[スポンサーリンク]

G

ゲヴァルト チオフェン合成 Gewald Thiophene Synthesis

 

概要

1,4-ジカルボニル化合物に硫黄導入剤を作用させるとチオフェンが得られる。試薬としては五硫化二リン(P4S10)、Lawesson試薬などが用いられる。

 

基本文献

 

反応機構

gewald_thiophene_2.gif

反応例

 

実験手順

 

実験のコツ・テクニック

※猛毒の硫化水素ガスが発生するので、注意すること。

 

参考文献

 

関連反応

 

関連書籍

 

外部リンク

The following two tabs change content below.
Hiro

Hiro

Hiro

最新記事 by Hiro (全て見る)

関連記事

  1. オッペナウアー酸化 Oppenauer Oxidation
  2. 菅沢反応 Sugasawa Reaction
  3. スワーン酸化 Swern Oxidation
  4. 1,3-ジチアン 1,3-Dithiane
  5. ピニック(クラウス)酸化 Pinnick(Kraus) Oxid…
  6. パターノ・ビューチ反応 Paterno-Buchi Reacti…
  7. アルキンの水和反応 Hydration of Alkyne
  8. ボーチ還元的アミノ化反応 Borch Reductive Ami…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 杏林製薬、ノバルティス社と免疫抑制剤「KRP-203」に関するライセンス契約を締結
  2. Dead Endを回避せよ!「全合成・極限からの一手」④(解答編)
  3. 4-ベンゾイル安息香酸N-スクシンイミジル : N-Succinimidyl 4-Benzoylbenzoate
  4. whileの使い方
  5. わずか6工程でストリキニーネを全合成!!
  6. 有機化合物で情報を記録する未来は来るか
  7. 米デュポンの第2・四半期決算は予想下回る、エネルギー費用高騰が打撃
  8. 小松紘一 Koichi Komatsu
  9. 地域の光る化学企業たち-2
  10. Pfizer JAK阻害薬tofacitinib承認勧告

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

イオンの出入りを制御するキャップ付き分子容器の開発

第124回のスポットライトリサーチは、金沢大学 理工研究域物質化学系錯体化学研究分野(錯体化学・超分…

リチウムイオン電池の課題のはなし-1

Tshozoです。以前リチウムイオン電池に関するトピックを2つほど紹介した(記事:リチウムイ…

アルコールをアルキル化剤に!ヘテロ芳香環のC-Hアルキル化

2015年、プリンストン大学・D. W. C. MacMillanらは、水素移動触媒(HAT)および…

三種類の分子が自発的に整列した構造をもつ超分子共重合ポリマーの開発

第123回のスポットライトリサーチは、テキサス大学オースティン校博士研究員(Jonathan L. …

超分子化学と機能性材料に関する国際シンポジウム2018

「超分子化学と機能性材料に関する国際シンポジウム2018」CEMS International Sy…

アメリカで Ph. D. を取る –研究室に訪問するの巻–

この連載は、米国の大学院で Ph.D. を取得することを目指す学生が日記感覚で近況を記録するためのも…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP