[スポンサーリンク]


アルツハイマー

  1. 血液―脳関門透過抗体 BBB-penetrating Antibody

    ある種のリコンビナント抗体は血液-脳関門を透過する能力を持つことが知られている。近年、中枢神経系疾患の抗体医薬としての応用が検討されつつある(画像:Nature.com)。 (さらに…)…

  2. クルクミン /curcumin

    クルクミン(curcumin)は、ウコン(ターメリック Curcuma longa)に含まれるポリフ…

  3. カレーの成分、アルツハイマー病に効く可能性=米研究

    米研究者が16日、カレーに含まる成分が、脳の働きを阻害しアルツハイマー病を特徴付けるタンパ…

  4. 医薬各社、アルツハイマー病薬の開発進まず

     米系ヤンセンファーマ(東京・千代田)など医薬各社のアルツハイマー型認知症治療薬の製品化計画…

  5. アルツハイマー病・ワクチン開発相次ぐ、副作用回避へ知恵絞る

    アルツハイマー病の治療用ワクチンの研究開発が進展してきた。課題だったワクチンの副作用を回避できる手掛…

スポンサー

ピックアップ記事

  1. ゾイジーンが設計した化合物をベースに新薬開発へ
  2. とある水銀化合物のはなし チメロサールとは
  3. 第四回 分子エレクトロニクスへの展開 – AP de Silva教授
  4. トリフルオロ酢酸パラジウム(II) : Palladium(II) Trifluoroacetate
  5. クリック反応の反応機構が覆される
  6. 京大融合研、産学連携で有機発光トランジスタを開発
  7. 第128回―「二核錯体を用いる触媒反応の開発」George Stanley教授

注目情報

最新記事

非古典的カルボカチオンを手懐ける

キラルなブレンステッド酸触媒による非古典的カルボカチオンのエナンチオ選択的反応が開発された。低分子触…

CEMS Topical Meeting Online 機能性材料の励起状態化学

1月28日に毎年行われている理研の無料シンポジウムが開催されるようです。事前参加登録が必要なので興味…

カルボン酸に気をつけろ! グルクロン酸抱合の驚異

 カルボン酸は、カルボキシ基 (–COOH) を有する有機化合物の一群です。カルボン…

第138回―「不斉反応の速度論研究からホモキラリティの起源に挑む」Donna Blackmond教授

第138回の海外化学者インタビューはドナ・ブラックモンド教授です。2009年12月現在、インペリアル…

Ru触媒で異なるアルキン同士をantiで付加させる

Ru触媒を用いたアルキンのanti選択的ヒドロおよびクロロアルキニル化反応が開発された。本反応は共役…

PAGE TOP