[スポンサーリンク]

一般的な話題

Illustrated Guide to Home Chemistry Experiments

[スポンサーリンク]

 Illustrated Guide to Home Chemistry Experiments: All Lab, No Lecture (図解・家庭でできる化学実験)という書籍があります。

これは、コンピュータ系出版社として名高いオライリー社から2008年に出版された、化学実験手引書です

「なぜコンピュータ出版社が化学実験の本を?」と、疑問に思われる方、いらっしゃるかも知れません。

 

実はこれ、季刊誌“MAKE”から派生してきた書籍なのです。

2005年に創刊された”MAKE”は、「自分で手作りしつつ理解する楽しみを、DIY・電子工作・サイエンス・アート分野でも味わってもらおう」というコンセプトの雑誌です。日本でいうところの「大人の科学」シリーズみたいなものですね。

 

「Illustrated~」は”MAKE”の思想がベースにあるため、本格的な化学実験をDo It Yourself取り組んでみたい人 (学生はもちろん、化学実験を趣味的にやってみたい大人も含む)が対象読者とされています。つまり、研究者向けの実験手引書ではなく、一般人に化学をもっと知ってもらう目的で書かれた本のひとつです。

 

Slashdot.jpの記事にまとめられていた概要をご紹介します。

 この本の著者は、一般市場向けの化学実験用品が減り、科学教育の質も低下している現状に一石投じるべくこの本をまとめるに至ったとのことで、掲載されている実験は銅の精錬やアルコールの精製、レーヨンの合成から、潜在指紋の採り方や血液の検知法など多岐に渡ります。

WIREDのレビューによると、序盤は研究室ノートの作り方、安全、器材や材料の揃え方などにしっかりとページを割き、安全かつ正しく実験が行えるように計測・ろ過・分離などの実験技術について書かれた章が続き、その後やっと各実験に関する章に入るとのこと。また、この本を書くにあたって著者は自身及び実験者の安全や法的責任を守るため、爆発物や塩酸メタンフェタミン(覚醒剤)の精製など、違法にあたる内容が入らないよう細心の注意を払ったそうです。

著者のRobert  Bruce Thompsonは、12歳の頃から自宅地下室に実験室をもち、様々な化学実験を行う子供時代を過ごしてきました。また大学でも化学を専攻していました。しかし、そういう原体験を経てきた彼にとっては、

 

『現代の子供向け化学キットは”火・ガラス・化学薬品”を必要としないことを誇らしげにしており、”牙を抜かれた”ように魅力がなくなっている。”化学”はそれ自体魅力たっぷりなもので、子供達にとっては魔法そのものにしか見えないのだが、その魅力を伝える力を持つアイテムが、あまりに少ない』

―という失望を抱くに十分な現状だったらしく、これが「Illustrated~」を執筆するモチベーションとなったのだそうです。

 筆者もこの話に興味を持って本書を購入し、ざっと目を通してみました。
“Home Chemistry Experiments”と銘打ってはいますが、洗面器やコップなどではなく、ビーカー・フラスコ・メスシリンダーなどの、ちゃんとした実験器具の使用を前提しています。このため相当に本格的なつくりとなっています。しかし化学のレベルは中高生でも理解可能な範疇であり、また手に入りやすい薬品で実施可能な実験を厳選してもいます。理論的背景・実験手順・安全面での注意・考察事項なども含めてかなり詳しい記述があり、その分量はなんと400ページ以上にわたります。まさに圧巻の内容です。

 科学クラブや理科実験の教材としては、この上なく優れた書籍のひとつでしょう。他に類を見ない良書であるのは間違いありませんが、唯一の難点は英語で書かれていること。日本人にとってやはり敷居の高い書物と言わざるを得ません。広く普及させるには、和訳版の発行こそが必要不可欠となるでしょう。 しかし発行から一年以上がたつ現在においても、和訳版が発行される気配がありません。おそらくは日米の化学物質規制の違いのために、本書の思想を損なわず翻訳するのが難しい、という現実があるのかもしれません。その辺りをどうやって処理するか―これこそが訳者と編集者の腕の見せ所といえるでしょう。

 世界的に見ても”化学”のイメージは良くないようで、日本でも理科離れの進行が嘆かれている現状です。そのような中、本書のような書物が出版されてくるというのは一つの朗報ではないでしょうか。今後もこのような意欲的試みが現れて来ることを願ってやみません。

【2010.9.12 加筆修正】

関連書籍

 

関連リンク

cosine

cosine

投稿者の記事一覧

博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。
関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。
素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. アノードカップリングにより完遂したテバインの不斉全合成
  2. 理論的手法を用いた結晶内における三重項エネルギーの流れの観測
  3. 研究者のためのCG作成術③(設定編)
  4. 【チャンスは春だけ】フランスの博士課程に応募しよう!【給与付き】…
  5. 2つのアシロイン縮合
  6. アルミニウム工業の黎明期の話 -Héroultと水力発電-
  7. 【大阪開催2月26日】 「化学系学生のための企業研究セミナー」
  8. 有機合成化学協会誌2018年9月号:キラルバナジウム触媒・ナフタ…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. フリーデル・クラフツ アシル化 Friedel-Crafts Acylation
  2. 不均一系接触水素化 Heterogeneous Hydrogenation
  3. 米国へ講演旅行へ行ってきました:Part III
  4. シャピロ反応 Shapiro Reaction
  5. ペプチドの革新的合成
  6. 大阪近海のアサリから麻痺性貝毒が検出される
  7. 配位子だけじゃない!触媒になるホスフィン
  8. アメリカ大学院留学:博士候補生になるための関門 Candidacy
  9. で、その研究はなんの役に立つの?
  10. セントラル硝子、工程ノウハウも発明報奨制度対象に

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

注目情報

注目情報

最新記事

化学者のためのエレクトロニクス入門③ ~半導体業界で活躍する化学メーカー編~

bergです。化学者のためのエレクトロニクス入門のシリーズも3回目を迎えました。前回は電子回路を大き…

第101回―「高分子ナノ構造の精密合成」Rachel O’Reilly教授

第101回の海外化学者インタビューは、レイチェル・オライリー教授です。ケンブリッジ大学化学科に所属(…

大学院生になっても宿題に追われるってどないなんだが?【アメリカでPh.D.を取る–コースワークの巻–】

アメリカでの PhD 課程の1年目には、多くの大学院の場合, 研究だけでなく、講義の受講やTAの義務…

島津製作所 創業記念資料館

島津製作所の創業から現在に至るまでの歴史を示す資料館で、数々の発明品が展示されている。第10回化学遺…

研究テーマ変更奮闘記 – PhD留学(後編)

前回の記事では、私がPhD留学を始めた際のテーマ決めの流れや、その後テーマ変更を考え始めてからの教授…

ジョン・ケンドリュー John C. Kendrew

ジョン・コウデリー・ケンドリュー(John Cowdery Kendrew、1917年3月24日-1…

食品添加物はなぜ嫌われるのか: 食品情報を「正しく」読み解くリテラシー

(さらに…)…

第100回―「超分子包接による化学センシング」Yun-Bao Jiang教授

第100回の海外化学者インタビューは、Yun-Bao Jiang教授です。厦門大学化学科に所属し、電…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP