[スポンサーリンク]

G

ゲヴァルト チオフェン合成 Gewald Thiophene Synthesis

[スポンサーリンク]

 

概要

塩基存在下で、α-メチレンカルボニル化合物シアノ基を有する活性メチレン化合物および硫黄を反応させると、 2-アミノチオフェンが得られる。

 

基本文献

 

反応機構

gewald_thiophene_2.gif

2 位のアミノ基の窒素原子は、シアノ基に由来する。すなわち、シアノ基への付加反応によりイミンが生じるが、それはイミン-エナミン互変異性を起こすことでアミノ基に変換される。このときに芳香族系も完成し、最終生成物としてチオフェンを与える。

反応例

 

実験手順

 

実験のコツ・テクニック

 

参考文献

 

関連反応

 

関連書籍

 

外部リンク

関連記事

  1. カティヴァ 酢酸合成プロセス Cativa Process fo…
  2. フォン・リヒター反応 von Richter Reaction
  3. デ-マヨ反応 de Mayo Reaction
  4. カルバメート系保護基 Carbamate Protection
  5. ヒンスバーグ オキシインドール合成 Hinsberg Oxind…
  6. 硤合不斉自己触媒反応 Soai Asymmetric Autoc…
  7. フリーデル・クラフツアルキル化 Friedel-Crafts A…
  8. ルーシェ還元 Luche Reduction

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 日本化学会第85回春季年会
  2. トムソン:2006年ノーベル賞の有力候補者を発表
  3. ネッド・シーマン Nadrian C. Seeman
  4. H・ブラウン氏死去/米のノーベル化学賞受賞者
  5. 芳香族求核置換反応で18Fを導入する
  6. 個性あるTOCその③
  7. プラサナ・デ・シルバ A Prasanna de Silva
  8. クロロラジカルHAT協働型C-Hクロスカップリングの開発
  9. 薬価4月引き下げ 製薬各社は「アジア」「非医薬」に活路
  10. ノーベル化学賞2011候補者一覧まとめ

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

フィブロイン Fibroin

フィブロイン(Fibroin)は、繭糸(シルク)の主成分であり、繊維状タンパク質の一種である。…

「もはや有機ではない有機材料化学:フルオロカーボンに可溶な材料の創製」– MIT・Swager研より

ケムステ海外研究記の第36回はマサチューセッツ工科大学(MIT)化学科のPhD課程に在籍されている吉…

八木 政行 Masayuki Yagi

八木 政行(やぎ まさゆき、Yagi Masayuki、1968年 -)は、日本の化学者である (写…

有機化学を俯瞰する –古代ギリシャ哲学から分子説の誕生まで–【前編】

本連載では、生命体を特別視する "生気説" が覆されたことにより、有機合成化学の幕が開いたことについ…

第92回―「金属錯体を結合形成触媒へ応用する」Rory Waterman教授

第92回の海外化学者インタビューは、ロリー・ウォーターマン教授です。バーモント大学化学科に在籍し、有…

第五回ケムステVシンポジウム「最先端ケムバイオ」を開催します!

コロナウイルスの自粛も全国で解かれ、日本国内はだいぶ復帰に近づいてました(希望的観測)。しかし今年度…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP