[スポンサーリンク]


反応開発

  1. アルケニルアミドに2つアリールを入れる

    ニッケル触媒を用いたアルケニルアミドの1,2-ジアリール化反応が開発された。フマル酸エステルを配位子とすることで単純なアミド基をもつアルケンのジアリール化が可能である。非共役アルケンの1,2-ジアリール化反応アルケンは、置換基を…

  2. 有機ルイス酸触媒で不斉向山–マイケル反応

    ブレンステッド酸とシリルケテンアセタールを組み合わせてルイス酸として機能させることで、α,β-不飽和…

  3. クロスメタセシスによる三置換アリルアルコール類の合成

    クロスメタセシスを用いた三置換アリルアルコール/エーテルの合成法が開発された。用いる試薬により生成物…

  4. ジボリルメタンに一挙に二つの求電子剤をくっつける

    ジボリルメタンに対し銅触媒を用いて二種の求電子剤をジアステレオ選択的に連結し、二つの炭素–炭素結合を…

  5. 内部アルケンのアリル位の選択的官能基化反応

    不活性な内部アルケンに対する触媒的ヘテロ-エン反応を鍵としたアリル位のエナンチオ選択的、位置選択的か…

  6. 官能基「プロパルギル基」導入の道

  7. 炭素原子のまわりにベンゼン環をはためかせる

  8. 複雑分子を生み出す脱水素型ディールス・アルダー反応

  9. 抗結核薬R207910の不斉合成

  10. 摩訶不思議なルイス酸・トリス(ペンタフルオロフェニル)ボラン

  11. 金属中心に不斉を持つオレフィンメタセシス触媒

  12. シリリウムカルボラン触媒を用いる脱フッ素水素化

  13. エステルをアルデヒドに変換する新手法

  14. フィル・バラン Phil S. Baran

  15. 金属を使わない触媒的水素化

スポンサー

ピックアップ記事

  1. エステルからエーテルをつくる脱一酸化炭素金属触媒
  2. シュライバー・アトキンス 無機化学 (上)・(下) 第 6 版
  3. 【読者特典】第92回日本化学会付設展示会を楽しもう!
  4. 第28回光学活性化合物シンポジウム
  5. テトロドトキシン てとろどときしん tetrodotoxin(TTX)
  6. リベロマイシンA /Reveromycin A
  7. カルタミン

注目情報

最新記事

【大阪開催2月26日】 「化学系学生のための企業研究セミナー」

2020年卒業予定の学生の皆さんは、3月から就活本番を迎えますが、すでに企業の選考がスタートしている…

Nature 創刊150周年記念シンポジウム:ポスター発表 募集中!

本年、Nature 創刊150周年を迎えるそうです。150年といえば、明治時代が始まったばかり、北海…

アルケニルアミドに2つアリールを入れる

ニッケル触媒を用いたアルケニルアミドの1,2-ジアリール化反応が開発された。フマル酸エステルを配位子…

蛍光標識で定性的・定量的な解析を可能に:Dansyl-GSH

反応性代謝物の存在を調べたい。代謝化学の実験をしていれば、ほとんどの人がそう思うのではないでしょうか…

アメリカで医者にかかる

アメリカの大学院に進学する際、とても悩んだのが、医療保険についてです。アメリカでは医療費がとても高い…

PAGE TOP