[スポンサーリンク]

海外化学者インタビュー

第48回―「周期表の歴史と哲学」Eric Scerri博士

[スポンサーリンク]

第48回の海外化学者インタビューは、エリック・セリー博士です。英国で教育を受け、カリフォルニア大学ロサンゼルス校(UCLA)の化学・生化学科で長年講師を務めています。大規模な一般化学クラスの他に、科学史と哲学のコースも教えています。化学の歴史哲学および化学教育を扱う書籍も多く出版しています。『Foundations of Chemistry』という学術誌の創設者兼編集者でもあり、『The Periodic Table: Its Story and Its Significance』(オックスフォード大学出版局、2007)というベストセラーも執筆しています。それではインタビューをどうぞ。

Q. あなたが化学者になった理由は?

高校で初めて化学に興味を持ちました。クラスの後ろでふざけていたら、デイビス夫人に前に座らせられました。こんな感じで講義を聴講せざるをえなくなったのですが、化学はかなり論理的でエレガントであることに気付きました。種々のイオン原子価と塩の基本的な命名法を勉強しました。大学に進学した当初は、化学と物理学を一緒に勉強したかったのですが、すぐ化学を選択しました。しかし、化学とはいえより物理的・理論的な側面に常に惹かれていました。私にとって化学とは、視覚化のしやすさ、抽象的思考、数学のちょうどいい組み合わせを有するものです。

Q. もし化学者でなかったら、何になりたいですか?またその理由は?

これは簡単な質問です!音楽バンドと一緒に世界を旅するブルース・ギタリストになるでしょう。ロンドンの高校時代から音楽を演奏しています。ロンドンは60年代後半~70年代前半にブルースのリバイバルが行われた場所でもあります。BBキング、エリック・クラプトン、フレディー・キング、ピーター・グリーン、アルバート・コリンズ・・・その他多くの偉人たちをまねして演奏を覚えました。いずれにしても、さまざまなグループで演奏し、公でパフォーマンスしたことは、昨今UCLAで350人の学生相手に一般化学を教えることに役だっています。こういったことをしたことのある人なら誰でも、クラスを面白くするには 「パフォーマンス」 が強力な秘訣になることに同意してくれるでしょう。

Q. 概して化学者はどのように世界に貢献する事ができますか?

私は化学史と化学哲学、そして化学そのものについての執筆を専門としているので、この問いかけに最適ではないでしょう。しかし、私自身の専門的観点からは、自分たち・他の化学者の仕事について一般人に説明できるよう、作文やコミュニケーションのスキルを磨くことが化学者にとって不可欠だと思います。たとえばダーウィンの理論のように、化学と科学全般に対する懸念の多くは、実際の問題に対する理解の欠如から生じているように思われます。

Q.あなたがもし歴史上の人物と夕食を共にすることができたら誰と?またその理由は?

周期系の発見に最も深く関わっている、ドミトリ・メンデレーエフがいいでしょう。科学の中心的象徴とも言うべき周期表の歴史と哲学的意義について考え、研究し、執筆することに多くの時間を費やしてきたからでもあります。喜ばしいことにごく最近、周期律についての決定版とも呼ぶべき書籍を出版できました。10章のうち2つの章でメンデレーエフだけを取り上げています。主な論点は、化学と物理学の関係についてです。例えば、量子力学がどの程度まで化学の周期律を説明しているのか、ロシアでは未だにメンデレーエフの周期律と呼ばれているのかなどです。

Q. あなたが最後に研究室で実験を行ったのはいつですか?また、その内容は?

大規模な一般化学の講義で、定期的にデモンストレーションを行っています。学生たちはそれを高く評価してくれているようです。現代の一般化学コースで化学を学ぶ学生たちにとって、数学的抽象概念を地に足の付いたものにするのに役立っていると思います。本格的な実験は、ロンドンでのユウロピウム化合物の合成でした。何週間にもわたって間違った着手をしたり、ガラス吹きを使う無駄な迂回をした後、ついにサンプルを手に入れましたが、建物を出る途中で床に落としてしまいました。そのとき、自分の強みは化学を実践することではなく、化学について考えたり書いたりすることだと痛感しました。

