[スポンサーリンク]

化学書籍レビュー

Purification of Laboratory Chemicals

内容

本書は化合物の精製法に関するほぼ唯一の成書です。膨大な数の市販有機・無機・生化学化合物の精製法に関して述べています。一般論に二章を割き、物理的性質と詳細な精製手順も記述してあります。
第五版ではより詳細・新規・汎用性の高いテクニックを追加し、古めいた手法は除外しました。特に近年開発された手法や、イオン化定数(pKa値)、詳細な化合物名なども加筆しています。

対象

有機・無機・生化学に携わる研究者

 

評価・解説

研究室で用いる一般的な化学試薬の精製方法が詳しく載っています。精密で正確な実験を行うためには自前で合成した試薬、もしくは市販試薬を精製して使わなければなりません。その時にこれを参照すれば大抵解決できます。研究室に一冊置いてあると便利。

現在の最新版は第7版(2012)です。

関連リンク

Not Voodoo

The following two tabs change content below.
cosine

cosine

博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。 関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。 素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. アメリカへ博士号をとりにいく―理系大学院留学奮戦記
  2. 入門 レアアースの化学 
  3. English for Writing Research Pap…
  4. できる研究者の論文作成メソッド 書き上げるための実践ポイント
  5. フィンランド理科教科書 化学編
  6. Semiconductor Photocatalysis: Pr…
  7. Heterocyclic Chemistry
  8. 研究者/研究力

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 「田中さん惜しかった」--分解酵素「プロテアソーム」を精製
  2. 環化異性化反応 Cycloisomerization
  3. 多置換ケトンエノラートを立体選択的につくる
  4. 合同資源上瀑工場
  5. 京のX線分析装置、国際標準に  島津製・堀場、EU環境規制で好調
  6. Open Babel を使ってみよう~ケモインフォマティクス入門~
  7. 研究室での英語【Part 3】
  8. “Wisconsin Process”について ~低コスト硝酸合成法の一幕~
  9. 新しい芳香族トリフルオロメチル化試薬
  10. 光照射下に繰り返し運動をおこなう分子集合体

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

リチウムイオン電池の課題のはなし-1

Tshozoです。以前リチウムイオン電池に関するトピックを2つほど紹介した(記事:リチウムイ…

アルコールをアルキル化剤に!ヘテロ芳香環のC-Hアルキル化

2015年、プリンストン大学・D. W. C. MacMillanらは、水素移動触媒(HAT)および…

三種類の分子が自発的に整列した構造をもつ超分子共重合ポリマーの開発

第123回のスポットライトリサーチは、テキサス大学オースティン校博士研究員(Jonathan L. …

超分子化学と機能性材料に関する国際シンポジウム2018

「超分子化学と機能性材料に関する国際シンポジウム2018」CEMS International Sy…

アメリカで Ph. D. を取る –研究室に訪問するの巻–

この連載は、米国の大学院で Ph.D. を取得することを目指す学生が日記感覚で近況を記録するためのも…

光触媒ラジカルカスケードが実現する網羅的天然物合成

四川大学のYong Qinらは、可視光レドックス触媒によって促進される窒素ラジカルカスケード反応によ…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP