[スポンサーリンク]


生体共役反応

  1. メチオニン選択的タンパク質修飾反応 Met-Selective Protein Modification

    メチオニン(Methionine, Met)は、存在比率および表面露出数がトリプトファンに次いで低い天然アミノ酸である。その側鎖(メチルスルフィド)は他のアミノ酸側鎖が示す求核性とは相補的な反応性を示す。またMetは疎水性残基であり、荷電側…

  2. トリプトファン選択的タンパク質修飾反応 Trp-Selective Protein Modification

    トリプトファン(Tryptophan, Trp)は90%のタンパク質中に含まれる疎水性アミノ酸である…

  3. 中村 浩之 Hiroyuki Nakamura

    中村 浩之(なかむら ひろゆき、1967年x月x日-)は、日本の有機化学者・化学生物学者である。東京…

  4. ルミノール誘導体を用いるチロシン選択的タンパク質修飾法

    2015年、東京工業大学・中村浩之らは、ルミノール誘導体と鉄-ポルフィリン複合体(ヘミン)を用い、チ…

  5. グレッグ・ウィンター Gregory P. Winter

    グレゴリー・ポール・ウィンター (Sir Gregory Paul Winter、1951年4月14…

  6. ファージディスプレイでシステイン修飾法の配列選択性を見いだす

  7. リガンド結合部位近傍のリジン側鎖をアジド基に置換する

  8. メチオニン選択的なタンパク質修飾反応

  9. ヒスチジン近傍選択的なタンパク質主鎖修飾法

  10. 活性ベースタンパク質プロファイリング Activity-Based Protein Profiling

  11. ザック・ボール Zachary T. Ball

  12. ベン・デイヴィス Ben G. Davis

  13. トリプトファン選択的なタンパク質修飾反応の開発

  14. 「遷移金属を用いてタンパク質を選択的に修飾する」ライス大学・Ball研より

  15. 糖鎖クラスター修飾で分子の生体内挙動を制御する

  16. 抗体-薬物複合体 Antibody-Drug Conjugate

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 窒素を挿入してペリレンビスイミドを曲げる〜曲面π共役分子の新設計指針の確立を目指して〜
  2. 帝人、EV向けメンブレンのラインを拡充
  3. ポンコツ博士研究員の海外奮闘録 〜ポスドク失職・海外オファー編〜
  4. ターボグリニャール試薬 Turbo Grignard Reagent
  5. エステルからエーテルをつくる脱一酸化炭素金属触媒
  6. 2014年ケムステ記事ランキング
  7. pH応答性硫化水素ドナー分子の開発

注目情報

最新記事

その病気、市販薬で治せます

(さらに…)…

チェーンウォーキングを活用し、ホウ素2つを離れた位置へ導入する!

第350回のスポットライトリサーチは、慶應義塾大学大学院理工学研究科 博士課程 2 …

ヘテロ環、光当てたら、減ってる環

種々の生物活性物質に適用可能な飽和複素環の環縮小反応が開発された。可視光の照射のみで飽和複素環のヘテ…

化学者のためのエレクトロニクス講座~電解金めっき編~

このシリーズでは、化学者のためのエレクトロニクス講座では半導体やその配線技術、フォトレジストやOLE…

モータースポーツで盛り上がるカーボンニュートラル

11月13日、マツダは岡山県の岡山国際サーキットで開催されるスーパー耐久シリーズ2021 Power…

PAGE TOP