[スポンサーリンク]


反応開発

  1. α,β-不飽和イミンのγ-炭素原子の不斉マイケル付加反応

    α,β-不飽和イミンのγ-炭素原子のエナールへのエナンチオ選択的マイケル付加反応が開発された。新規環状β-アミノ酸の有用な合成法となりうる。遠隔位での不斉マイケル付加反応不斉アミン触媒を用いたα,β-不飽和カルボニル化合物へのエナン…

  2. NHCが触媒する不斉ヒドロフッ素化

    キラルなN–ヘテロ環状カルベン(NHC)を触媒として用いたα,β-不飽和アルデヒドに対する不斉ヒドロ…

  3. アルケニルアミドに2つアリールを入れる

    ニッケル触媒を用いたアルケニルアミドの1,2-ジアリール化反応が開発された。フマル酸エステルを配位子…

  4. 有機ルイス酸触媒で不斉向山–マイケル反応

    ブレンステッド酸とシリルケテンアセタールを組み合わせてルイス酸として機能させることで、α,β-不飽和…

  5. クロスメタセシスによる三置換アリルアルコール類の合成

    クロスメタセシスを用いた三置換アリルアルコール/エーテルの合成法が開発された。用いる試薬により生成物…

  6. ジボリルメタンに一挙に二つの求電子剤をくっつける

  7. 内部アルケンのアリル位の選択的官能基化反応

  8. 官能基「プロパルギル基」導入の道

  9. 炭素原子のまわりにベンゼン環をはためかせる

  10. 複雑分子を生み出す脱水素型ディールス・アルダー反応

  11. 抗結核薬R207910の不斉合成

  12. 摩訶不思議なルイス酸・トリス(ペンタフルオロフェニル)ボラン

  13. 金属中心に不斉を持つオレフィンメタセシス触媒

  14. シリリウムカルボラン触媒を用いる脱フッ素水素化

  15. エステルをアルデヒドに変換する新手法

  16. フィル・バラン Phil S. Baran

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 蛍光共鳴エネルギー移動(FRET)のドナーとして利用される蛍光色素
  2. イオン交換が分子間電荷移動を駆動する協奏的現象の発見
  3. 新たな製品から未承認成分検出 大津の会社製造
  4. 生体深部イメージングに有効な近赤外発光分子の開発
  5. 鴻が見る風景 ~山本尚教授の巻頭言より~
  6. サイエンスアゴラ参加辞退のお知らせ
  7. 本当の天然物はどれ?

注目情報

最新記事

青色LED励起を用いた赤色強発光体の開発 ~ナノカーボンの活用~

第250回のスポットライトリサーチは、北海道大学 長谷川研究室 特任講師の北川裕一(きたがわ ゆうい…

第61回―「デンドリマーの化学」Donald Tomalia教授

第61回の海外化学者インタビューは、ドナルド・A・トマリア教授です。国立デンドリマー・ナノテクノロジ…

お前はもう死んでいる:不安定な試薬たち|第4回「有機合成実験テクニック」(リケラボコラボレーション)

理系の理想の働き方を考える研究所「リケラボ」とコラボレーションとして「有機合成実験テクニック」の特集…

第60回―「エネルギー・環境化学に貢献する金属-有機構造体」Martin Schröder教授

第60回の海外化学者インタビューは、マーティン・シュレーダー教授です。ノッティンガム大学化学科(訳注…

炭素置換Alアニオンの合成と性質の解明

第249回のスポットライトリサーチは、名古屋大学大学院工学研究科(山下研究室)・車田 怜史 さんにお…

PAGE TOP