[スポンサーリンク]


化学書籍レビュー無機化学

  1. フタロシアニン-化学と機能-

    概要フタロシアニン研究の第一人者、小林長夫先生と白井汪芳によって書かれたフタロシアニンの専門書。同様の骨格を有するポルフィリンに比べ、フタロシアニンは研究者人口も少なく、教科書等で勉強するのは、困難であった。「フタロシアニン -化学と機…

  2. ジョン・グッドイナフ John B. Goodenough

    ジョン・バニスタ・グッドイナフ (John Bannister Goodenough、1922年7月…

  3. 北川 進 Susumu Kitagawa

    北川 進(きたがわ すすむ、1951年7月4日-)は、日本の無機化学者である(写真:https://…

  4. Purification of Laboratory Chemicals

    内容本書は化合物の精製法に関するほぼ唯一の成書です。市販の市販有機・無機・生化学化合物を…

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 持続可能な社会を支えるゴム・エラストマー:新素材・自己修復・強靱化と最先端評価技術
  2. 農薬DDTが大好きな蜂
  3. 単一分子の電界発光の機構を解明
  4. 新コース開講! 東大発の無料オンライン英語講座!
  5. ジオキシラン酸化 Oxidation with Dioxirane
  6. 2016年1月の注目化学書籍
  7. 第91回―「短寿命化学種の分光学」Daniel Neumark教授

注目情報

最新記事

アルカロイド骨格を活用した円偏光発光性8の字型分子の開発 ~天然物化学と光材料化学の融合~

第599回のスポットライトリサーチは、東京大学大学院 理学系研究科 化学専攻 天然物化学研究室(大栗…

“見た目はそっくり、中身は違う”C-グリコシド型擬糖鎖/複合糖質を開発

第598回のスポットライトリサーチは、九州大学大学院薬学府(平井研究室)博士後期課程3年の森山 貴博…

触媒化学との「掛け算」によって展開される広範な研究

前回の記事でご紹介したとおり、触媒化学融合研究センター(触媒センター)では「掛け…

【Q&Aシリーズ❸ 技術者・事業担当者向け】 マイクロ波プロセスのスケールアップについて

<内容>※本セミナーは、技術者および事業担当者向けです。今年に入って全3回に…

「産総研・触媒化学融合研究センター」ってどんな研究所?

2013年に産総研内に設立された触媒化学融合研究センターは、「触媒化学」を中心に据えつつ、他分野と「…

PAGE TOP