[スポンサーリンク]

G

ゲヴァルト チオフェン合成 Gewald Thiophene Synthesis

 

概要

塩基存在下で、α-メチレンカルボニル化合物シアノ基を有する活性メチレン化合物および硫黄を反応させると、 2-アミノチオフェンが得られる。

 

基本文献

 

反応機構

gewald_thiophene_2.gif

2 位のアミノ基の窒素原子は、シアノ基に由来する。すなわち、シアノ基への付加反応によりイミンが生じるが、それはイミン-エナミン互変異性を起こすことでアミノ基に変換される。このときに芳香族系も完成し、最終生成物としてチオフェンを与える。

反応例

 

実験手順

 

実験のコツ・テクニック

 

参考文献

 

関連反応

 

関連書籍

 

外部リンク

The following two tabs change content below.
Hiro

Hiro

Hiro

最新記事 by Hiro (全て見る)

関連記事

  1. バルツ・シーマン反応 Balz-Schiemann Reacti…
  2. ハンチュ ジヒドロピリジン合成  Hantzsch Dihydr…
  3. 二酸化セレン Selenium Dioxide
  4. 炭素-炭素結合活性化反応 C-C Bond Activation…
  5. ブーボー/ボドロー・チチバビン アルデヒド合成 Bouveaul…
  6. スズアセタールを用いる選択的変換 Selective Trans…
  7. ヘンリー反応 (ニトロアルドール反応) Henry Reacti…
  8. ザンドマイヤー反応 Sandmeyer Reaction

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 赤﨑 勇 Isamu Akasaki
  2. 史 不斉エポキシ化 Shi Asymmetric Epoxidation
  3. ジメチル(2-ピリジル)シリル化合物
  4. スイスでポスドクはいかが?
  5. ヘメツバーガー インドール合成 Hemetsberger Indole Synthesis
  6. 有機化学クロスワードパズル
  7. NMR管
  8. トリス[2-(ジメチルアミノ)エチル]アミンを用いた原子移動ラジカル重合
  9. ベンゼンの害、低濃度でも 血液細胞に損傷
  10. クルクミン /curcumin

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

北エステル化反応 Kita Esterification

概要ルテニウム触媒存在下、エチニルエチルエーテル試薬を脱水剤として用い、カルボン酸とアルコールか…

一人二役のフタルイミドが位置までも制御する

N-ヒドロキシフタルイミドを用いる逆マルコフニコフ型のヒドロアミノ化が報告された。遷移金属触媒および…

ジアゾニウム塩が開始剤と捕捉剤を“兼務”する

アリールジアゾニウム塩を用いたプレニルカルバマート/ウレアのシクロアミノジアゾ化反応が開発された。入…

パラジウム光触媒が促進するHAT過程:アルコールの脱水素反応への展開

2016年、イリノイ大学シカゴ校・Vladimir Gevorgyanらは、Pd(0)触媒の共存下、…

ウラジミール・ゲヴォルギャン Vladimir Gevorgyan

ウラジミール・ゲヴォルギャン(Vladimir Gevorgyan、1956年8月12日-)は、アメ…

有機合成化学協会誌2018年11月号:オープンアクセス・英文号!

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2018年11月号がオンライン公開されました。今月…

PAGE TOP