[スポンサーリンク]


反応開発

  1. アルケニルアミドに2つアリールを入れる

    ニッケル触媒を用いたアルケニルアミドの1,2-ジアリール化反応が開発された。フマル酸エステルを配位子とすることで単純なアミド基をもつアルケンのジアリール化が可能である。非共役アルケンの1,2-ジアリール化反応アルケンは、置換基を…

  2. 有機ルイス酸触媒で不斉向山–マイケル反応

    ブレンステッド酸とシリルケテンアセタールを組み合わせてルイス酸として機能させることで、α,β-不飽和…

  3. クロスメタセシスによる三置換アリルアルコール類の合成

    クロスメタセシスを用いた三置換アリルアルコール/エーテルの合成法が開発された。用いる試薬により生成物…

  4. ジボリルメタンに一挙に二つの求電子剤をくっつける

    ジボリルメタンに対し銅触媒を用いて二種の求電子剤をジアステレオ選択的に連結し、二つの炭素–炭素結合を…

  5. 内部アルケンのアリル位の選択的官能基化反応

    不活性な内部アルケンに対する触媒的ヘテロ-エン反応を鍵としたアリル位のエナンチオ選択的、位置選択的か…

  6. 官能基「プロパルギル基」導入の道

  7. 炭素原子のまわりにベンゼン環をはためかせる

  8. 複雑分子を生み出す脱水素型ディールス・アルダー反応

  9. 抗結核薬R207910の不斉合成

  10. 摩訶不思議なルイス酸・トリス(ペンタフルオロフェニル)ボラン

  11. 金属中心に不斉を持つオレフィンメタセシス触媒

  12. シリリウムカルボラン触媒を用いる脱フッ素水素化

  13. エステルをアルデヒドに変換する新手法

  14. フィル・バラン Phil S. Baran

  15. 金属を使わない触媒的水素化

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 【書籍】アリエナイ化学実験の世界へ―『Mad Science―炎と煙と轟音の科学実験54』
  2. 化学探偵Mr.キュリー7
  3. リチウム二次電池における次世代電極材料の開発【終了】
  4. リガンド革命
  5. 室温で液状のフラーレン
  6. ブルクハルト・ケーニッヒ Burkhard König
  7. 自励振動ポリマーブラシ表面の創製

注目情報

最新記事

ケムステが文部科学大臣表彰 科学技術賞を受賞しました

既にTwitter・Facebookでは速報させていただきましたたが、このたびケムステが文部科学大臣…

速報・常温常圧反応によるアンモニア合成の実現について

Tshozoです。先日発表になりましたタイトルの件、今まで本ケムステで書かれてきた記事(こちら・こち…

室温で緑色発光するp型/n型新半導体を独自の化学設計指針をもとにペロブスカイト型硫化物で実現

第195回のスポットライトリサーチは、東京工業大学 科学技術創成研究院(平松研究室) 半沢幸太さんに…

化合物の秤量

数mgを量り取るといったことは多くの化学系の研究者の皆様が日常的にされていることかと思います。しかし…

小スケールの反応で気をつけるべきこと

前回はスケールアップについて書いたので、今回は小スケールの反応での注意すべきことについてつらつらと書…

PAGE TOP