[スポンサーリンク]

G

ゲヴァルト チオフェン合成 Gewald Thiophene Synthesis

[スポンサーリンク]

 

概要

塩基存在下で、α-メチレンカルボニル化合物シアノ基を有する活性メチレン化合物および硫黄を反応させると、 2-アミノチオフェンが得られる。

 

基本文献

 

反応機構

gewald_thiophene_2.gif

2 位のアミノ基の窒素原子は、シアノ基に由来する。すなわち、シアノ基への付加反応によりイミンが生じるが、それはイミン-エナミン互変異性を起こすことでアミノ基に変換される。このときに芳香族系も完成し、最終生成物としてチオフェンを与える。

反応例

 

実験手順

 

実験のコツ・テクニック

 

参考文献

 

関連反応

 

関連書籍

 

外部リンク

The following two tabs change content below.
Hiro

Hiro

Hiro

最新記事 by Hiro (全て見る)

関連記事

  1. シャレット不斉シクロプロパン化 Charette Asymmet…
  2. ベシャンプ還元 Bechamp Reduction
  3. シャープレス・香月不斉エポキシ化反応 Sharpless-Kat…
  4. ボーチ還元的アミノ化反応 Borch Reductive Ami…
  5. (古典的)アルドール反応 (Classical) Aldol R…
  6. バイヤー・ビリガー酸化 Baeyer-Villiger Oxid…
  7. 相間移動触媒 Phase-Transfer Catalyst (…
  8. TEMPO酸化 TEMPO Oxidation

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. マクコーマック反応 McCormack Reaction
  2. ジョージ・フェール George Feher
  3. DFMS:ビス(ジフルオロメチルスルホニル)亜鉛
  4. メソポーラスシリカ(3)
  5. 合成手法に焦点を当てて全合成研究を見る「テトロドトキシン~その1~」
  6. 化学物質はなぜ嫌われるのか
  7. 科学カレンダー:学会情報に関するお役立ちサイト
  8. 超大画面ディスプレイ(シプラ)実現へ
  9. メリークリスマス☆
  10. オンライン座談会『ケムステスタッフで語ろうぜ』開幕!

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

5歳児の唾液でイグ・ノーベル化学賞=日本人、13年連続

人を笑わせ、考えさせる独創的な研究を表彰する「イグ・ノーベル賞」の授賞式が米東部マサチューセッツ州の…

アジサイの青色色素錯体をガク片の中に直接検出!

第219回のスポットライトリサーチは、名古屋大学 大学院情報科学研究科(吉田研究室)・伊藤 誉明さん…

高純度フッ化水素酸のあれこれまとめ その2

Tshozoです。前回のつづき。これまではフッ化水素の背景と合成について主に述べましたが、後半は用途…

面接官の心に刺さる志望動機、刺さらない志望動機

先日、ある機器メーカーの企業の研究所長とお会いした際、最近の採用面接の状況について話をした。…

麺の科学 粉が生み出す豊かな食感・香り・うまみ

(さらに…)…

Pallambins A-Dの不斉全合成

保護基を使用しない、pallambins A-Dの不斉全合成が初めて達成された。今後これらのジテルペ…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP