[スポンサーリンク]

化学書籍レビュー

Purification of Laboratory Chemicals

内容

本書は化合物の精製法に関するほぼ唯一の成書です。市販の市販有機・無機・生化学化合物を精製するための、何千もの文献手法をまとめてあります。

対象

  • 有機・無機・生化学に携わる研究者
  • 実験につかう化合物を精製する機会がたびたびある方

評価・解説

研究室で用いる一般的な化学試薬の精製方法が詳しく載っています。精密で正確な実験を行うためには自前で合成した試薬、もしくは市販試薬を精製して使わなければなりません。その時にこれを参照すれば大抵解決できます。研究室に一冊置いてあると便利。

現在の最新版は第8版(2017)です。

関連リンク

The following two tabs change content below.
cosine

cosine

博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。 関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。 素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. 化学探偵Mr.キュリー6
  2. 宮沢賢治の元素図鑑
  3. なぜあなたは論文が書けないのか
  4. 生物活性物質の化学―有機合成の考え方を学ぶ
  5. 日本にノーベル賞が来る理由
  6. Greene’s Protective Groups…
  7. 最新 創薬化学 ~探索研究から開発まで~
  8. ウォーレン有機化学

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 網井トリフルオロメチル化 Amii Trifluoromethylation
  2. STAP細胞問題から見えた市民と科学者の乖離ー後編
  3. 三菱ガス化学と日清ファルマ、コエンザイムQ10の合弁事業を開始
  4. イヴァン・フック Ivan Huc
  5. 抗アレルギー薬「アレジオン」の販売、BIに一本化
  6. 基礎から学ぶ機器分析化学
  7. 抗体-薬物複合体 Antibody-Drug Conjugate
  8. フィルム製造プロセスのスキルアップ【終了】
  9. 高専の化学科ってどんなところ? -その 2-
  10. 第三回 ナノレベルのものづくり研究 – James Tour教授

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

二重可変領域抗体 Dual Variable Domain Immunoglobulin

抗体医薬はリウマチやガンなどの難治性疾患治療に有効であり、現在までに活発に開発が進められてきた。…

サイエンスイングリッシュキャンプin東京工科大学

産業のグローバル化が進み、エンジニアにも国際的なセンスや語学力が求められているなか、東京工科大学(東…

特定の場所の遺伝子を活性化できる新しい分子の開発

ついにスポットライトリサーチも150回。第150回目は理化学研究所 博士研究員の谷口 純一 (たにぐ…

出光・昭和シェル、統合を発表

石油元売り2位の出光興産と4位の昭和シェル石油は10日、2019年4月に経営統合すると正式に発表した…

天然物の全合成研究ーChemical Times特集より

関東化学が発行する化学情報誌「ケミカルタイムズ」。年4回発行のこの無料雑誌の紹介をしています。…

「アジア発メジャー」狙う大陽日酸、欧州市場に参入

大陽日酸は北米に次ぐ成長が見込める欧州市場に参入を果たす。同業の米プラクスエアが欧州で展開する産業ガ…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP