[スポンサーリンク]


反応開発

  1. スチレンにCoのHATをかぶせれば、インドールを不斉アルキル化

    コバルト触媒とスチレンを用いたインドールの不斉アルキル化が開発された。系中で生じるCo(III)–H種とアルケンの水素移動(HAT)反応と続く一電子酸化によりキラルなアルキルコバルト(IV)の形成が本反応の鍵である。スチレンを用いたイン…

  2. アルケンでCatellani反応: 長年解決されなかった副反応を制御した

    アルケンに対するCatellani反応が開発された。構造改変したノルボルネンを用いることで副反応のシ…

  3. α,β-不飽和イミンのγ-炭素原子の不斉マイケル付加反応

    α,β-不飽和イミンのγ-炭素原子のエナールへのエナンチオ選択的マイケル付加反応が開発された。新規環…

  4. NHCが触媒する不斉ヒドロフッ素化

    キラルなN–ヘテロ環状カルベン(NHC)を触媒として用いたα,β-不飽和アルデヒドに対する不斉ヒドロ…

  5. アルケニルアミドに2つアリールを入れる

    ニッケル触媒を用いたアルケニルアミドの1,2-ジアリール化反応が開発された。フマル酸エステルを配位子…

  6. 有機ルイス酸触媒で不斉向山–マイケル反応

  7. クロスメタセシスによる三置換アリルアルコール類の合成

  8. ジボリルメタンに一挙に二つの求電子剤をくっつける

  9. 内部アルケンのアリル位の選択的官能基化反応

  10. 官能基「プロパルギル基」導入の道

  11. 炭素原子のまわりにベンゼン環をはためかせる

  12. 複雑分子を生み出す脱水素型ディールス・アルダー反応

  13. 抗結核薬R207910の不斉合成

  14. 摩訶不思議なルイス酸・トリス(ペンタフルオロフェニル)ボラン

  15. 金属中心に不斉を持つオレフィンメタセシス触媒

  16. シリリウムカルボラン触媒を用いる脱フッ素水素化

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 田辺シリル剤
  2. 磁性液体:常温で液体になる磁性体を初発見 東大大学院
  3. 縮合剤 Condensation Reagent
  4. アシロイン縮合 Acyloin Condensation
  5. もう別れよう:化合物を分離・精製する|第5回「有機合成実験テクニック」(リケラボコラボレーション)
  6. 超分子ランダム共重合を利用して、二つの”かたち”が調和されたような超分子コポリマーを造り、さらに光反応を利用して別々の”かたち”に分ける
  7. 有機反応の立体選択性―その考え方と手法

注目情報

最新記事

研究のプロフェッショナルに囲まれて仕事をしたい 大学助教の願いを実現した「ビジョンマッチング」

「アカデミアから民間への移籍は難しい」「民間企業にアカデミアの研究者はな…

SNS予想で盛り上がれ!2022年ノーベル化学賞は誰の手に?

さてことしも9月半ば、ノーベル賞シーズンが到来します!化学賞は日本時間 10月5日(水) 18時45…

マテリアルズ・インフォマティクスにおける予測モデルの解釈性を上げるには?

開催日:2022/09/28 申込みはこちら■開催概要近年、少子高齢化、働き手の不足の影…

クラリベイト・アナリティクスが「引用栄誉賞2022」を発表!

ノーベル賞発表時期が近づき、例年同様、クラリベイト・アナリティクス社から2022年の引用栄誉賞が発表…

「つける」と「はがす」の新技術|分子接合と表面制御 R4

開講期間令和4(2022)年  9月28日(水)、29日(木)(計2日間)募集人員15名…

PAGE TOP