[スポンサーリンク]


構造生物学

  1. ジョン・ケンドリュー John C. Kendrew

    ジョン・コウデリー・ケンドリュー(John Cowdery Kendrew、1917年3月24日-1997年8月23日)は、イギリスの生化学者・結晶学者である(写真:NNDB)。タンパク質のX線結晶構造解析を世界で初めて達成した。この業績に…

  2. 神谷 信夫 Nobuo Kamiya

    神谷 信夫(かみや のぶお, 1953年7月8日-)は、日本の生化学者である。大阪市立大学教授。…

  3. ネイサン・ネルソン Nathan Nelson

    ネイサン・ネルソン(Nathan Nelson, 1938年1月1日(Avihail, イスラエル生…

  4. 構造生物学

    内容構造生物学の現状、すなわち「タンパク質などの立体構造からその生物学的機能を明らかにする研…

  5. タンパク質の構造と機能―ゲノム時代のアプローチ

    対象構造生物学を勉強する学生、とくにタンパク質の機能について、分子構造レベルから基礎的知識を…

  6. マイケル・レヴィット Michael Levitt

  7. ゲームプレイヤーがNatureの論文をゲット!?

スポンサー

ピックアップ記事

  1. Nsアミン誘導体
  2. 科博特別展「日本を変えた千の技術博」にいってきました
  3. 芳香族求核置換反応 Nucleophilic Aromatic Substitution
  4. 中村 正治 Masaharu Nakamura
  5. ビタミンB1塩酸塩を触媒とするぎ酸アミド誘導体の合成
  6. 5歳児の唾液でイグ・ノーベル化学賞=日本人、13年連続
  7. アルツハイマー原因物質、緑茶成分に抑制機能・埼玉医大など

注目情報

最新記事

光と水で還元的環化反応をリノベーション

第609回のスポットライトリサーチは、北海道大学 大学院薬学研究院(精密合成化学研究室)の中村顕斗 …

ブーゲ-ランベルト-ベールの法則(Bouguer-Lambert-Beer’s law)

概要分子が溶けた溶液に光を通したとき,そこから出てくる光の強さは,入る前の強さと比べて小さくなる…

活性酸素種はどれでしょう? 〜三重項酸素と一重項酸素、そのほか〜

第109回薬剤師国家試験 (2024年実施) にて、以下のような問題が出題されま…

産総研がすごい!〜修士卒研究職の新育成制度を開始〜

2023年より全研究領域で修士卒研究職の採用を開始した産業技術総合研究所(以下 産総研)ですが、20…

有機合成化学協会誌2024年4月号:ミロガバリン・クロロププケアナニン・メロテルペノイド・サリチル酸誘導体・光励起ホウ素アート錯体

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2024年4月号がオンライン公開されています。…

PAGE TOP