[スポンサーリンク]


生体共役反応

  1. メチオニン選択的タンパク質修飾反応 Met-Selective Protein Modification

    メチオニン(Methionine, Met)は、存在比率および表面露出数がトリプトファンに次いで低い天然アミノ酸である。その側鎖(メチルスルフィド)は他のアミノ酸側鎖が示す求核性とは相補的な反応性を示す。またMetは疎水性残基であり、荷電側…

  2. トリプトファン選択的タンパク質修飾反応 Trp-Selective Protein Modification

    トリプトファン(Tryptophan, Trp)は90%のタンパク質中に含まれる疎水性アミノ酸である…

  3. 中村 浩之 Hiroyuki Nakamura

    中村 浩之(なかむら ひろゆき、1967年x月x日-)は、日本の有機化学者・化学生物学者である。東京…

  4. ルミノール誘導体を用いるチロシン選択的タンパク質修飾法

    2015年、東京工業大学・中村浩之らは、ルミノール誘導体と鉄-ポルフィリン複合体(ヘミン)を用い、チ…

  5. グレッグ・ウィンター Gregory P. Winter

    グレゴリー・ポール・ウィンター (Sir Gregory Paul Winter、1951年4月14…

  6. ファージディスプレイでシステイン修飾法の配列選択性を見いだす

  7. リガンド結合部位近傍のリジン側鎖をアジド基に置換する

  8. メチオニン選択的なタンパク質修飾反応

  9. ヒスチジン近傍選択的なタンパク質主鎖修飾法

  10. 活性ベースタンパク質プロファイリング Activity-Based Protein Profiling

  11. ザック・ボール Zachary T. Ball

  12. ベン・デイヴィス Ben G. Davis

  13. トリプトファン選択的なタンパク質修飾反応の開発

  14. 「遷移金属を用いてタンパク質を選択的に修飾する」ライス大学・Ball研より

  15. 糖鎖クラスター修飾で分子の生体内挙動を制御する

  16. 抗体-薬物複合体 Antibody-Drug Conjugate

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 青いセレンディピティー
  2. 研究助成金&海外留学補助金募集:公益財団法人アステラス病態代謝研究会
  3. 四国化成ホールディングスってどんな会社?
  4. 科学とは「世界中で共有できるワクワクの源」! 2018年度ロレアル-ユネスコ女性科学者 日本奨励賞
  5. バージェス試薬 Burgess Reagent
  6. 化学Webギャラリー@Flickr 【Part4】
  7. 技術者・研究者のためのプレゼンテーション入門

注目情報

最新記事

電子のスピンに基づく新しい「異性体」を提唱―スピン状態を色で見分けられる分子を創製―

第614回のスポットライトリサーチは、京都大学大学院工学研究科(松田研究室)の清水大貴 助教にお願い…

Wei-Yu Lin教授の講演を聴講してみた

bergです。この度は2024年5月13日(月)に東京大学 本郷キャンパス(薬学部)にて開催されたW…

【26卒】太陽HD研究開発 1day仕事体験

太陽HDでの研究開発職を体感してみませんか?私たちの研究活動についてより近くで体験していただく場…

カルベン転移反応 ~フラスコ内での反応を生体内へ~

有機化学を履修したことのある方は、ほとんど全員と言っても過言でもないほどカルベンについて教科書で習っ…

ナノ学会 第22回大会 付設展示会ケムステキャンペーン

ナノ学会の第22回大会が東北大学青葉山新キャンパスにて開催されます。協賛団体であるACS(ア…

PAGE TOP