[スポンサーリンク]

一般的な話題

有機合成研究者必携! 有機合成用反応剤プロトコル集

[スポンサーリンク]

富士フイルム和光純薬では、有機合成研究でよく使用する各種反応剤を多数取り揃えております。それら反応剤を酸化剤・還元剤・縮合剤ごとにまとめたカタログをリニューアルしました。豊富な反応例・実験手順とともに製品を紹介しており、すぐに実験を始められるプロトコル集になっております。まだお持ちでない方は是非この機会にダウンロードしていただき、研究にお役立てください。

|酸化剤

酸化反応は有機合成反応の中でも基本かつ重要な反応です。本カタログではニトロキシルラジカル酸化剤であるAZADOシリーズや、重金属酸化剤の超原子価よう素酸化剤などを掲載しています。

  • 目次

アルコール酸化

・ニトロキシルラジカル酸化

・超原子価ヨウ素酸化

・DMSO/DMS酸化

・クロム酸酸化

・金属アルコキシドによる酸化

・マンガン酸酸化

・モリブデン酸酸化

ジオール・エポキシド・ラクトン化

・ジヒドロキシル化反応

・エポキシド、ラクトン化反応

・スピロラクトン化反応

・エポキシ化反応

その他

・アリル位のヒドロキシル化

・アルケンのカルボニル化

・ブロモヒドリン、エポキシド化

・N-オキシド化

・C-Si結合のC-OH化反応

・アミン酸化

 

注目製品情報

・nor-AZADO

nor-AZADOはニトロキシルラジカル型の酸化触媒であり、

アルコール類に対応するカルボニル化合物へ効率的に酸化します。

ニトロキシルラジカル型の酸化触媒で知られているTEMPO

と比較して、かさ高い2級アルコールに対しても有効です。バルクでの供給も承ります。

(特長)

  • 超高活性アルコール酸化触媒(TEMPOの20倍以上の活性)
  • 基質適用範囲が広い
  • 立体障害の大きな2級アルコールの酸化が可能
  • アルコールの空気酸化が可能

製品の詳細は下記URLからご確認ください。

https://labchem-wako.fujifilm.com/jp/product/detail/W01W0101-2498.html

  • カタログダウンロード

ダウンロードはこちら

  • 関連コンテンツ

・【総説】Nor-AZADO触媒的酸化反応の展開と応用

【特別講座】高リサイクル型ならびに触媒型高活性超原子価ヨウ素反応剤の開発

|還元剤

還元反応は不飽和結合や特定の官能基を別の構造へ変換できるため、有機合成化学において多用される反応のひとつです。本カタログでは汎用的な接触還元触媒であるパラジウム-カーボン (Pd/C)や官能基選択的な接触還元触媒などを反応例・実験手順とともに掲載しています。

  • 目次

・不均一系接触還元触媒

・均一系接触還元触媒

・不斉水素化用キラル配位子

・水素化ホウ素試薬

・水素化アルミニウム試薬

・その他

カタログダウンロード

ダウンロードはこちら

縮合剤

縮合反応は、アミドやエステル結合を構築する最も一般的な方法です。有機合成からペプチド合成まで幅広くご活用いただけます。

  • 目次

・カルボジイミド系縮合剤

・イミダゾール系縮合剤

・トリアジン系縮合剤

・ホスホニウム系縮合剤

・ウロニウム系縮合剤

・ハロウロニウム系縮合剤

・添加剤

・担持縮合剤

カタログダウンロード

ダウンロードはこちら

関連コンテンツ

【特別講座】アミド縮合剤の進歩

|製品カタログ

・富士フイルム和光純薬では反応剤カタログシリーズのほかにも、合成・材料分野のカタログを発行しています。詳細は当社HPをご確認ください。

|情報誌登録

 分析、環境、食品、有機化学や生化学分野(遺伝子、タンパク質、抗体、培養など)に関する試薬・機器・器材等の最新情報や、読み物を掲載した各種冊子を発行しています。便利な定期購読も無料でご利用できます。

https://labchem-wako.fujifilm.com/jp/journal/index.html

 

|ニュースレター登録

各種キャンペーンや新製品をはじめ、最新情報満載のニュースレターをお届けいたします。

https://labchem-wako.fujifilm.com/jp/newsletter/signup.html

ケムステPR

投稿者の記事一覧

ケムステのPRアカウントです。募集記事や記事体広告関連の記事を投稿します。

関連記事

  1. 超微量紫外可視分光光度計に新型登場:NanoDrop One
  2. 三つの環を一挙に構築! caulamidine 類の不斉全合成
  3. 分子模型を比べてみた
  4. 5-ヒドロキシトリプトファン選択的な生体共役反応
  5. 実験ノートの字について
  6. 一致団結ケトンでアレン合成!1,3-エンインのヒドロアルキル化
  7. クロう(苦労)の産物!Clionastatinsの合成
  8. 化学者だって数学するっつーの! :シュレディンガー方程式と複素数…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. リード反応 Reed Reaction
  2. 東レ先端材料シンポジウム2011に行ってきました
  3. Zachary Hudson教授の講演を聴講してみた
  4. 有機機能性色素におけるマテリアルズ・インフォマティクスの活用とは?
  5. 初めてTOEICを受験してみた~学部生の挑戦記録~
  6. 渡邉 峻一郎 Shun Watanabe
  7. 「天然物ケミカルバイオロジー分子標的と活性制御シンポジウム」に参加してきました
  8. 個性あるTOC その②
  9. フルオラス向山試薬 (Fluorous Mukaiyama reagent)
  10. 官能基「プロパルギル基」導入の道

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

月別アーカイブ

2023年10月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

注目情報

最新記事

マリンス有機化学(上)-学び手の視点から-

概要親しみやすい会話形式を用いた現代的な教育スタイルで有機化学の重要概念を学べる標準教科書.…

【大正製薬】キャリア採用情報(正社員)

<求める人物像>・自ら考えて行動できる・高い専門性を身につけている・…

国内初のナノボディ®製剤オゾラリズマブ

ナノゾラ®皮下注30mgシリンジ(一般名:オゾラリズマブ(遺伝子組換え))は、A…

大正製薬ってどんな会社?

大正製薬は病気の予防から治療まで、皆さまの健康に寄り添う事業を展開しています。こ…

一致団結ケトンでアレン合成!1,3-エンインのヒドロアルキル化

ケトンと1,3-エンインのヒドロアルキル化反応が開発された。独自の配位子とパラジウム/ホウ素/アミン…

ベテラン研究者 vs マテリアルズ・インフォマティクス!?~ 研究者としてMIとの正しい向き合い方

開催日 2024/04/24 : 申込みはこちら■開催概要近年、少子高齢化、働き手の不足…

第11回 慶應有機化学若手シンポジウム

シンポジウム概要主催:慶應有機化学若手シンポジウム実行委員会共催:慶應義塾大…

薬学部ってどんなところ?

自己紹介Chemstationの新入りスタッフのねこたまと申します。現在は学部の4年生(薬学部)…

光と水で還元的環化反応をリノベーション

第609回のスポットライトリサーチは、北海道大学 大学院薬学研究院(精密合成化学研究室)の中村顕斗 …

ブーゲ-ランベルト-ベールの法則(Bouguer-Lambert-Beer’s law)

概要分子が溶けた溶液に光を通したとき,そこから出てくる光の強さは,入る前の強さと比べて小さくなる…

実験器具・用品を試してみたシリーズ

スポットライトリサーチムービー

PAGE TOP