[スポンサーリンク]

化学書籍レビュー

Purification of Laboratory Chemicals

内容

本書は化合物の精製法に関するほぼ唯一の成書です。市販の市販有機・無機・生化学化合物を精製するための、何千もの文献手法をまとめてあります。

対象

  • 有機・無機・生化学に携わる研究者
  • 実験につかう化合物を精製する機会がたびたびある方

評価・解説

研究室で用いる一般的な化学試薬の精製方法が詳しく載っています。精密で正確な実験を行うためには自前で合成した試薬、もしくは市販試薬を精製して使わなければなりません。その時にこれを参照すれば大抵解決できます。研究室に一冊置いてあると便利。

現在の最新版は第8版(2017)です。

関連リンク

The following two tabs change content below.
cosine

cosine

博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。 関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。 素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. Handbook of Reagents for Organic…
  2. Guide to Fluorine NMR for Organi…
  3. Dead Ends And Detours: Direct Wa…
  4. 宮沢賢治の元素図鑑
  5. なぜあなたの研究は進まないのか?
  6. はじめての研究生活マニュアル
  7. 有機化合物のスペクトルによる同定法―MS,IR,NMRの併用 (…
  8. ChemSketchで書く簡単化学レポート

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. イトムカ鉱山
  2. 世界の化学企業いくつ知っていますか?
  3. 北川 進 Susumu Kitagawa
  4. ユニバーサル・フェーズセパレーター発売
  5. 位置選択性の制御が可能なスチレンのヒドロアリール化
  6. 生物発光のスイッチ制御でイメージング
  7. 2017年10大化学ニュース
  8. 光化学スモッグ注意報が発令されました
  9. マーティンスルフラン Martin’s Sulfurane
  10. 非天然アミノ酸触媒による立体選択的環形成反応

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

蛍光標識で定性的・定量的な解析を可能に:Dansyl-GSH

反応性代謝物の存在を調べたい。代謝化学の実験をしていれば、ほとんどの人がそう思うのではないでしょうか…

アメリカで医者にかかる

アメリカの大学院に進学する際、とても悩んだのが、医療保険についてです。アメリカでは医療費がとても高い…

MOF 結晶表面の敏感な応答をリアルタイム観察

第178回のスポットライトリサーチは、東京大学の細野暢彦講師にお願いしました。細野先生は高分…

有機合成化学協会誌2019年2月号:触媒的脱水素化・官能性第三級アルキル基導入・コンプラナジン・アライン化学・糖鎖クラスター・サリチルアルデヒド型イネいもち病菌毒素

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2019年2月号がオンライン公開されました。今…

化学の学びと研究に役立つiPhone/iPad app 9選

筆者の最近では、ちょっとした計算や反応機構を描くツールとしてipadアプリ"GoodNotes"を使…

熱分析 Thermal analysis

熱分析 (Thermal analysis)とは、熱に関する物質の物性を調べる方法である。構造に関す…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP