなら!“混ぜるだけ”蛍光プローブ3秒間クッキング

第592回のスポットライトリサーチは、香港科技大学(Ben Zhong Tang研)の清川慎介さん(…

北九州における化学企業の盛んな生産活動

AGCは、このたび北九州事業所において、グリーン水素製造に適したフッ素系イオン交換膜の製造設備新…

PAGE TOP