[スポンサーリンク]

一般的な話題

有機合成研究者必携! 有機合成用反応剤プロトコル集

[スポンサーリンク]

富士フイルム和光純薬では、有機合成研究でよく使用する各種反応剤を多数取り揃えております。それら反応剤を酸化剤・還元剤・縮合剤ごとにまとめたカタログをリニューアルしました。豊富な反応例・実験手順とともに製品を紹介しており、すぐに実験を始められるプロトコル集になっております。まだお持ちでない方は是非この機会にダウンロードしていただき、研究にお役立てください。

|酸化剤

酸化反応は有機合成反応の中でも基本かつ重要な反応です。本カタログではニトロキシルラジカル酸化剤であるAZADOシリーズや、重金属酸化剤の超原子価よう素酸化剤などを掲載しています。

  • 目次

アルコール酸化

・ニトロキシルラジカル酸化

・超原子価ヨウ素酸化

・DMSO/DMS酸化

・クロム酸酸化

・金属アルコキシドによる酸化

・マンガン酸酸化

・モリブデン酸酸化

ジオール・エポキシド・ラクトン化

・ジヒドロキシル化反応

・エポキシド、ラクトン化反応

・スピロラクトン化反応

・エポキシ化反応

その他

・アリル位のヒドロキシル化

・アルケンのカルボニル化

・ブロモヒドリン、エポキシド化

・N-オキシド化

・C-Si結合のC-OH化反応

・アミン酸化

 

注目製品情報

・nor-AZADO

nor-AZADOはニトロキシルラジカル型の酸化触媒であり、

アルコール類に対応するカルボニル化合物へ効率的に酸化します。

ニトロキシルラジカル型の酸化触媒で知られているTEMPO

と比較して、かさ高い2級アルコールに対しても有効です。バルクでの供給も承ります。

(特長)

  • 超高活性アルコール酸化触媒(TEMPOの20倍以上の活性)
  • 基質適用範囲が広い
  • 立体障害の大きな2級アルコールの酸化が可能
  • アルコールの空気酸化が可能

製品の詳細は下記URLからご確認ください。

https://labchem-wako.fujifilm.com/jp/product/detail/W01W0101-2498.html

  • カタログダウンロード

ダウンロードはこちら

  • 関連コンテンツ

・【総説】Nor-AZADO触媒的酸化反応の展開と応用

【特別講座】高リサイクル型ならびに触媒型高活性超原子価ヨウ素反応剤の開発

|還元剤

還元反応は不飽和結合や特定の官能基を別の構造へ変換できるため、有機合成化学において多用される反応のひとつです。本カタログでは汎用的な接触還元触媒であるパラジウム-カーボン (Pd/C)や官能基選択的な接触還元触媒などを反応例・実験手順とともに掲載しています。

  • 目次

・不均一系接触還元触媒

・均一系接触還元触媒

・不斉水素化用キラル配位子

・水素化ホウ素試薬

・水素化アルミニウム試薬

・その他

カタログダウンロード

ダウンロードはこちら

縮合剤

縮合反応は、アミドやエステル結合を構築する最も一般的な方法です。有機合成からペプチド合成まで幅広くご活用いただけます。

  • 目次

・カルボジイミド系縮合剤

・イミダゾール系縮合剤

・トリアジン系縮合剤

・ホスホニウム系縮合剤

・ウロニウム系縮合剤

・ハロウロニウム系縮合剤

・添加剤

・担持縮合剤

カタログダウンロード

ダウンロードはこちら

関連コンテンツ

【特別講座】アミド縮合剤の進歩

|製品カタログ

・富士フイルム和光純薬では反応剤カタログシリーズのほかにも、合成・材料分野のカタログを発行しています。詳細は当社HPをご確認ください。

|情報誌登録

 分析、環境、食品、有機化学や生化学分野(遺伝子、タンパク質、抗体、培養など)に関する試薬・機器・器材等の最新情報や、読み物を掲載した各種冊子を発行しています。便利な定期購読も無料でご利用できます。

https://labchem-wako.fujifilm.com/jp/journal/index.html

 

|ニュースレター登録

各種キャンペーンや新製品をはじめ、最新情報満載のニュースレターをお届けいたします。

https://labchem-wako.fujifilm.com/jp/newsletter/signup.html

ケムステPR

投稿者の記事一覧

ケムステのPRアカウントです。募集記事や記事体広告関連の記事を投稿します。

関連記事

  1. 脱一酸化炭素を伴う分子間ラジカル連結反応とPd(0)触媒による8…
  2. 光触媒の力で多置換トリフルオロメチルアルケンを合成
  3. Dihydropyridazinone環構造を有する初の天然物 …
  4. 光電変換機能を有するナノシートの合成
  5. アルツハイマー病に対する抗体医薬が米国FDAで承認
  6. 光触媒により脱炭酸反応における反応中間体の精密制御に成功!
  7. Mestre NovaでNMRを解析してみよう
  8. 水素製造に太陽光エネルギーを活用 -エタノールから水素を獲得し水…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 地域の光る化学企業たち-1
  2. トムソン:2008年ノーベル賞の有力候補者を発表
  3. 第82回―「金属を活用する超分子化学」Michaele Hardie教授
  4. コーンブルム酸化 Kornblum Oxidation
  5. ボイヤー・シュミット・オーブ転位 Boyer-Schmidt-Aube Rearrangement
  6. キラルシリカを“微小らせん石英セル”として利用した円偏光発光制御技術の開発
  7. ケック ラジカルアリル化反応 Keck Radicallic Allylation
  8. n型半導体特性を示すペリレン誘導体
  9. 採用面接で 「今年の日本化学会では発表をしますか?」と聞けば
  10. 住友化学、Dow Chemical社から高分子有機EL用材料事業を買収

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

月別アーカイブ

2023年10月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

注目情報

最新記事

そうだ、アルミニウムを丸裸にしてみようじゃないか

N-ヘテロ環ボリロキシ配位子を用いることで、アニオン性かつ非環式、さらには“裸“という極めて不安定な…

カルベンがアシストする芳香環の開環反応

カルベンがアシストする芳香環の開環反応が報告された。カルベンとアジドによる環形成でナイトレンインダゾ…

有機合成化学協会誌2024年7月号:イミン類縁体・縮環アズレン・C–O結合ホモリシス・ハロカルビン・触媒的バイオマス分解

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2024年7月号がオンライン公開されています。…

分子研「第139回分子科学フォーラム」に参加してみた

bergです。この度は2024年7月3日(水)にオンラインにて開催された、自然科学研究機構 分子科学…

光の色で反応性が変わる”波長選択的”な有機光触媒

照射する可視光の波長によって異なる反応性を示す、新規可視光レドックス触媒反応が開発された。赤色光照射…

ロタキサンを用いた機械的刺激に応答する効率的な分子放出

軸状分子に複数の積み荷分子をもつロタキサンを用いることで効率的に分子を放出するシステムが報告された。…

鉄触媒反応へのお誘い ~クロスカップリング反応を中心に~

はじめにパラジウムなどのレアメタルを触媒としたカップリング反応は、有機EL材料、医農薬、半導体材…

Sim2Realマテリアルズインフォマティクス:データの乏しさを分子シミュレーションにより克服する

開催日:2024/07/10 申込みはこちら■開催概要近年、少子高齢化、働き手の不足の影…

ある動脈硬化の現象とマイクロ・ナノプラスチックのはなし

Tshozoです。マイクロプラスチックについては以前から関連記事(1,2)を書いたり定期的に…

半導体・リチウムイオン電池にも!マイクロ波がもたらすプロセス改善

<内容>電子レンジでおなじみの”マイクロ波”は、昨今、プロセスの脱炭素化及び効率…

実験器具・用品を試してみたシリーズ

スポットライトリサーチムービー

PAGE TOP