[スポンサーリンク]


グラフェン

  1. 炭素 Carbon -生物の基本骨格、多様な同素体

     炭素は、生物、食べ物など有機化合物の基本元素です。炭素にはいくつかの同素体があり、それぞれが多くの分野で活躍しています。近年注目されているナノテクノロジーの材料であるカーボンナノチューブ、フラーレンも炭素の同素体です。…

  2. マイクロ波とイオン性液体で単層グラフェン大量迅速合成

    以前サムスン電子によるグラフェン合成の記事を書いた(記事:「サムスン電子おそるべ…

  3. 酸化グラフェンに放射性物質を除去する機能が報告される

    Graphene oxide has a remarkable …

  4. 現代の錬金術?―ウンコからグラフェンをつくった話―

    今回は小ネタを一つ。タイトルだけ見ると「なんじゃそりゃぁああ!」ですが、レッキとした先端研究の一つと…

  5. 【速報】2010年ノーベル物理学賞に英の大学教授2人

    スウェーデン王立科学アカデミーは5日、2010年のノーベル物理学賞を、炭…

  6. グラファイト、グラフェン、ナノグラフェンの構造と電子・磁気機能【終了】

スポンサー

ピックアップ記事

  1. トムソン:2005年ノーベル賞の有力候補者を発表
  2. 分子標的薬、手探り続く
  3. 2011年ロレアル・ユネスコ女性科学者 日本奨励賞発表
  4. アミンの新合成法
  5. Bayer Material Scienceの分離独立が語るもの
  6. 和光純薬を富士フイルムが買収へ
  7. 真理を追求する –2017年度ロレアル-ユネスコ女性科学者日本奨励賞–

注目情報

最新記事

塩基と酸でヘテロ環サイズを”調節する”

塩基と酸を作用させるだけで環サイズを調節できるユニークな中員環合成手法が報告された。塩基による環拡大…

「人工金属酵素によるSystems Catalysisと細胞内触媒反応」University of Basel, T. R. Ward研より

海外留学記第23回目は、前回22回目の研究記を掲載させていただいた小嶋良輔さんからの紹介で、Base…

太陽ホールディングスインターシップ

経営理念に共感し、自ら考え行動できる自律した人材と働きたい私たちは、楽しい社会を実現するという経…

抽出精製型AJIPHASE法の開発

2017年、味の素社の高橋大輔らは、ペプチド液相合成法であるAJIPHASE法にさらなる改良を加え、…

【太陽HD】”世界一の技術”アルカリ現像型ソルダーレジストの開発

ソルダーレジストは、プリント配線板や半導体パッケージ用基板の表層部分に使用されはんだ付け作業時、不要…

PAGE TOP