[スポンサーリンク]

G

ゲヴァルト チオフェン合成 Gewald Thiophene Synthesis

[スポンサーリンク]

 

概要

塩基存在下で、α-メチレンカルボニル化合物シアノ基を有する活性メチレン化合物および硫黄を反応させると、 2-アミノチオフェンが得られる。

 

基本文献

 

反応機構

gewald_thiophene_2.gif

2 位のアミノ基の窒素原子は、シアノ基に由来する。すなわち、シアノ基への付加反応によりイミンが生じるが、それはイミン-エナミン互変異性を起こすことでアミノ基に変換される。このときに芳香族系も完成し、最終生成物としてチオフェンを与える。

反応例

 

実験手順

 

実験のコツ・テクニック

 

参考文献

 

関連反応

 

関連書籍

 

外部リンク

関連記事

  1. ノリッシュ反応 Norrish Reaction
  2. ルーシェ還元 Luche Reduction
  3. 超原子価ヨウ素 Hypervalent Iodine
  4. パール・クノール ピロール合成 Paal-Knorr Pyrro…
  5. 野依不斉水素移動反応 Noyori Asymmetric Tra…
  6. ハネシアン・ヒュラー反応 Hanessian-Hullar Re…
  7. 衣笠反応 Kinugasa Reaction
  8. エッシェンモーザーメチレン化 Eschenmoser Methy…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 寺崎 治 Osamu Terasaki
  2. 向山縮合試薬 Mukaiyama Condensation Reagent
  3. ラボからのスケールアップ再現性手法【終了】
  4. tRNAの新たな役割:大豆と微生物のコミュニケーション
  5. ニセ試薬のサプライチェーン
  6. ジムロート転位 (共役 1,3-双極子開環体経由) Dimroth Rearrangement via A Conjugated 1,3-Dipole
  7. 玉尾皓平 Kohei Tamao
  8. 第51回―「超分子化学で生物学と材料科学の境界を切り拓く」Carsten Schmuck教授
  9. 東大、京大入試の化学を調べてみた(有機編)
  10. 有機合成化学協会誌2018年1月号:光学活性イミダゾリジン含有ピンサー金属錯体・直截カルコゲン化・インジウム触媒・曲面π構造・タンパク質チオエステル合成

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

注目情報

注目情報

最新記事

国際化学オリンピック、日本の高校生4名「銀」獲得

文部科学省は2020年7月31日、オンラインで開催された「第52回国際化学オリンピック」に参加した高…

有機合成化学協会誌2020年8月号:E2212製法・ヘリセン・炭素架橋オリゴフェニレンビニレン・ジケトホスファニル・水素結合性分子集合体

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2020年8月号がオンライン公開されました。今回は担当…

第八回ケムステVシンポジウム「有機無機ハイブリッド」を開催します!

夏真っ盛りですね。某ウイルスのもろもろに目を奪われがちですが、この季節は熱中症にも気をつけましょう。…

巧みに設計されたホウ素化合物と可視光からアルキルラジカルを発生させる

第268回のスポットライトリサーチは、金沢大学医薬保健研究域薬学系(大宮研究室)の佐藤 由季也(さと…

第111回―「予防・診断に有効なナノバイオセンサーと太陽電池の開発」Ted Sargent教授

第111回の海外化学者インタビューは、Ted Sargent教授です。トロント大学電気・計算機工学科…

アレノフィルを用いるアレーンオキシドとオキセピンの合成

脱芳香族化を伴う直接的な酸化により芳香族化合物からアレーンオキシドとオキセピンを合成する手法が開発さ…

ケムステニュース 化学企業のグローバル・トップ50が発表【2020年版】

It's no secret that the COVID-19 pandemic ha…

スポットライトリサーチムービー:動画であなたの研究を紹介します

5年前、ケムステ15周年の際に新たな試みとしてはじめたコンテンツ「スポットライトリサーチ」。…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP