[スポンサーリンク]

化学書籍レビュー

Purification of Laboratory Chemicals

内容

本書は化合物の精製法に関するほぼ唯一の成書です。市販の市販有機・無機・生化学化合物を精製するための、何千もの文献手法をまとめてあります。

対象

  • 有機・無機・生化学に携わる研究者
  • 実験につかう化合物を精製する機会がたびたびある方

評価・解説

研究室で用いる一般的な化学試薬の精製方法が詳しく載っています。精密で正確な実験を行うためには自前で合成した試薬、もしくは市販試薬を精製して使わなければなりません。その時にこれを参照すれば大抵解決できます。研究室に一冊置いてあると便利。

現在の最新版は第8版(2017)です。

関連リンク

The following two tabs change content below.
cosine

cosine

博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。 関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。 素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. 化学で何がわかるかーあなたの化学、西暦何年レベル?ー
  2. 化学産業を担う人々のための実践的研究開発と企業戦略
  3. 革新的医薬品の科学 薬理・薬物動態・代謝・安全性から合成まで
  4. 生物活性分子のケミカルバイオロジー
  5. 2009年10月人気化学書籍ランキング
  6. できる研究者の論文生産術―どうすれば『たくさん』書けるのか
  7. 英文校正会社が教える 英語論文のミス100
  8. 2009年7月人気化学書籍ランキング

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 高分子と高分子の反応も冷やして加速する
  2. プラスチックに数層の分子配向膜を形成する手法の開発
  3. 第97回日本化学会春季年会 付設展示会ケムステキャンペーン Part II
  4. Wiiで育てる科学の心
  5. カスガマイシン (kasugamycin)
  6. 【速報】2010年ノーベル生理医学賞決定ーケンブリッジ大のエドワード氏
  7. 魅惑の薫り、漂う香り、つんざく臭い
  8. メガネが不要になる目薬「Nanodrops(ナノドロップス)」
  9. 第10回 太陽光エネルギーの効率的変換に挑むー若宮淳志准教授
  10. Nanomaterials: An Introduction to Synthesis, Properties and Applications, 2nd Edition

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

クラウド版オフィススイートを使ってみよう

クラウド版オフィススイートとはOffice onlineやGoogle ドライブなどのことで、ソフト…

NHCが触媒する不斉ヒドロフッ素化

キラルなN–ヘテロ環状カルベン(NHC)を触媒として用いたα,β-不飽和アルデヒドに対する不斉ヒドロ…

ケミカルバイオロジーとバイオケミストリー

突然ですが、質問です。有機化学と無機化学。違いは説明できますか?「生体物質をあつかうものが有…

改正特許法が国会で成立

特許を侵害したと疑われる企業に専門家が立ち入り検査する制度を新設する改正特許法が10日午前の参院本会…

創薬人育成サマースクール2019(関東地区) ~くすりを創る研究の醍醐味を知る!~

動物や臓器に代わる画期的な実験ツールとして注目される生体機能チップ、原薬(API)合成に不可欠なプロ…

最小のシクロデキストリンを組み上げる!

第196回目のスポットライトリサーチは、関西学院大学理工学部化学科(山田研究室)・若森晋之介 助教に…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP