[スポンサーリンク]

一般的な話題

【速報】2010年ノーベル物理学賞に英の大学教授2人

[スポンサーリンク]

 

スウェーデン王立科学アカデミーは5日、2010年のノーベル物理学賞を、炭素分子シート「グラフェン」研究で知られる英マンチェスター大のアンドレ・ゲイム教授とコンスタンチン・ノボセロフ研究フェローに授与すると発表した。授賞理由は「2次元物質グラフェンに関する画期的実験」。  授賞式は12月10日にストックホルムで行われる。賞金1000万スウェーデンクローナ(約1億2000万円)は2等分で贈られる(引用:時事通信)。

 

一部の識者の間ではアハラノフ・ボーム(AB)効果ではと騒がれていましたが、蓋を開けてみればなんとグラフェン

ナノチューブではないの??


1991年に”チューブ状のグラファイト”であるカーボンナノチューブを発見した飯島澄男先生に対して、2003年に1枚、つまり単層(もしくは複数層)のグラファイト(黒鉛)を作り、それがグラファイトとは異なり、すばらしい性質を有することを見つけた、両受賞者達。この差は?

うーん。プラスで考えよう。

まさか化学賞はカーボンナノチューブ??

いや相当その可能性が出てきたとしか考えられません。そうなるともちろん遠藤守信先生の受賞も考えられます。明日はもしかしたらいろいろな意味で非常に緊張したノーベル化学賞になるかもしれません。

ところで、昨日あれほど快適に写っていたライブウェブキャストが今日はまったく機能しませんでした。多くの人が存在を認識したからでしょうか。明日はできるだけ早めに(30分前はまだ公開されていませんでした)接続して、皆で本番である化学賞の結果を待ちましょう。

 

関連動画

ナノチューブとグラフェンの新しい複合体

webmaster

webmaster

投稿者の記事一覧

Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. 炭素繊維は鉄とアルミに勝るか? 1
  2. ナイトレンの求電子性を利用して中員環ラクタムを合成する
  3. howeverの使い方
  4. 2010年ノーベル化学賞ーお祭り編
  5. 「人工知能時代」と人間の仕事
  6. モザイクワクチン HIVから人類を守る救世主となるか
  7. アブノーマルNHC
  8. トーンカーブをいじって画像加工を見破ろう

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 秋の褒章2014ー化学分野からは準結晶研究の蔡安邦教授に
  2. 正岡 重行 Masaoka Shigeyuki
  3. 味の素ファインテクノの技術と社会貢献
  4. 4-tert-ブチル-2,6-ジメチルフェニルサルファートリフルオリド:4-tert-Butyl-2,6-dimethylphenylsulfur Trifluoride
  5. ボロールで水素を活性化
  6. 日本のお家芸、糖転移酵素を触媒とするための簡便糖ドナー合成法
  7. 三種類の分子が自発的に整列した構造をもつ超分子共重合ポリマーの開発
  8. アイルランドに行ってきた①
  9. 排ガス原料のSAFでデリバリーフライトを実施
  10. 光触媒で新型肺炎を防止  ノリタケが実証

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

注目情報

注目情報

最新記事

巧みに設計されたホウ素化合物と可視光からアルキルラジカルを発生させる

第268回のスポットライトリサーチは、金沢大学医薬保健研究域薬学系(大宮研究室)の佐藤 由季也(さと…

第111回―「予防・診断に有効なナノバイオセンサーと太陽電池の開発」Ted Sargent教授

第111回の海外化学者インタビューは、Ted Sargent教授です。トロント大学電気・計算機工学科…

アレノフィルを用いるアレーンオキシドとオキセピンの合成

脱芳香族化を伴う直接的な酸化により芳香族化合物からアレーンオキシドとオキセピンを合成する手法が開発さ…

ケムステニュース 化学企業のグローバル・トップ50が発表【2020年版】

It's no secret that the COVID-19 pandemic ha…

スポットライトリサーチムービー:動画であなたの研究を紹介します

5年前、ケムステ15周年の際に新たな試みとしてはじめたコンテンツ「スポットライトリサーチ」。…

第110回―「動的配座を制御する化学」Jonathan Clayden教授

第110回の海外化学者インタビューは、ジョナサン・クレイデン教授です。マンチェスター大学化学科(訳注…

化学研究で役に立つデータ解析入門:エクセルでも立派な解析ができるぞ編

化学分野でのAIを使った研究が多数報告されていてデータ解析は流行のトピックとなっていますが、専門外か…

高分子化学をふまえて「神経のような動きをする」電子素子をつくる

第267回のスポットライトリサーチは、東北大学大学院工学研究科 バイオ工学専攻 三ツ石研究室 助教の…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP