[スポンサーリンク]


反応開発

  1. 反応開発はいくつ検討すればいいのか? / On the Topic of Substrate Scope より

    一体どれだけ実験すれば俺たちは報われる……?新しい有機反応を開発する反応開発分野では、見つけた反応がどんな化合物でうまくいくのか調べて、その結果を下図のように表にまとめることが一般的です。図1. 本記事著者が以前発表した反応…

  2. スチレンにCoのHATをかぶせれば、インドールを不斉アルキル化

    コバルト触媒とスチレンを用いたインドールの不斉アルキル化が開発された。系中で生じるCo(III)–H…

  3. アルケンでCatellani反応: 長年解決されなかった副反応を制御した

    アルケンに対するCatellani反応が開発された。構造改変したノルボルネンを用いることで副反応のシ…

  4. α,β-不飽和イミンのγ-炭素原子の不斉マイケル付加反応

    α,β-不飽和イミンのγ-炭素原子のエナールへのエナンチオ選択的マイケル付加反応が開発された。新規環…

  5. NHCが触媒する不斉ヒドロフッ素化

    キラルなN–ヘテロ環状カルベン(NHC)を触媒として用いたα,β-不飽和アルデヒドに対する不斉ヒドロ…

  6. アルケニルアミドに2つアリールを入れる

  7. 有機ルイス酸触媒で不斉向山–マイケル反応

  8. クロスメタセシスによる三置換アリルアルコール類の合成

  9. ジボリルメタンに一挙に二つの求電子剤をくっつける

  10. 内部アルケンのアリル位の選択的官能基化反応

  11. 官能基「プロパルギル基」導入の道

  12. 炭素原子のまわりにベンゼン環をはためかせる

  13. 複雑分子を生み出す脱水素型ディールス・アルダー反応

  14. 抗結核薬R207910の不斉合成

  15. 摩訶不思議なルイス酸・トリス(ペンタフルオロフェニル)ボラン

  16. 金属中心に不斉を持つオレフィンメタセシス触媒

スポンサー

ピックアップ記事

  1. ヤコブセン転位 Jacobsen Rearrangement
  2. 比色法の化学(前編)
  3. 竹本 佳司 Yoshiji Takemoto
  4. シリカゲルの小ネタを集めてみた
  5. 第10回 太陽光エネルギーの効率的変換に挑むー若宮淳志准教授
  6. 動画でわかる! 「575化学実験」実践ガイド
  7. 「Python in Excel」が機能リリースされたときのメリットを解説します

注目情報

最新記事

Utilization of Spectral Data for Materials Informatics ー Feature Extraction and Analysis ー(スペクトルデータのマテリアルズ・インフォマティクスへの活用 ー 特徴量抽出と解析 ー)

開催日2024年2月28日:申込みはこちら■Background of this seminar…

電解液中のイオンが電気化学反応の選択性を決定する

第595回のスポットライトリサーチは、物質・材料研究機構(NIMS) 若手国際研究センター(ICYS…

第10回 野依フォーラム若手育成塾

野依フォーラム若手育成塾について野依フォーラム若手育成塾では、国際企業に通用するリーダー…

【書評】スキルアップ有機化学 しっかり身につく基礎の基礎

東京化学同人より 2024 年 2 月 16 日に刊行された、「スキルアップ有機…

“逆転の発想”で世界最高のプロトン伝導度を示す新物質を発見

第594回のスポットライトリサーチは、東京工業大学 理学院 化学系 八島研究室の齊藤 馨(さいとう …

PAGE TOP