[スポンサーリンク]


グラフェン

  1. 奇跡の素材「グラフェン」を使った世界初のシューズが発売

    地球上で最も引っ張りに強く、熱伝導も良く、電気伝導度も高いという夢の素材、「グラフェン(graphene)」。原子1個分の厚みで鋼鉄の200倍も強いこのシート状物質を使った世界初のシューズが、7月12日から販売開始する。(GIZMODE6月…

  2. 炭素 Carbon -生物の基本骨格、多様な同素体

     炭素は、生物、食べ物など有機化合物の基本元素です。炭素にはいくつかの同素体があ…

  3. マイクロ波とイオン性液体で単層グラフェン大量迅速合成

    以前サムスン電子によるグラフェン合成の記事を書いた(記事:「サムスン電子おそるべ…

  4. 酸化グラフェンに放射性物質を除去する機能が報告される

    Graphene oxide has a remarkable …

  5. 現代の錬金術?―ウンコからグラフェンをつくった話―

    今回は小ネタを一つ。タイトルだけ見ると「なんじゃそりゃぁああ!」ですが、レッキとした先端研究の一つと…

  6. 【速報】2010年ノーベル物理学賞に英の大学教授2人

  7. グラファイト、グラフェン、ナノグラフェンの構造と電子・磁気機能【終了】

スポンサー

ピックアップ記事

  1. タミフルの新規合成法・その4
  2. 自由研究にいかが?1:ルミノール反応実験キット
  3. 最も引用された論文
  4. 大麻複合物が乳がんの転移抑止効果―米医療チームが発見
  5. システインから無機硫黄を取り出す酵素反応の瞬間を捉える
  6. パール・クノール フラン合成 Paal-Knorr Furan Synthesis
  7. Comprehensive Organic Transformations: A Guide to Functional Group Preparations

注目情報

最新記事

パラジウム光触媒が促進するHAT過程:アルコールの脱水素反応への展開

2016年、イリノイ大学シカゴ校・Vladimir Gevorgyanらは、Pd(0)触媒の共存下、…

ウラジミール・ゲヴォルギャン Vladimir Gevorgyan

ウラジミール・ゲヴォルギャン(Vladimir Gevorgyan、1956年8月12日-)は、アメ…

有機合成化学協会誌2018年11月号:オープンアクセス・英文号!

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2018年11月号がオンライン公開されました。今月…

観客が分泌する化学物質を測定することで映画のレーティングが可能になるかもしれない

映画には、年齢による鑑賞制限が設けられているものがあります。その制限は映画の内容に応じて各国の審査団…

庄野酸化 Shono Oxidation

概要アルコール溶媒中にアミドまたはカルバメートを電解酸化し、N,O-アセタールを得る反応。アミン…

PAGE TOP