[スポンサーリンク]

化学書籍レビュー

Purification of Laboratory Chemicals

内容

本書は化合物の精製法に関するほぼ唯一の成書です。膨大な数の市販有機・無機・生化学化合物の精製法に関して述べています。一般論に二章を割き、物理的性質と詳細な精製手順も記述してあります。
第五版ではより詳細・新規・汎用性の高いテクニックを追加し、古めいた手法は除外しました。特に近年開発された手法や、イオン化定数(pKa値)、詳細な化合物名なども加筆しています。

対象

有機・無機・生化学に携わる研究者

 

評価・解説

研究室で用いる一般的な化学試薬の精製方法が詳しく載っています。精密で正確な実験を行うためには自前で合成した試薬、もしくは市販試薬を精製して使わなければなりません。その時にこれを参照すれば大抵解決できます。研究室に一冊置いてあると便利。

現在の最新版は第7版(2012)です。

関連リンク

Not Voodoo

The following two tabs change content below.
cosine

cosine

博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。 関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。 素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. クロスカップリング反応関連書籍
  2. 教養としての化学入門: 未来の課題を解決するために
  3. Greene’s Protective Groups…
  4. 液クロ虎の巻シリーズ
  5. レア RARE 希少金属の知っておきたい16話
  6. Illustrated Guide to Home Chemis…
  7. 大学院講義 有機化学
  8. 医薬品の合成戦略ー医薬品中間体から原薬まで

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 分子レベルでお互いを見分けるゲル
  2. ブヘラ・ベルクス反応 Bucherer-Bergs reaction
  3. 有機反応を俯瞰する ー挿入的 [1,2] 転位
  4. ハートウィグ ヒドロアミノ化反応 Hartwig Hydroamination
  5. V字型分子が実現した固体状態の優れた光物性
  6. ゲラニオール
  7. ご長寿化学者の記録を調べてみた
  8. ケムステイブニングミキサー2018へ参加しよう!
  9. ミッドランド還元 Midland Reduction
  10. 兵庫で3人が農薬中毒 中国産ギョーザ食べる

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

天然有機化合物の全合成:独創的なものづくりの反応と戦略

概要生物活性天然有機化合物(天然物)は生命の40億年にわたる進化によって選択された高機能分子…

細菌を取り巻く生体ポリマーの意外な化学修飾

地球上に最もたくさんある有機化合物は何でしょう?それは、野菜や果物、紙、Tシャツ、木材、etc…身の…

有機分子触媒ーChemical Times特集より

関東化学が発行する化学情報誌「ケミカルタイムズ」。年4回発行のこの無料雑誌の紹介をしています。…

研究職の転職で求められる「面白い人材」

ある外資系機器メーカーのフィールドサービス職のポジションに対して候補者をご推薦しました。その時のエピ…

「不斉有機触媒の未踏課題に挑戦する」—マックス・プランク石炭化学研究所・List研より

「ケムステ海外研究記」の第18回目は、マックス・プランク石炭化学研究所(Benjamin List研…

ジムロート転位 (ANRORC 型) Dimroth Rearrangement via An ANRORC Mechanism

ポリアザインドリジンやピリミジンは、求核触媒の作用を受け 6 員環内の窒素原子と 6 員環に結合した…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP