[スポンサーリンク]

Chem-Station

2005年7月分の気になる化学関連ニュース投票結果

Q.この中で気になる化学関連のニュースは?

 

肩こりにはラベンダーを
16%
富大工学部実験研究棟で火事
13%
アスピリンTシャツ
21%
四角い断面を持つナノチューブ
30%
Whitesides教授Welch Award受賞
6%
情報守る“秘密の紙”開発
11%
Total: 60 votes

 

今月は前月より減りまして全部で60票でした。投票ありがとうございました。やはり変わった形状を示す四角いナノチューブが人気でした。アスピリンTシャツも気になりますよね。もう購入した方もいるようです。ノーベル賞候補のホワイトサイズ教授のニュースは私は気になりましたが読者の方はいまいちだったようです。

 

 

8月もぜひ投票よろしくお願い致します。サイトの左上に投票コーナーがあります。この結果に関して、またニュースに関してのコメントと関連記事の方のトラックバックお待ちしています。
The following two tabs change content below.
webmaster
Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. 2005年11月分の気になる化学関連ニュース投票結果
  2. 2005年4月分の気になる化学関連ニュース投票結果
  3. Chem-Station開設5周年へ
  4. 2005年6月分の気になる化学関連ニュース投票結果
  5. Chem-Station 6周年へ
  6. Chem-Stationついに7周年!
  7. 2005年9-10月分の気になる化学関連ニュース投票結果
  8. 2005年5月分の気になる化学関連ニュース投票結果

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 第22回「ベンゼン環の表と裏を利用した有機合成」植村元一教授
  2. サン・タン San H. Thang
  3. クリストファー・チャン Christopher J. Chang
  4. 理化学研究所、植物の「硫黄代謝」を調節する転写因子を発見
  5. シクロプロパンの数珠つなぎ
  6. エチオ・リザード Ezio Rizzardo
  7. 先制医療 -実現のための医学研究-
  8. クリンコヴィッチ反応 Kulinkovich Reaction
  9. 中学入試における化学を調べてみた
  10. ガーナーアルデヒド Garner’s Aldehyde

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

投票!2018年ノーベル化学賞は誰の手に!?

今年も9月終盤にさしかかり、毎年恒例のノーベル賞シーズンがやって参りました!化学賞は日本時間…

ライトケミカル工業株式会社ってどんな会社?

ライトケミカル工業は自社製品を持たず、研究開発もしない、更に営業マンもいない独立資本の受託専門会社(…

クラリベイト・アナリティクスが「引用栄誉賞2018」を発表

9月20日、クラリベイト・アナリティクス社から2018年の引用栄誉賞が発表されました。本賞は…

AIで世界最高精度のNMR化学シフト予測を達成

理化学研究所(理研)環境資源科学研究センター環境代謝分析研究チームの菊地淳チームリーダー、伊藤研悟特…

イミニウム励起触媒系による炭素ラジカルの不斉1,4-付加

2017年、カタルーニャ化学研究所・Paolo Melchiorreらは、イミニウム有機触媒系を可視…

ケムステ版・ノーベル化学賞候補者リスト【2018年版】

各媒体からかき集めた情報を元に、「未来にノーベル化学賞の受賞確率がある化学者」をリストアップしていま…

PAGE TOP