[スポンサーリンク]

ケムステまとめ

化学の成果で脚光を浴びた小・中・高校生たち

[スポンサーリンク]

ケムステの読者は大学生・大学院生がメインですが、それよりずっと若い世代である、小・中・高校生が化学の話題で市井を賑わせることも最近とみに増えてきたようです。過去記事からピックアップしてご紹介します。

 

中学生の研究が米国の一流論文誌に掲載された

resolution_1

光学異性体の分離過程を再結晶溶媒でスイッチできるというユニークな研究を、科学者育成プログラムによるサポートで埼玉県の中学生2年生が担当。米国化学会の有機化学トップ誌であるJ. Org. Chem.に見事掲載されました。

Solvent-induced Reversed Stereoselectivity in Reciprocal Resolutions of Mandelic Acid and erythro-2-Amino-1,2-diphenylethanol
Hiroaki Shitara, Toshiki Shintani, Koichi Kodama, and Takuji Hirose J. Org. Chem2013,  78,9309. DOI: 10.1021/jo401517q

 

 京都の高校生の学術論文が優秀賞に輝く

glycerol_2

スーパーサイエンスハイスクールの高校生が担当した、「グリセリンの結晶化から水素結合ネットワークを観測」した研究。日本化学会欧文誌Bulletin of the Chemical Society of Japanに掲載されたばかりか、見事Selected Paperに選出されるという快挙!

Observation of a Hydrogen-Bonded 3D Structure of Crystalline Glycerol
Kusukawa, T.; Niwa, G.; Sasaki, T.; Oosawa, R.; Himeno, W.; Kato, M. Bull.  Chem. Soc. Jpn  2013, 86, 351-353. doi:10.1246/bcsj.20120300

 

秋田の女子高生が「ヒル避け」特許を取得

downhiru

厄介者のヤマビルを追い払う忌避剤、名付けて”ダウンヒル”で特許を取得。秋田県の女子高生たちが行った研究のたまものです。

 

大分の高校生が特許を取得!

tokkyo_title

大分県の高校化学部に属する学生たちの研究成果が特許として認められたというニュースです。高分子膜「コロジオン膜」を作る高分子間の孔径を変えたり、孔径の中に物質を閉じ込めたりする制御技術を開発しました。全国高校総合文化祭の自然科学部門:化学で最優秀賞もゲットしています。

 

仙台の高校生だって負けてません!

higscharticle

仙台の高校化学部に所属する3名が行ったJournal of Material Science誌に報告されました。強力な抗菌作用をもつ酸化銀クラスレートの発見についてです。

Ag2O3 Clathrate is a Novel and Effective Antimicrobial Agent
Ando, S.; Hioki, T.; Yamada, T.; Watanabe, N.; Higashitani, A. J. Mater. Sci. 2012, 47, 2928.  DOI: 10.1007/s10853-011-6125-0

 

茨城の女子高生が快挙!

JKBZ

こちらもスーパーサイエンスハイスクール水戸第二高の数理学同好会に属する女子高生が発見。

BZ反応とよばれる化学振動が、止まったはずなのにしばらくすると復活するという面白い現象を突き止めました。実験をほったらかしてカラオケに行ってしまい、次の週の月曜日に学校へ来てみたら液の色が変わっていたというセレンディピティがきっかけだそうです。

Rebirth of a Dead Belousov-Zhabotinsky Oscillator
Onuma, H.; Okubo, A.; Yokokawa, M.; Endo, M.; Kurihashi, A.; Sawahata, H. J. Phys. Chem. A  2011, 115, 14137. DOI: 10.1021/jp200103s

 

小学2年生が危険物取扱者甲種に合格!

kikenbutsu_title1

危険物取扱者はかつて受験資格が限られていましたが、最近は緩和されたので、こういったニュースがたまにあります。2013年に東京の小学2年生が化学系の難関資格・危険物取扱者甲種を史上最年少で取得しました。初挑戦での合格です。

 

国際化学オリンピックでメダル連発

chemolympic_result2010

世界中の高校生が化学の力を競い合う国際化学オリンピック。2010年には日本でも開催されました。

近年日本は力を付けてきており、毎年メダルを多数獲得する快挙を成し遂げています。

 

化学でカードバトル!『Elementeo』

Elementeo-Anshul-Samar

化学反応をモチーフとしたユニークな海外発ボードゲーム『Elementeo』。驚くべきは開発者がなんと14歳(中学3年生)という点。会社も設立して既にCEO、堂々としたものです。

類似のアナログゲームは日本からも発売されています。その名もケミストリークエスト。こちらも中学生がCEOである会社から販売されています。

 

 

 

cosine

cosine

投稿者の記事一覧

博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。
関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。
素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. 「化学研究ライフハック」シリーズ 2017版まとめ
  2. 生合成研究の記事まとめ
  3. 研究費・奨学金の獲得とプロポーザルについて学ぼう!
  4. ケムステVシンポまとめ
  5. 身近なカガクを説明した記事まとめ
  6. インフルエンザ治療薬と記事まとめ
  7. 研究倫理問題について学んでおこう
  8. ケムステ記事ランキングまとめ

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. アメリカで Ph. D. を取る –希望研究室にメールを送るの巻– (準備編)
  2. 3級C-H結合選択的な触媒的不斉カルベン挿入反応
  3. ストーク エナミン Stork Enamine
  4. 中嶋直敏 Nakashima Naotoshi
  5. 潤滑油、グリースおよび添加剤の実践的分離【終了】
  6. クゥイリン・ディン Kui-Ling Ding
  7. 亜鉛クロロフィル zinc chlorophyll
  8. 誤解してない? 電子の軌道は”軌道”ではない
  9. ロイカート・ヴァラッハ反応 Leuckart-Wallach Reaction
  10. 育て!燃料電池を担う子供たち

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

注目情報

注目情報

最新記事

第121回―「亜鉛勾配を検出する蛍光分子の開発」Lei Zhu教授

第121回の海外化学者インタビューは、Lei Zhu教授です。フロリダ州立大学 化学・生化学科で、亜…

高知市で「化学界の権威」を紹介する展示が開催中

明治から昭和にかけて“化学界の権威”として活躍した高知出身の化学者=近重真澄を紹介する展示が高知市で…

ケムステバーチャルプレミアレクチャーの放送開始決定!

主に最先端化学に関する講演者をテーマ別で招待しオンライン講演を行っていただくケムステバーチャルシンポ…

分子運動を世界最高速ムービーで捉える!

第275回のスポットライトリサーチは、東京大学大学院理学系研究科化学専攻 博士課程・清水俊樹 さんに…

「未来博士3分間コンペティション2020」の挑戦者を募集

科学技術人材育成のコンソーシアムの構築事業(次世代研究者育成プログラム)「未来を拓く地方協奏プラ…

イグノーベル賞2020が発表 ただし化学賞は無し!

「人々を笑わせ、そして考えさせてくれる業績」に対して贈られるノーベル賞のパロディである「イグノーベル…

電子実験ノートSignals Notebookを紹介します ②

前回に引き続き(間がだいぶ空いてしまいましたが、、、)Signals Notebookの使い…

化学者のためのエレクトロニクス講座~有機半導体編

このシリーズでは、化学者のためのエレクトロニクス講座では半導体やその配線技術、フォトレジストやOLE…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP