[スポンサーリンク]


反応開発

  1. アルケンでCatellani反応: 長年解決されなかった副反応を制御した

    アルケンに対するCatellani反応が開発された。構造改変したノルボルネンを用いることで副反応のシクロプロパン化が抑制され、四置換オレフィンを効率的に合成することができる。Catellani反応とシクロプロパン化Catellani…

  2. α,β-不飽和イミンのγ-炭素原子の不斉マイケル付加反応

    α,β-不飽和イミンのγ-炭素原子のエナールへのエナンチオ選択的マイケル付加反応が開発された。新規環…

  3. NHCが触媒する不斉ヒドロフッ素化

    キラルなN–ヘテロ環状カルベン(NHC)を触媒として用いたα,β-不飽和アルデヒドに対する不斉ヒドロ…

  4. アルケニルアミドに2つアリールを入れる

    ニッケル触媒を用いたアルケニルアミドの1,2-ジアリール化反応が開発された。フマル酸エステルを配位子…

  5. 有機ルイス酸触媒で不斉向山–マイケル反応

    ブレンステッド酸とシリルケテンアセタールを組み合わせてルイス酸として機能させることで、α,β-不飽和…

  6. クロスメタセシスによる三置換アリルアルコール類の合成

  7. ジボリルメタンに一挙に二つの求電子剤をくっつける

  8. 内部アルケンのアリル位の選択的官能基化反応

  9. 官能基「プロパルギル基」導入の道

  10. 炭素原子のまわりにベンゼン環をはためかせる

  11. 複雑分子を生み出す脱水素型ディールス・アルダー反応

  12. 抗結核薬R207910の不斉合成

  13. 摩訶不思議なルイス酸・トリス(ペンタフルオロフェニル)ボラン

  14. 金属中心に不斉を持つオレフィンメタセシス触媒

  15. シリリウムカルボラン触媒を用いる脱フッ素水素化

  16. エステルをアルデヒドに変換する新手法

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 根岸クロスカップリング Negishi Cross Coupling
  2. ボリルアジドを用いる直接的アミノ化
  3. 味の素グループの化学メーカー「味の素ファインテクノ」を紹介します
  4. 米デュポンの7-9月期、ハリケーン被害などで最終赤字
  5. ゲラニオール
  6. 製薬外資、日本へ攻勢 高齢化で膨らむ市場
  7. 世界の中心で成果を叫んだもの

注目情報

最新記事

生体医用イメージングを志向した第二近赤外光(NIR-II)色素:③その他の材料

バイオイメージングにおけるの先端領域の一つである「第二近赤外光(NIR-II)色素」についての総説を…

自己多層乳化を用いたマトリョーシカ微粒子の調製 〜油と水を混ぜてすぐ固めるだけ〜

岡山大学学術研究院自然科学学域(工)の渡邉貴一研究准教授と同大学院自然科学研究科博士前期課程の安原有…

【書籍】セルプロセッシング工学 (増補) –抗体医薬から再生医療まで–

今回ご紹介する書籍「セルプロセッシング工学 (増補) –抗体医薬から再生医療まで–」は、20…

芳香環にフッ素を導入しながら変形する: 有機フッ素化合物の新規合成法の開発に成功

第361回のスポットライトリサーチは、早稲田大学大学院先進理工学研究科(山口潤一郎研究室)小松田 雅…

湘南ヘルスイノベーションパークがケムステVプレミアレクチャーに協賛しました

レジェンド化学者もしくは第一人者の長時間講演を完全無料で放映する、ケムステVプレ…

PAGE TOP