[スポンサーリンク]

ケムステニュース

カーボンナノチューブの毒性を和らげる長さ

 

 

Safety fears about carbon nanotubes, due to their structural similarity to asbestos, have been alleviated following research showing that reducing their length removes their toxic properties, experts say.

カーボンナノチューブはアスベストと構造が似ているためにその安全性が疑問視されている。その疑問に対して最近カーボンナノチューブの長さを短くすることによって、その毒性をなくすことが出来るという報告がされた。

引用:Science News
対訳:筆者

 

新しい材料が開発されるときにはその危険性に対する先見性が必要である。オゾン層を破壊したフロンガスや、多くの発がん性物質など、社会に有用であると思われていた物質に決定的な副作用があることはままある。

ナノ材料は長くその人体への影響が言及されてきた。このような人体への影響はその重要性にも関わらず、測定に時間がかかり、また有意差を認識することが難しい。そのため明確な危険性、安全性を決定するのに労力を必要とする。

 

このニュースでは最新の科学論文Angewandte Chemieからのリポートであり、カーボンナノチューブ自体が、生体での安定性を担持して、短くあれば毒性がないという主張をしている。

科学論文でトップのジャーナルでの報告とはいえ、基礎的な研究の段階であるため、このリポートからだけでは安全性の決定は難しい。しかし材料として世の中に出るためには重要な研究であり、意義深いデータである。このような研究が積極的に進み、安全性が認知された上でナノ材料が世の中で活躍されることが期待される。

 

関連書籍

関連記事

  1. 独BASF、米樹脂メーカーのジョンソンポリマー社を買収
  2. 仏サノフィ・アベンティス、第2・四半期は6.5%増収
  3. 日本最大の化学物質データーベース無料公開へ
  4. 染色なしで細胞を観察 阪大ベンチャーが新顕微鏡開発
  5. 三菱化学が有機太陽電池事業に参入
  6. 痛風薬「フェブキソスタット」の米国売上高が好発進
  7. グラクソ、糖尿病治療薬「ロシグリタゾン」が単独療法無効のリスクを…
  8. 洗剤を入れたアルミ缶が電車内で爆発

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 筑波山
  2. 投票!2017年ノーベル化学賞は誰の手に!?
  3. スケールアップ検討法・反応・晶析と実験のスピードアップ化【終了】
  4. 性フェロモン感じる遺伝子、ガで初発見…京大グループ
  5. 植村酸化 Uemura Oxidation
  6. TosMIC
  7. ノバルティス、後発薬品世界最大手に・米独社を買収
  8. パラジウム錯体の酸化還元反応を利用した分子モーター
  9. 人生、宇宙、命名の答え
  10. ケムステ版・ノーベル化学賞候補者リスト【2016年版】

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

触媒のチカラで拓く位置選択的シクロプロパン合成

嵩高いコバルト錯体を触媒として用いた位置選択的Simmons–Smith型モノシクロプロパン化反応が…

「原子」が見えた! なんと一眼レフで撮影に成功

An Oxford University student who captured an image…

2018年3月2日:ケムステ主催「化学系学生対象 企業合同説明会」

2月も後半となり、3月1日の就活解禁に向けて、2019年卒業予定の学生のみなさんは、就活モードが本格…

高専シンポジウム in KOBE に参加しました –その 2: 牛の尿で発電!? 卵殻膜を用いた燃料電池–

1 月 27 日に開催された第 23 回 高専シンポジウム in KOBE の参加報告の後編です。前…

化学探偵Mr.キュリー7

昨年3月からついに職業作家となった、化学小説家喜多喜久氏。その代表作である「化学探偵Mr.キュリー」…

き裂を高速で修復する自己治癒材料

第139回目のスポットライトリサーチは、物質・材料研究機構(NIMS) 構造材料研究拠点 長田 俊郎…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP