[スポンサーリンク]

G

ゲヴァルト チオフェン合成 Gewald Thiophene Synthesis

 

概要

塩基存在下で、α-メチレンカルボニル化合物シアノ基を有する活性メチレン化合物および硫黄を反応させると、 2-アミノチオフェンが得られる。

 

基本文献

 

反応機構

gewald_thiophene_2.gif

2 位のアミノ基の窒素原子は、シアノ基に由来する。すなわち、シアノ基への付加反応によりイミンが生じるが、それはイミン-エナミン互変異性を起こすことでアミノ基に変換される。このときに芳香族系も完成し、最終生成物としてチオフェンを与える。

反応例

 

実験手順

 

実験のコツ・テクニック

 

参考文献

 

関連反応

 

関連書籍

 

外部リンク

The following two tabs change content below.
Hiro

Hiro

Hiro

最新記事 by Hiro (全て見る)

関連記事

  1. ジェイコブセン・香月エポキシ化反応 Jacobsen-Katsu…
  2. ケック不斉アリル化 Keck Asymmetric Allyla…
  3. ニトリルオキシドの1,3-双極子付加環化 1,3-Dipolar…
  4. フリーデル・クラフツアルキル化 Friedel-Crafts A…
  5. 藤原・守谷反応 Fujiwara-Moritani Reacti…
  6. P-キラルホスフィンの合成 Synthesis of P-chi…
  7. バンバーガー転位 Bamberger Rearrangement…
  8. ヒンスバーグ チオフェン合成 Hinsberg Thiophen…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 化学者がコンピューター計算を行うべきか?
  2. 異分野交流のススメ:ヨーロッパ若手研究者交流会参加体験より
  3. 飽和C–H結合を直接脱離基に変える方法
  4. 2010年日本化学会年会を楽しむ10の方法
  5. 世界の「イケメン人工分子」① ~ 分子ボロミアンリング ~
  6. 100兆分の1秒を観察 夢の光・XFEL施設公開
  7. 専門用語(科学英単語)の発音
  8. ケムステが化学コミュニケーション賞2012を受賞しました
  9. テオ・グレイ Theodore Gray
  10. 盗難かと思ったら紛失 千葉の病院で毒薬ずさん管理

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

巨大複雑天然物ポリセオナミドBの細胞死誘導メカニズムの解明

第161回目のスポットライトリサーチは、早田敦 (はやた あつし)さんにお願いしました。早田…

イグノーベル化学賞2018「汚れ洗浄剤としてヒトの唾液はどれほど有効か?」

Tshozoです。今年もIg Nobel賞、発表されましたね。色々と興味深い発表が続く中、NHKで放…

最近のwebから〜固体の水素水?・化合物名の商標登録〜

皆様夏休みはいかがお過ごしでしたでしょうか。大学はそろそろ後学期が始まってきたところです。小…

化学の力で複雑なタンパク質メチル化反応を制御する

第160回目のスポットライトリサーチは、連名での登場です。理化学研究所の五月女 宜裕 さん・島津 忠…

変わったガラス器具達

皆様、普段どんなガラス器具を使っていますか?ナスフラスコ、三角フラスコはもちろん、カラム管やジムロー…

レーザー光で実現する新たな多結晶形成法

第159回目のスポットライトリサーチは、大阪府立大学・LAC-SYS研究所の山本靖之(やまもと やす…

PAGE TOP