Q.もしあなたが砂漠の島に取り残されたら、どんな本や音楽が必要ですか?1つだけ答えてください。

簡単なので、まずCDについてお話しします。私なら「Fleetwood Mac’s Live in Chicago」にします。これは70年代初期に録音されたもので、ピーター・グリーンの絶妙なエレキギター演奏が特徴です。「Wach Out」という第1巻の冒頭曲を聴くと、私の言いたいことがわかるはずです。バックアップとしては、クラプトン、ブルース、ベイカーによる、魔法じみた即興演奏が収録された 「Live Cream」の CDをもっていかねばなりません。

本については、少しズルしているかもしれませんが、「Encyclopedia Britannica」全巻を持って行けないか尋ねてもいいでしょうか。新しいことを学び、全く新しい分野の知識を発見するのが大好きなのです。しかし、仮に1冊だけという縛りが強いのであれば、強いて言うなら、CondonとShortleyの原子分光学に関する書籍か、Atkinsの物理化学に関する書籍になると思います。

原文:Reactions – Eric Scerii

※このインタビューは2008年1月18日に公開されました。

cosine

cosine

投稿者の記事一覧

博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。
関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。
素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. 第10回 ナノ構造/超分子を操る Jonathan Steed教…
  2. 第34回 生物学と合成化学のハイブリッド高分子材料を開発する―J…
  3. 第101回―「高分子ナノ構造の精密合成」Rachel O’Rei…
  4. 第79回―「高分子材料と流体の理論モデリング」Anna Bala…
  5. 第40回「分子エレクトロニクスの新たなプラットフォームを目指して…
  6. 第五回 超分子デバイスの開発 – J. Fraser…
  7. 第44回―「N-ヘテロ環状カルベン錯体を用いる均一系触媒開発」S…
  8. 第八回 自己集合ペプチドシステム開発 -Shuguang Zha…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. サイエンスアゴラ2014総括
  2. 炭素原子のまわりにベンゼン環をはためかせる
  3. 三菱ウェルと田辺合併 後発薬に新規参入
  4. 地域の光る化学企業たち-1
  5. インドール一覧
  6. タミフルの新規合成法・その2
  7. ハンスディーカー反応 Hunsdiecker Reaction
  8. やっぱりリンが好き
  9. UV-Visスペクトルの楽しみ方
  10. シンポジウム:ノーベル化学賞受賞の米教授招く--東北大、来月12日

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

注目情報

注目情報

最新記事

アズワンが第一回ケムステVプレミアレクチャーに協賛しました

さて先日お知らせいたしましたが、ケムステVプレミアクチャーという新しい動画配信コンテンツをはじめます…

化学者のためのエレクトロニクス講座~代表的な半導体素子編

このシリーズでは、化学者のためのエレクトロニクス講座では半導体やその配線技術、フォトレジストやOLE…

第121回―「亜鉛勾配を検出する蛍光分子の開発」Lei Zhu教授

第121回の海外化学者インタビューは、Lei Zhu教授です。フロリダ州立大学 化学・生化学科で、亜…

高知市で「化学界の権威」を紹介する展示が開催中

明治から昭和にかけて“化学界の権威”として活躍した高知出身の化学者=近重真澄を紹介する展示が高知市で…

ケムステバーチャルプレミアレクチャーの放送開始決定!

主に最先端化学に関する講演者をテーマ別で招待しオンライン講演を行っていただくケムステバーチャルシンポ…

分子運動を世界最高速ムービーで捉える!

第275回のスポットライトリサーチは、東京大学大学院理学系研究科化学専攻 博士課程・清水俊樹 さんに…

「未来博士3分間コンペティション2020」の挑戦者を募集

科学技術人材育成のコンソーシアムの構築事業(次世代研究者育成プログラム)「未来を拓く地方協奏プラ…

イグノーベル賞2020が発表 ただし化学賞は無し!

「人々を笑わせ、そして考えさせてくれる業績」に対して贈られるノーベル賞のパロディである「イグノーベル…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP