[スポンサーリンク]


アルツハイマー

  1. 血液―脳関門透過抗体 BBB-penetrating Antibody

    ある種のリコンビナント抗体は血液-脳関門を透過する能力を持つことが知られている。近年、中枢神経系疾患の抗体医薬としての応用が検討されつつある(画像:Nature.com)。 (さらに…)…

  2. クルクミン /curcumin

    クルクミン(curcumin)は、ウコン(ターメリック Curcuma longa)に含まれるポリフ…

  3. カレーの成分、アルツハイマー病に効く可能性=米研究

    米研究者が16日、カレーに含まる成分が、脳の働きを阻害しアルツハイマー病を特徴付けるタンパ…

  4. 医薬各社、アルツハイマー病薬の開発進まず

     米系ヤンセンファーマ(東京・千代田)など医薬各社のアルツハイマー型認知症治療薬の製品化計画…

  5. アルツハイマー病・ワクチン開発相次ぐ、副作用回避へ知恵絞る

    アルツハイマー病の治療用ワクチンの研究開発が進展してきた。課題だったワクチンの副作用を回避できる手掛…

スポンサー

ピックアップ記事

  1. ヒノキチオール (hinokitiol)
  2. ノーマン・アリンジャー Norman A. Allinger
  3. “click”の先に
  4. 教科書を書き換えるか!?ヘリウムの化合物
  5. ウィッティヒ転位 Wittig Rearrangement
  6. 誰でも参加OK!計算化学研究を手伝おう!
  7. メガネが不要になる目薬「Nanodrops(ナノドロップス)」

注目情報

最新記事

世界のエリートが今一番入りたい大学 ミネルバ

概要・校舎がない(4年間で世界の7都市をめぐる)・教師は「講義」も「テスト」もしない…

鴻が見る風景 ~山本尚教授の巻頭言より~

Tshozoです。先日公開され色々話題を呼んだ山本尚 元日本化学会会長による日本化学会論説 巻頭言(…

C–NおよびC–O求電子剤間の還元的クロスカップリング

C–N求電子剤とC–O求電子剤間のクロスカップリング反応が初めて開発された。有機化合物中に普遍的に存…

Principles and Applications of Aggregation-Induced Emission

内容This book explores the aggregation-induced e…

セルロースナノファイバーの真価

お申込み・詳細はこちら開講期間2019年12月11日(水)10:00~17:25 <1日のみ…

PAGE TOP