[スポンサーリンク]


生体共役反応

  1. メチオニン選択的タンパク質修飾反応 Met-Selective Protein Modification

    メチオニン(Methionine, Met)は、存在比率および表面露出数がトリプトファンに次いで低い天然アミノ酸である。その側鎖(メチルスルフィド)は他のアミノ酸側鎖が示す求核性とは相補的な反応性を示す。またMetは疎水性残基であり、荷電側…

  2. トリプトファン選択的タンパク質修飾反応 Trp-Selective Protein Modification

    トリプトファン(Tryptophan, Trp)は90%のタンパク質中に含まれる疎水性アミノ酸である…

  3. 中村 浩之 Hiroyuki Nakamura

    中村 浩之(なかむら ひろゆき、1967年x月x日-)は、日本の有機化学者・化学生物学者である。東京…

  4. ルミノール誘導体を用いるチロシン選択的タンパク質修飾法

    2015年、東京工業大学・中村浩之らは、ルミノール誘導体と鉄-ポルフィリン複合体(ヘミン)を用い、チ…

  5. グレッグ・ウィンター Gregory P. Winter

    グレゴリー・ポール・ウィンター (Sir Gregory Paul Winter、1951年4月14…

  6. ファージディスプレイでシステイン修飾法の配列選択性を見いだす

  7. リガンド結合部位近傍のリジン側鎖をアジド基に置換する

  8. メチオニン選択的なタンパク質修飾反応

  9. ヒスチジン近傍選択的なタンパク質主鎖修飾法

  10. 活性ベースタンパク質プロファイリング Activity-Based Protein Profiling

  11. ザック・ボール Zachary T. Ball

  12. ベン・デイヴィス Ben G. Davis

  13. トリプトファン選択的なタンパク質修飾反応の開発

  14. 「遷移金属を用いてタンパク質を選択的に修飾する」ライス大学・Ball研より

  15. 糖鎖クラスター修飾で分子の生体内挙動を制御する

  16. 抗体-薬物複合体 Antibody-Drug Conjugate

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 相次ぐ”業務用洗剤”による事故
  2. グレッグ・フー Gregory C. Fu
  3. アメリカへ博士号をとりにいく―理系大学院留学奮戦記
  4. C&EN コラム記事 ~Bench & Cubicle~
  5. 2010年化学10大ニュース【Part2】
  6. アメリカ化学留学 ”立志編 ーアメリカに行く前に用意すること?ー”!
  7. グリチルリチン酸 (glycyrrhizic acid)

注目情報

最新記事

蛍光と光増感能がコントロールできる有機ビスマス化合物

第312回のスポットライトリサーチは、岐阜薬科大学(永澤研究室)・向峯あかり 博士にお願いしました。…

三井化学が進める異業種との協業

三井化学と丹青社は、三井化学の最先端のテクノロジーと丹青社の空間づくりのノウハウを組み合わせ、感性に…

第150回―「触媒反応機構を解明する計算化学」Jeremy Harvey教授

第150回の海外化学者インタビューは、ジェレミー・ハーヴェイ教授です。ブリストル大学化学科(訳注:現…

オスミウム活性炭素 –ニトロ基選択的還元触媒–

接触還元は有機合成で汎用する反応の一つです。ニトロ基、オレフィン、アジドなどの還…

【ケムステSlackに訊いてみた③】化学で美しいと思うことを教えて!

日本初のオープン化学コミュニティ・ケムステSlackの質問チャンネルに流れてきたQ&Aの紹介…

PAGE TOP