[スポンサーリンク]


構造生物学

  1. 神谷 信夫 Nobuo Kamiya

    神谷 信夫(かみや のぶお, 1953年7月8日-)は、日本の生化学者である。大阪市立大学教授。 (さらに…)…

  2. ネイサン・ネルソン Nathan Nelson

    ネイサン・ネルソン(Nathan Nelson, 1938年1月1日(Avihail, イスラエル生…

  3. 構造生物学

    内容構造生物学の現状、すなわち「タンパク質などの立体構造からその生物学的機能を明らかにする研…

  4. タンパク質の構造と機能―ゲノム時代のアプローチ

    対象構造生物学を勉強する学生、とくにタンパク質の機能について、分子構造レベルから基礎的知識を…

  5. マイケル・レヴィット Michael Levitt

    マイケル・レヴィット(Michael Levitt、1947年5月9日、プリトリア(南アフリカ)生ま…

  6. ゲームプレイヤーがNatureの論文をゲット!?

スポンサー

ピックアップ記事

  1. ハッピー・ハロウィーン・リアクション
  2. マット・ショアーズ Matthew P. Shores
  3. Z-スキームモデル Z-Scheme Model
  4. 住友化・大日本住友薬、ファイザーと高血圧症薬で和解
  5. 採用面接で 「今年の日本化学会では発表をしますか?」と聞けば
  6. 波動-粒子二重性 Wave-Particle Duality: で、粒子性とか波動性ってなに?
  7. サイエンスアゴラの魅力を聞く-「iCeMS」水町先生

注目情報

最新記事

光で2-AGの量を制御する

ケージド化合物を用いた2-AG量の操作法が初めて開発された。2-AG量を時空間的に操作することができ…

葉緑素だけが集積したナノシート

第235回のスポットライトリサーチは、立命館大学 民秋研究室で博士研究員をされていた、庄司 淳(しょ…

第38回「分子組織化の多様な側面を理解する」Neil Champness教授

長らく更新が止まっていましたが、海外化学者インタビュー再開しました。Nature Chemistry…

排ガス原料のSAFでデリバリーフライトを実施

ANAは日本時間の10月30日、排ガスを原料とするSustainable Aviation Fuel…

“つける“と“はがす“の新技術―分子接合と表面制御

お申込み・詳細はこちら日程2020年1月9日(木)・10日(金)定員20名  先着順…

PAGE TOP