[スポンサーリンク]

海外化学者インタビュー

第48回―「周期表の歴史と哲学」Eric Scerri博士

[スポンサーリンク]

第48回の海外化学者インタビューは、エリック・セリー博士です。英国で教育を受け、カリフォルニア大学ロサンゼルス校(UCLA)の化学・生化学科で長年講師を務めています。大規模な一般化学クラスの他に、科学史と哲学のコースも教えています。化学の歴史哲学および化学教育を扱う書籍も多く出版しています。『Foundations of Chemistry』という学術誌の創設者兼編集者でもあり、『The Periodic Table: Its Story and Its Significance』(オックスフォード大学出版局、2007)というベストセラーも執筆しています。それではインタビューをどうぞ。

Q. あなたが化学者になった理由は?

高校で初めて化学に興味を持ちました。クラスの後ろでふざけていたら、デイビス夫人に前に座らせられました。こんな感じで講義を聴講せざるをえなくなったのですが、化学はかなり論理的でエレガントであることに気付きました。種々のイオン原子価と塩の基本的な命名法を勉強しました。大学に進学した当初は、化学と物理学を一緒に勉強したかったのですが、すぐ化学を選択しました。しかし、化学とはいえより物理的・理論的な側面に常に惹かれていました。私にとって化学とは、視覚化のしやすさ、抽象的思考、数学のちょうどいい組み合わせを有するものです。

Q. もし化学者でなかったら、何になりたいですか?またその理由は?

これは簡単な質問です!音楽バンドと一緒に世界を旅するブルース・ギタリストになるでしょう。ロンドンの高校時代から音楽を演奏しています。ロンドンは60年代後半~70年代前半にブルースのリバイバルが行われた場所でもあります。BBキング、エリック・クラプトン、フレディー・キング、ピーター・グリーン、アルバート・コリンズ・・・その他多くの偉人たちをまねして演奏を覚えました。いずれにしても、さまざまなグループで演奏し、公でパフォーマンスしたことは、昨今UCLAで350人の学生相手に一般化学を教えることに役だっています。こういったことをしたことのある人なら誰でも、クラスを面白くするには 「パフォーマンス」 が強力な秘訣になることに同意してくれるでしょう。

Q. 概して化学者はどのように世界に貢献する事ができますか?

私は化学史と化学哲学、そして化学そのものについての執筆を専門としているので、この問いかけに最適ではないでしょう。しかし、私自身の専門的観点からは、自分たち・他の化学者の仕事について一般人に説明できるよう、作文やコミュニケーションのスキルを磨くことが化学者にとって不可欠だと思います。たとえばダーウィンの理論のように、化学と科学全般に対する懸念の多くは、実際の問題に対する理解の欠如から生じているように思われます。

Q.あなたがもし歴史上の人物と夕食を共にすることができたら誰と?またその理由は?

周期系の発見に最も深く関わっている、ドミトリ・メンデレーエフがいいでしょう。科学の中心的象徴とも言うべき周期表の歴史と哲学的意義について考え、研究し、執筆することに多くの時間を費やしてきたからでもあります。喜ばしいことにごく最近、周期律についての決定版とも呼ぶべき書籍を出版できました。10章のうち2つの章でメンデレーエフだけを取り上げています。主な論点は、化学と物理学の関係についてです。例えば、量子力学がどの程度まで化学の周期律を説明しているのか、ロシアでは未だにメンデレーエフの周期律と呼ばれているのかなどです。

Q. あなたが最後に研究室で実験を行ったのはいつですか?また、その内容は?

大規模な一般化学の講義で、定期的にデモンストレーションを行っています。学生たちはそれを高く評価してくれているようです。現代の一般化学コースで化学を学ぶ学生たちにとって、数学的抽象概念を地に足の付いたものにするのに役立っていると思います。本格的な実験は、ロンドンでのユウロピウム化合物の合成でした。何週間にもわたって間違った着手をしたり、ガラス吹きを使う無駄な迂回をした後、ついにサンプルを手に入れましたが、建物を出る途中で床に落としてしまいました。そのとき、自分の強みは化学を実践することではなく、化学について考えたり書いたりすることだと痛感しました。

