[スポンサーリンク]

ケムステニュース

医薬各社、アルツハイマー病薬の開発進まず

ガランタミン

 米系ヤンセンファーマ(東京・千代田)など医薬各社のアルツハイマー型認知症治療薬の製品化計画に遅れが目立ち始めた。臨床試験で十分な効果を示せず、追加の試験が必要になったり、断念したりするケースが相次いでいる。同治療薬は日本国内で1000億円規模の大型市場に成長するとの予測もあるが、病気の根本原因が判明しないため臨床試験で有効性を証明するのが難しく、各社は新規参入に苦労している。(引用日本経済新聞

 ヤンセンファーマはジョンソン・エンド・ジョンソン(J&J)グループの製薬会社です。現在、米国等で販売されているアルツハイマー病治療薬であるガランタミン(galantamime)というヒガンバナアルカロイドを日本で販売するために研究を行っていますが、追加の試験が必要となり発売は2009年以降となるそうです。 なかなか難しいですね。


塩酸メマンチン

  現在日本では、未だエーザイのアリセプトしかアルツハイマー病治療薬はありません。海外ではガランタミンの他に塩酸メマンチンというアルツハイマー病治療薬が知られています。

The following two tabs change content below.
webmaster
Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. 三菱化学が有機太陽電池事業に参入
  2. ガ求愛行動:性フェロモンを解明 東大など
  3. 日本化学会:次期会長に藤嶋昭氏を選出--初の直接選挙で
  4. 三菱化学、来年3月にナイロン原料の外販事業から撤退=事業環境悪化…
  5. 【鎮痛・抗炎症薬】医師の認知・愛用率のトップはロキソニン
  6. 独バイエル、世界全体で6100人を削減へ
  7. 米デュポンの7-9月期、ハリケーン被害などで最終赤字
  8. 堀場氏、分析化学の”殿堂”入り

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. イー・タン Yi Tang
  2. バリー・シャープレス Karl Barry Sharpless
  3. エンインメタセシス Enyne Metathesis
  4. リチャード・スモーリー Richard E. Smalley
  5. 海洋天然物パラウアミンの全合成
  6. 化学エンターテイメント小説第3弾!『ラブ・リプレイ』
  7. 【読者特典】第92回日本化学会付設展示会を楽しもう!
  8. 第九回 タンパク質に新たな付加価値を-Tom Muir教授
  9. 【10周年記念】Chem-Stationの歩み
  10. Newton別冊「注目のスーパーマテリアル」が熱い!

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

磯部 寛之 Hiroyuki Isobe

磯部寛之(いそべひろゆき、1970年11月9日–東京都生まれ)は日本の有機化学者である。東京大学理学…

死海付近で臭素が漏洩

イスラエル警察は死海付近の向上から臭素が漏れだしたことを明らかにし、付近住民に自宅にとどまるよう呼び…

光触媒反応用途の青色LED光源を比較してみた

巷で大流行の可視光レドックス触媒反応ですが、筆者のラボでも活用するようになりました。しかし経…

宮沢賢治の元素図鑑

概要本書は宮沢賢治の作品に登場する元素を取り上げ、作品を入り口として各元素について解説した書…

電子豊富芳香環に対する触媒的芳香族求核置換反応

2017年、ノースカロライナ大学チャペルヒル校・David Nicewiczらは、可視光レドックス触…

毛染めでのアレルギー大幅低減へ ~日華化学がヘアカラー用染料開発~

日華化学(本社福井県福井市、江守康昌社長)は、髪へのダメージや頭皮への刺激がなく、アレルギーのリスク…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP