[スポンサーリンク]


反応開発

  1. シリリウムカルボラン触媒を用いる脱フッ素水素化

    Hydrodefluorination of Perfluoroalkyl Groups Using Silylium-Carborane CatalystsDouvris, C.; Ozerov, O. V. Science …

  2. エステルをアルデヒドに変換する新手法

    LDBBA: Kim, M. S.; Choi, Y. M.; An, D. K. Tetr…

  3. フィル・バラン Phil S. Baran

    フィル・S・バラン(Phil.S.Baran、1977年8月10日-)は、アメリカの有機化学者で…

  4. 金属を使わない触媒的水素化

    Metal-Free Catalytic Hydrogenation.Chase, P. A…

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 図に最適なフォントは何か?
  2. 第81回―「均一系高分子重合触媒と生分解性ポリマーの開発」奥田 純 教授
  3. 微小な前立腺がんを迅速・高感度に蛍光検出する
  4. 2014年ケムステ記事ランキング
  5. アメリカ化学留学 ”実践編 ー英会話の勉強ー”!
  6. 分子間エネルギー移動を利用して、希土類錯体の発光をコントロール!
  7. 「タキソールのTwo phase synthesis」ースクリプス研究所Baran研より

注目情報

最新記事

【大正製薬】キャリア採用情報(正社員)

<求める人物像>・自ら考えて行動できる・高い専門性を身につけている・…

国内初のナノボディ®製剤オゾラリズマブ

ナノゾラ®皮下注30mgシリンジ(一般名:オゾラリズマブ(遺伝子組換え))は、A…

大正製薬ってどんな会社?

大正製薬は病気の予防から治療まで、皆さまの健康に寄り添う事業を展開しています。こ…

一致団結ケトンでアレン合成!1,3-エンインのヒドロアルキル化

ケトンと1,3-エンインのヒドロアルキル化反応が開発された。独自の配位子とパラジウム/ホウ素/アミン…

ベテラン研究者 vs マテリアルズ・インフォマティクス!?~ 研究者としてMIとの正しい向き合い方

開催日 2024/04/24 : 申込みはこちら■開催概要近年、少子高齢化、働き手の不足…

PAGE TOP