[スポンサーリンク]

G

ゲヴァルト チオフェン合成 Gewald Thiophene Synthesis

[スポンサーリンク]

 

概要

塩基存在下で、α-メチレンカルボニル化合物シアノ基を有する活性メチレン化合物および硫黄を反応させると、 2-アミノチオフェンが得られる。

 

基本文献

 

反応機構

gewald_thiophene_2.gif

2 位のアミノ基の窒素原子は、シアノ基に由来する。すなわち、シアノ基への付加反応によりイミンが生じるが、それはイミン-エナミン互変異性を起こすことでアミノ基に変換される。このときに芳香族系も完成し、最終生成物としてチオフェンを与える。

反応例

 

実験手順

 

実験のコツ・テクニック

 

参考文献

 

関連反応

 

関連書籍

 

外部リンク

The following two tabs change content below.
Hiro

Hiro

Hiro

最新記事 by Hiro (全て見る)

関連記事

  1. シュガフ脱離 Chugaev Elimination
  2. 生体共役反応 Bioconjugation
  3. クラベ アレン合成 Crabbe Allene Synthesi…
  4. マーシャル プロパルギル化 Marshall Propargyl…
  5. リスト・バルバス アルドール反応 List-Barbas Ald…
  6. バートン トリフルオロメチル化 Burton Trifluoro…
  7. 野依不斉水素化反応 Noyori Asymmetric Hydr…
  8. メリフィールド ペプチド固相合成法 Merrifield Sol…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 創薬開発で使用される偏った有機反応
  2. 水素化リチウムアルミニウム Lithium Alminum Hydride (LAH)
  3. Lindau Nobel Laureate Meeting 動画集のご紹介
  4. カンプトテシン /camptothecin
  5. Arcutine類の全合成
  6. 金沢ふるさと偉人館
  7. アミン化合物をワンポットで簡便に合成 -新規還元的アミノ化触媒-:関東化学
  8. 金属を使わない触媒的水素化
  9. MAC試薬 MAC Reagent
  10. タンパク質の非特異吸着を抑制する高分子微粒子の合成と応用

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

金ナノクラスター表面の自己組織化単分子膜を利用したテトラセンの高効率一重項分裂とエネルギー変換機能

第231回のスポットライトリサーチは、慶應義塾大学 羽曾部研究室 で専任講師を務められている酒井 隼…

ケミカルバイオロジーがもたらす創薬イノベーション ~ グローバルヘルスに貢献する天然物化学の新潮流 ~

お申込み・詳細はこちら開催日時2019年12月10日(火)13:00~17:30(開場 …

微小な前立腺がんを迅速・高感度に蛍光検出する

第231回のスポットライトリサーチは、河谷稔さんにお願い致しました。河谷さんが研究を実施され…

有機合成化学協会誌2019年11月号:英文版特集号

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2019年11月号がオンライン公開されました。…

製品開発職を検討する上でおさえたい3つのポイント

基礎研究と製品開発は、目的や役割がそれぞれ異なります。しかし、求人情報の応募要件を見てみると「〇〇の…

二刀流のホスフィン触媒によるアトロプ選択的合成法

不斉付加環化反応による新奇アリールナフトキノン合成法が報告された。2つの機能を有する不斉ホスフィン触…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP