[スポンサーリンク]


シグマトロピー

  1. ゾーシー・マーベット転位 Saucy-Marbet Rearrangement

    概要ビニルプロパルギルエーテルは加熱条件下シグマトロピー転位を起こし、ケトアレンを与える。エーテル根元のキラリティはアレンの軸不斉に転写される。別名プロパルギルClaisen転位。基本文献・ Saucy, G.; Chopard…

  2. [6π]光環化 [6π]Photocyclization

    概要1,3,5-トリエンに光照射することで環化反応が進行し、6員炭素環・複素環が…

  3. エッシェンモーザー・クライゼン転位 Eschenmoser-Claisen Rearrangement

    概要アリルアルコールにジメチルアセトアミドジメチルアセタールを作用させて、アリル…

  4. クライゼン転位 Claisen Rearrangement

    概要アリルビニルエーテルからγ,δ-不飽和カルボニル化合物が生じる-シグマトロピ…

  5. アルダー エン反応 Alder Ene Reaction

    概要オレフィンとアリル化合物の六中心シグマトロピー反応。通常、高温が必須であるが…

  6. ペリ環状反応―第三の有機反応機構

スポンサー

ピックアップ記事

  1. ハウザー・クラウス環形成反応 Hauser-Kraus Annulation
  2. フレデリック・キッピング Frederic Stanley Kipping
  3. エーザイ 巨大市場、抗ガン剤開発でライバルに先行
  4. アッペル反応 Appel Reaction
  5. モザイクワクチン HIVから人類を守る救世主となるか
  6. 元素手帳 2018
  7. 酸窒化物合成の最前線:低温合成法の開発

注目情報

最新記事

第103回―「機能性分子をつくる有機金属合成化学」Nicholas Long教授

第103回の海外化学者インタビューは、ニック・ロング教授です。インペリアル・カレッジ・ロンドンの化学…

松原 亮介 Ryosuke Matsubara

松原亮介(まつばら りょうすけ MATSUBARA Ryosuke、1978-)は、日本の化学者であ…

CEMS Topical Meeting Online 超分子ポリマーの進化形

7月31日に理研CEMS主催で超分子ポリマーに関するオンライン講演会が行われるようです。奇しくも第7…

有機合成化学協会誌2020年7月号:APEX反応・テトラアザ[8]サーキュレン・8族金属錯体・フッ素化アミノ酸・フォトアフィニティーラベル

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2020年7月号がオンライン公開されました。コ…

第102回―「有機薄膜エレクトロニクスと太陽電池の研究」Lynn Loo教授

第102回の海外化学者インタビューは、Lynn Loo教授です。プリンストン大学 化学工学科に所属し…

PAGE TOP