[スポンサーリンク]

G

ゲヴァルト チオフェン合成 Gewald Thiophene Synthesis

[スポンサーリンク]

 

概要

塩基存在下で、α-メチレンカルボニル化合物シアノ基を有する活性メチレン化合物および硫黄を反応させると、 2-アミノチオフェンが得られる。

 

基本文献

 

反応機構

gewald_thiophene_2.gif

2 位のアミノ基の窒素原子は、シアノ基に由来する。すなわち、シアノ基への付加反応によりイミンが生じるが、それはイミン-エナミン互変異性を起こすことでアミノ基に変換される。このときに芳香族系も完成し、最終生成物としてチオフェンを与える。

反応例

 

実験手順

 

実験のコツ・テクニック

 

参考文献

 

関連反応

 

関連書籍

 

外部リンク

The following two tabs change content below.
Hiro

Hiro

Hiro

最新記事 by Hiro (全て見る)

関連記事

  1. ピナコールカップリング Pinacol Coupling
  2. 歪み促進逆電子要請型Diels-Alder反応 SPIEDAC …
  3. ヘイオース・パリッシュ・エダー・ザウアー・ウィーチャート反応 H…
  4. 野依不斉水素化反応 Noyori Asymmetric Hydr…
  5. エーテル系保護基 Ether Protective Group
  6. ウィリアムソンエーテル合成 Williamson ether s…
  7. Aza-Cope転位 Aza-Cope Rearrangemen…
  8. デ-マヨ反応 de Mayo Reaction

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 「電子の動きを観る」ーマックスプランク研究所・ミュンヘン大学・Krausz研より
  2. 高分子界の準結晶
  3. Chemical Science誌 創刊!
  4. ボールドウィン則 Baldwin’s Rule
  5. “結び目”をストッパーに使ったロタキサンの形成
  6. MUKAIYAMA AWARD講演会
  7. アンモニアを室温以下で分解できる触媒について
  8. 「夢・化学-21」 夏休み子ども化学実験ショー
  9. 分析技術ーChemical Times特集より
  10. 光・電子機能性分子材料の自己組織化メカニズムと応用展開【終了】

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

ロータリーエバポレーターの回転方向で分子の右巻き、左巻きを制御! ―生命のホモキラリティーの起源に踏み込む―

第236回のスポットライトリサーチは、東京大学生産技術研究所 石井研究室で博士研究員をされていた、服…

「あの人は仕事ができる」と評判の人がしている3つのこと

仕事を辞めて、転職をしたいと思う動機の一つとして、「今の会社で評価されていない」という理由がある。し…

光で2-AGの量を制御する

ケージド化合物を用いた2-AG量の操作法が初めて開発された。2-AG量を時空間的に操作することができ…

葉緑素だけが集積したナノシート

第235回のスポットライトリサーチは、立命館大学 民秋研究室で博士研究員をされていた、庄司 淳(しょ…

第38回「分子組織化の多様な側面を理解する」Neil Champness教授

長らく更新が止まっていましたが、海外化学者インタビュー再開しました。Nature Chemistry…

排ガス原料のSAFでデリバリーフライトを実施

ANAは日本時間の10月30日、排ガスを原料とするSustainable Aviation Fuel…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP