[スポンサーリンク]


反応開発

  1. アルケンでCatellani反応: 長年解決されなかった副反応を制御した

    アルケンに対するCatellani反応が開発された。構造改変したノルボルネンを用いることで副反応のシクロプロパン化が抑制され、四置換オレフィンを効率的に合成することができる。Catellani反応とシクロプロパン化Catellani…

  2. α,β-不飽和イミンのγ-炭素原子の不斉マイケル付加反応

    α,β-不飽和イミンのγ-炭素原子のエナールへのエナンチオ選択的マイケル付加反応が開発された。新規環…

  3. NHCが触媒する不斉ヒドロフッ素化

    キラルなN–ヘテロ環状カルベン(NHC)を触媒として用いたα,β-不飽和アルデヒドに対する不斉ヒドロ…

  4. アルケニルアミドに2つアリールを入れる

    ニッケル触媒を用いたアルケニルアミドの1,2-ジアリール化反応が開発された。フマル酸エステルを配位子…

  5. 有機ルイス酸触媒で不斉向山–マイケル反応

    ブレンステッド酸とシリルケテンアセタールを組み合わせてルイス酸として機能させることで、α,β-不飽和…

  6. クロスメタセシスによる三置換アリルアルコール類の合成

  7. ジボリルメタンに一挙に二つの求電子剤をくっつける

  8. 内部アルケンのアリル位の選択的官能基化反応

  9. 官能基「プロパルギル基」導入の道

  10. 炭素原子のまわりにベンゼン環をはためかせる

  11. 複雑分子を生み出す脱水素型ディールス・アルダー反応

  12. 抗結核薬R207910の不斉合成

  13. 摩訶不思議なルイス酸・トリス(ペンタフルオロフェニル)ボラン

  14. 金属中心に不斉を持つオレフィンメタセシス触媒

  15. シリリウムカルボラン触媒を用いる脱フッ素水素化

  16. エステルをアルデヒドに変換する新手法

スポンサー

ピックアップ記事

  1. マラリア治療の新薬の登場を歓迎する
  2. JCRファーマとはどんな会社?
  3. ビタミンB1塩酸塩を触媒とするぎ酸アミド誘導体の合成
  4. Organic Synthesis Workbook
  5. 「サリドマイド」投与医師の3割が指針”違反”
  6. NMR解析ソフト。まとめてみた。①
  7. STAP細胞問題から見えた市民と科学者の乖離ー前編

注目情報

最新記事

化学系必見!博物館特集 野辺山天文台編~HC11Nってどんな分子?~

bergです。突然ですが今回から「化学系必見!博物館特集」と銘打って、私が実際に訪れたいちおしの博物…

有機合成化学協会誌2021年1月号:コロナウイルス・脱ニトロ型カップリング・炭素環・ヘテロ環合成法・環状γ-ケトエステル・サキシトキシン

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2021年1月号がオンライン公開されました。あ…

第137回―「リンや硫黄を含む化合物の不斉合成法を開発する」Stuart Warren教授

第137回の海外化学者インタビューはスチュアート・ウォーレン教授です。ケンブリッジ大学化学科に所属し…

吉岡里帆さん演じる「化学大好きDIC岡里帆(ディーアイシーおか・りほ)」シリーズ、第2弾公開!

印刷インキや有機顔料世界トップシェアのDIC株式会社は、2021年1月より、数々のヒット作に出演し、…

第14回ケムステVシンポ「スーパー超分子ワールド」を開催します!

ケムステーションをご覧の方々、あけましておめでとうございます。本年もどうぞよろしくお願い申し上げます…

PAGE TOP