[スポンサーリンク]


グラフェン

  1. 奇跡の素材「グラフェン」を使った世界初のシューズが発売

    地球上で最も引っ張りに強く、熱伝導も良く、電気伝導度も高いという夢の素材、「グラフェン(graphene)」。原子1個分の厚みで鋼鉄の200倍も強いこのシート状物質を使った世界初のシューズが、7月12日から販売開始する。(GIZMODE6月…

  2. 炭素 Carbon -生物の基本骨格、多様な同素体

     炭素は、生物、食べ物など有機化合物の基本元素です。炭素にはいくつかの同素体があ…

  3. マイクロ波とイオン性液体で単層グラフェン大量迅速合成

    以前サムスン電子によるグラフェン合成の記事を書いた(記事:「サムスン電子おそるべ…

  4. 酸化グラフェンに放射性物質を除去する機能が報告される

    Graphene oxide has a remarkable …

  5. 現代の錬金術?―ウンコからグラフェンをつくった話―

    今回は小ネタを一つ。タイトルだけ見ると「なんじゃそりゃぁああ!」ですが、レッキとした先端研究の一つと…

  6. 【速報】2010年ノーベル物理学賞に英の大学教授2人

  7. グラファイト、グラフェン、ナノグラフェンの構造と電子・磁気機能【終了】

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 被引用回数の多い科学論文top100
  2. 岡大教授が米国化学会賞受賞
  3. リチャード・スモーリー Richard E. Smalley
  4. Natureが査読無しの科学論文サイトを公開
  5. 光だけでなく化学物質も受容できるロドプシンの発見
  6. マット・シグマン Matthew S. Sigman
  7. 骨粗鬆症、骨破壊止める化合物発見 理研など新薬研究へ

注目情報

最新記事

危険物取扱者:記事まとめ

世の中には様々な化学系の資格があり、化学系企業で働いていると資格を取る必要に迫られる機会があります。…

化学者のためのエレクトロニクス入門③ ~半導体業界で活躍する化学メーカー編~

bergです。化学者のためのエレクトロニクス入門のシリーズも3回目を迎えました。前回は電子回路を大き…

第101回―「高分子ナノ構造の精密合成」Rachel O’Reilly教授

第101回の海外化学者インタビューは、レイチェル・オライリー教授です。ケンブリッジ大学化学科に所属(…

大学院生になっても宿題に追われるってどないなんだが?【アメリカでPh.D.を取る–コースワークの巻–】

アメリカでの PhD 課程の1年目には、多くの大学院の場合, 研究だけでなく、講義の受講やTAの義務…

島津製作所 創業記念資料館

島津製作所の創業から現在に至るまでの歴史を示す資料館で、数々の発明品が展示されている。第10回化学遺…

PAGE TOP