[スポンサーリンク]


反応開発

  1. 反応開発はいくつ検討すればいいのか? / On the Topic of Substrate Scope より

    一体どれだけ実験すれば俺たちは報われる……?新しい有機反応を開発する反応開発分野では、見つけた反応がどんな化合物でうまくいくのか調べて、その結果を下図のように表にまとめることが一般的です。図1. 本記事著者が以前発表した反応…

  2. スチレンにCoのHATをかぶせれば、インドールを不斉アルキル化

    コバルト触媒とスチレンを用いたインドールの不斉アルキル化が開発された。系中で生じるCo(III)–H…

  3. アルケンでCatellani反応: 長年解決されなかった副反応を制御した

    アルケンに対するCatellani反応が開発された。構造改変したノルボルネンを用いることで副反応のシ…

  4. α,β-不飽和イミンのγ-炭素原子の不斉マイケル付加反応

    α,β-不飽和イミンのγ-炭素原子のエナールへのエナンチオ選択的マイケル付加反応が開発された。新規環…

  5. NHCが触媒する不斉ヒドロフッ素化

    キラルなN–ヘテロ環状カルベン(NHC)を触媒として用いたα,β-不飽和アルデヒドに対する不斉ヒドロ…

  6. アルケニルアミドに2つアリールを入れる

  7. 有機ルイス酸触媒で不斉向山–マイケル反応

  8. クロスメタセシスによる三置換アリルアルコール類の合成

  9. ジボリルメタンに一挙に二つの求電子剤をくっつける

  10. 内部アルケンのアリル位の選択的官能基化反応

  11. 官能基「プロパルギル基」導入の道

  12. 炭素原子のまわりにベンゼン環をはためかせる

  13. 複雑分子を生み出す脱水素型ディールス・アルダー反応

  14. 抗結核薬R207910の不斉合成

  15. 摩訶不思議なルイス酸・トリス(ペンタフルオロフェニル)ボラン

  16. 金属中心に不斉を持つオレフィンメタセシス触媒

スポンサー

ピックアップ記事

  1. プロペンを用いたpiericidin Aの収束的短工程合成
  2. 2013年ノーベル化学賞は誰の手に?トムソンロイター版
  3. スルホニルアミノ酸を含むペプチドフォルダマーの創製
  4. どっちをつかう?:in spite ofとdespite
  5. マテリアルズ・インフォマティクスにおける回帰手法の基礎
  6. 「人工タンパク質ケージを操る」スイス連邦工科大学チューリヒ校・Hilvert研より
  7. リチウムイオン電池製造の勘どころ【終了】

注目情報

最新記事

マテリアルズ・インフォマティクスにおけるデータ0からの初期データ戦略

開催日:2024/06/05 申込みはこちら■開催概要近年、少子高齢化、働き手の不足の影…

ホウ素の力でイオンを見る!長波長光での観察を可能とするアニオンセンサーの開発

第 615回のスポットライトリサーチは、大阪大学大学院 工学研究科応用化学専攻 南方…

マテリアルズ・インフォマティクスと持続可能性: 環境課題の解決策

開催日:2024/05/29 申込みはこちら■開催概要近年、少子高齢化、働き手の不足の影…

Christoper Uyeda教授の講演を聴講してみた

bergです。この度は2024年5月13日(月)に東京大学 本郷キャンパス(薬学部)にて開催された「…

有機合成化学協会誌2024年5月号:「分子設計・編集・合成科学のイノベーション」特集号

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2024年5月号がオンライン公開されています。…

PAGE TOP