[スポンサーリンク]

化学書籍レビュー

Purification of Laboratory Chemicals

内容

本書は化合物の精製法に関するほぼ唯一の成書です。膨大な数の市販有機・無機・生化学化合物の精製法に関して述べています。一般論に二章を割き、物理的性質と詳細な精製手順も記述してあります。
第五版ではより詳細・新規・汎用性の高いテクニックを追加し、古めいた手法は除外しました。特に近年開発された手法や、イオン化定数(pKa値)、詳細な化合物名なども加筆しています。

対象

有機・無機・生化学に携わる研究者

 

評価・解説

研究室で用いる一般的な化学試薬の精製方法が詳しく載っています。精密で正確な実験を行うためには自前で合成した試薬、もしくは市販試薬を精製して使わなければなりません。その時にこれを参照すれば大抵解決できます。研究室に一冊置いてあると便利。

現在の最新版は第7版(2012)です。

関連リンク

Not Voodoo

The following two tabs change content below.
cosine

cosine

博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。 関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。 素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. ChemSketchで書く簡単化学レポート
  2. 一流ジャーナルから学ぶ科学英語論文の書き方
  3. シュライバー・アトキンス 無機化学 (上)・(下) 第 6 版
  4. 理系のためのフリーソフト Ver2.0
  5. 大村智 ー2億人を病魔から守った化学者
  6. できる研究者の論文作成メソッド 書き上げるための実践ポイント
  7. 英文校正会社が教える 英語論文のミス100
  8. Classics in Total Synthesis

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 創薬開発で使用される偏った有機反応
  2. 【速報】ノーベル化学賞2013は「分子動力学シミュレーション」に!
  3. Glenn Gould と錠剤群
  4. FT-IR(赤外分光法)の基礎と高分子材料分析の実際【終了】
  5. 化学探偵Mr.キュリー6
  6. ケムステイブニングミキサー2016を終えて
  7. 2005年3月分の気になる化学関連ニュース投票結果
  8. 製薬各社の被災状況
  9. 化学の歴史
  10. ギース ラジカル付加 Giese Radical Addition

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

シクロペンタジエニル錯体の合成に一筋の光か?

β-炭素脱離を用いるシクロペンタジエニル(Cp)錯体の新たな調製法が報告された。本法により反応系中で…

ルミノール誘導体を用いるチロシン選択的タンパク質修飾法

2015年、東京工業大学・中村浩之らは、ルミノール誘導体と鉄-ポルフィリン複合体(ヘミン)を用い、チ…

酵素触媒によるアルケンのアンチマルコフニコフ酸化

酵素は、基質と複数点で相互作用することにより、化学反応を厳密にコントロールしています。通常のフラ…

イオンの出入りを制御するキャップ付き分子容器の開発

第124回のスポットライトリサーチは、金沢大学 理工研究域物質化学系錯体化学研究分野(錯体化学・超分…

リチウムイオン電池の課題のはなし-1

Tshozoです。以前リチウムイオン電池に関するトピックを2つほど紹介した(記事:リチウムイ…

アルコールをアルキル化剤に!ヘテロ芳香環のC-Hアルキル化

2015年、プリンストン大学・D. W. C. MacMillanらは、水素移動触媒(HAT)および…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP