[スポンサーリンク]


生体共役反応

  1. マット・フランシス Matthew B. Francis

    マシュー・B・フランシス(Matthew B. Francis、1971年xx月xx日(Ohio,米国生まれ)-)は、アメリカの化学者である。カリフォルニア大学バークリー校教授。(写真:Francis Labより)…

  2. 武装抗体―化学者が貢献できるポイントとは?

    武装抗体(armed antibodyもしくはantibody-drug conjugate, AD…

  3. ヒュスゲン環化付加 Huisgen Cycloaddition

    概要ヒュスゲン双極子環化付加(Huisgen 1,3-dipolar cycloaddition…

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 井上 佳久 Yoshihisa Inoue
  2. 第11回ケムステVシンポジウム「最先端精密高分子合成」を開催します!
  3. アルデヒドのC-Hクロスカップリングによるケトン合成
  4. 比色法の化学(後編)
  5. 簡単に扱えるボロン酸誘導体の開発 ~小さな構造変化が大きな違いを生んだ~
  6. 未来のノーベル化学賞候補者(2)
  7. 第141回―「天然と人工の高分子を融合させる」Sébastien Perrier教授

注目情報

最新記事

電子のスピンに基づく新しい「異性体」を提唱―スピン状態を色で見分けられる分子を創製―

第614回のスポットライトリサーチは、京都大学大学院工学研究科(松田研究室)の清水大貴 助教にお願い…

Wei-Yu Lin教授の講演を聴講してみた

bergです。この度は2024年5月13日(月)に東京大学 本郷キャンパス(薬学部)にて開催されたW…

【26卒】太陽HD研究開発 1day仕事体験

太陽HDでの研究開発職を体感してみませんか?私たちの研究活動についてより近くで体験していただく場…

カルベン転移反応 ~フラスコ内での反応を生体内へ~

有機化学を履修したことのある方は、ほとんど全員と言っても過言でもないほどカルベンについて教科書で習っ…

ナノ学会 第22回大会 付設展示会ケムステキャンペーン

ナノ学会の第22回大会が東北大学青葉山新キャンパスにて開催されます。協賛団体であるACS(ア…

PAGE TOP