[スポンサーリンク]


世界の化学者データベース物理有機化学

  1. トーマス・トーレス Tomas Torres

    トーマス・トーレス Tomas Torres(1951年9月21日—)、スペイン出身の化学者Autonoma University of Madrid(UAM)大学教授、IMDEA-Nanoscience Associate…

  2. スチュアート・ライス Stuart A. Rice

    スチュアート・アラン・ライス (Stuart Alan Rice、1932年1月6日…

  3. 福住 俊一 Shunichi Fukuzumi

    福住俊一 (ふくずみ しゅんいち、1950年1月18日(名古屋生まれ)-)は、日本の物理化学者である…

  4. 岩村 秀 Hiizu Iwamura

    岩村 秀 (いわむら ひいず、1934年12月17日-)は、日本の有機化学者である。分子科学研究所名…

  5. ジャクリン・バートン Jacqueline K. Barton

    ジャクリン・K・バートン (Jacqueline K. Barton、1952年5月7日-)は、アメ…

  6. ジョージ・ホワイトサイズ George M. Whitesides

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 指向性進化法 Directed Evolution
  2. 熊田・玉尾・コリューカップリング Kumada-Tamao-Corriu Cross Coupling
  3. エチオ・リザード Ezio Rizzardo
  4. ミヤコシンA (miyakosyne A)
  5. 薄層クロマトグラフィ / thin-layer chromatography (TLC)
  6. コランヌレン : Corannulene
  7. 今年はキログラムに注目だ!

注目情報

最新記事

塩基と酸でヘテロ環サイズを”調節する”

塩基と酸を作用させるだけで環サイズを調節できるユニークな中員環合成手法が報告された。塩基による環拡大…

「人工金属酵素によるSystems Catalysisと細胞内触媒反応」University of Basel, T. R. Ward研より

海外留学記第23回目は、前回22回目の研究記を掲載させていただいた小嶋良輔さんからの紹介で、Base…

太陽ホールディングスインターシップ

経営理念に共感し、自ら考え行動できる自律した人材と働きたい私たちは、楽しい社会を実現するという経…

抽出精製型AJIPHASE法の開発

2017年、味の素社の高橋大輔らは、ペプチド液相合成法であるAJIPHASE法にさらなる改良を加え、…

【太陽HD】”世界一の技術”アルカリ現像型ソルダーレジストの開発

ソルダーレジストは、プリント配線板や半導体パッケージ用基板の表層部分に使用されはんだ付け作業時、不要…

PAGE TOP