Q.もしあなたが砂漠の島に取り残されたら、どんな本や音楽が必要ですか?1つだけ答えてください。

簡単なので、まずCDについてお話しします。私なら「Fleetwood Mac’s Live in Chicago」にします。これは70年代初期に録音されたもので、ピーター・グリーンの絶妙なエレキギター演奏が特徴です。「Wach Out」という第1巻の冒頭曲を聴くと、私の言いたいことがわかるはずです。バックアップとしては、クラプトン、ブルース、ベイカーによる、魔法じみた即興演奏が収録された 「Live Cream」の CDをもっていかねばなりません。

本については、少しズルしているかもしれませんが、「Encyclopedia Britannica」全巻を持って行けないか尋ねてもいいでしょうか。新しいことを学び、全く新しい分野の知識を発見するのが大好きなのです。しかし、仮に1冊だけという縛りが強いのであれば、強いて言うなら、CondonとShortleyの原子分光学に関する書籍か、Atkinsの物理化学に関する書籍になると思います。

原文:Reactions – Eric Scerii

※このインタビューは2008年1月18日に公開されました。

cosine

cosine

投稿者の記事一覧

博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。
関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。
素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. 第107回―「ソフトマター表面の物理化学」Jacob Klein…
  2. 第30回「化学研究の成果とワクワク感を子供たちにも伝えたい」 玉…
  3. 第94回―「化学ジャーナルの編集長として」Hilary Cric…
  4. 第121回―「亜鉛勾配を検出する蛍光分子の開発」Lei Zhu教…
  5. 第13回 次世代につながる新たな「知」を創造するー相田卓三教授
  6. 第20回 超分子から高分子へアプローチする ― Stuart R…
  7. 第13回 化学を楽しみ、創薬に挑み続ける ―Derek Lowe…
  8. 第33回「セレンディピティを計画的に創出する」合田圭介 教授

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 持続可能性社会を拓くバイオミメティクス
  2. アメリカで Ph.D. を取る –奨学金を申請するの巻–
  3. 再生医療ーChemical Times特集より
  4. 科学とは「未知への挑戦」–2019年度ロレアル-ユネスコ女性科学者日本奨励賞
  5. 高分子鎖デザインがもたらすポリマーサイエンスの再創造 進化する高分子材料 表面・界面制御アドバンスト コース
  6. 大型リチウムイオン電池及び関連商品・構成材料の開発【終了】
  7. 特許にまつわる初歩的なあれこれ その1
  8. ウレエートを強塩基性官能基として利用したキラルブレンステッド塩基触媒の創製
  9. アニリン版クメン法
  10. ベンザイン Benzyne

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

注目情報

注目情報

最新記事

溶液を流すだけで誰でも簡単に高分子を合成できるリサイクル可能な不均一系ラジカル発生剤の開発

第 295 回のスポットライトリサーチは東京大学豊田研究室の博士課程 1 年 岡美奈実さんと修士課程…

Carl Boschの人生 その9

Tshozoです。書いてると色々膨らんで収集がつかなくなりますね。ということで前回の続き。W…

創薬・医療系ベンチャー支援プログラム”BlockbusterTOKYO” ビジネスプラン発表会を開催!

東京都が主催し、Beyond Next Ventures株式会社が運営するBlockbuster T…

酸化反応を駆使した(-)-deoxoapodineの世界最短合成

第294回のスポットライトリサーチは、吉田慶 博士にお願いしました。今回取り上げる研究は有機…

特許取得のための手続き

bergです。本記事では特許出願に必要な手続きについてかいつまんでご紹介します。皆さんの研究もひょっ…

「ソーシャルメディアを活用したスタートアップの価値向上」 BlockbusterTOKYO 2020 第9回 研修プログラムを実施!

Blockbuster TOKYOは東京都が主催し、Beyond Next Ventures株式会社…

カルボカチオンの華麗なリレー:ブラシラン類の新たな生合成経路

反応経路の自動探索によりセスキテルペンのトリコブラシレノールの新たな全生合成経路が提唱された。ト…

特許の効力と侵害

bergです。今回は知的財産権の代表格である特許権について、その効力と侵害された/侵害してしまったと…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP