[スポンサーリンク]


反応開発

  1. アルケンでCatellani反応: 長年解決されなかった副反応を制御した

    アルケンに対するCatellani反応が開発された。構造改変したノルボルネンを用いることで副反応のシクロプロパン化が抑制され、四置換オレフィンを効率的に合成することができる。Catellani反応とシクロプロパン化Catellani…

  2. α,β-不飽和イミンのγ-炭素原子の不斉マイケル付加反応

    α,β-不飽和イミンのγ-炭素原子のエナールへのエナンチオ選択的マイケル付加反応が開発された。新規環…

  3. NHCが触媒する不斉ヒドロフッ素化

    キラルなN–ヘテロ環状カルベン(NHC)を触媒として用いたα,β-不飽和アルデヒドに対する不斉ヒドロ…

  4. アルケニルアミドに2つアリールを入れる

    ニッケル触媒を用いたアルケニルアミドの1,2-ジアリール化反応が開発された。フマル酸エステルを配位子…

  5. 有機ルイス酸触媒で不斉向山–マイケル反応

    ブレンステッド酸とシリルケテンアセタールを組み合わせてルイス酸として機能させることで、α,β-不飽和…

  6. クロスメタセシスによる三置換アリルアルコール類の合成

  7. ジボリルメタンに一挙に二つの求電子剤をくっつける

  8. 内部アルケンのアリル位の選択的官能基化反応

  9. 官能基「プロパルギル基」導入の道

  10. 炭素原子のまわりにベンゼン環をはためかせる

  11. 複雑分子を生み出す脱水素型ディールス・アルダー反応

  12. 抗結核薬R207910の不斉合成

  13. 摩訶不思議なルイス酸・トリス(ペンタフルオロフェニル)ボラン

  14. 金属中心に不斉を持つオレフィンメタセシス触媒

  15. シリリウムカルボラン触媒を用いる脱フッ素水素化

  16. エステルをアルデヒドに変換する新手法

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 嘘か真かヒトも重水素化合物をかぎわける
  2. スコット・ミラー Scott J. Miller
  3. (+)-ゴニオトキシンの全合成
  4. キノコから見いだされた新規生物活性物質「ヒトヨポディンA」
  5. シリカゲル担持4-ヒドロキシ-TEMPOを用いたアルコール類の空気酸化反応
  6. 2015年化学10大ニュース
  7. ベンジル位アセタールを選択的に酸素酸化する不均一系触媒

注目情報

最新記事

有機合成化学協会誌2021年4月号:共有結合・ゲル化剤・Hoveyda-Grubbs型錯体・糸状菌ジテルペノイドピロン・Teleocidin B

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2021年4月号がオンライン公開されました。新…

第144回―「CO2を捕捉する多孔性金属-有機構造体の開発」Myunghyun Paik Suh教授

第144回の化学者インタビューは、ミョンヒョン・パク・ソ教授です。韓国のソウル大学で化学を専攻し、有…

ガラス器具を見積もりできるシステム導入:旭製作所

化学実験に欠かせないガラス器具。自分の使いやすいようにカスタマイズしたいと思いませんか? 昔は大学に…

陰イオン認識化学センサーの静水圧制御に成功~高選択的な分子検出法を確立~

東京工業大学 理学院 化学系の木下 智和 大学院生、福原 学 准教授、立命館大学の前田 大光 教授ら…

第143回―「単分子エレクトロニクスと化学センサーの研究」Nongjian (NJ) Tao 教授

第143回の化学者インタビューは、ノンジャン・タオ教授です。アリゾナ州立大学バイオデザイン研究所バイ…

PAGE TOP