[スポンサーリンク]


生体共役反応

  1. オキシム/ヒドラゾンライゲーション Oxime/Hydrazone Ligation

    概要ケトン・アルデヒドは生体分子にまれにしか存在しないため、位置選択的な生体共役反応の標的として有用である。しかしながらイミン形成でのライゲーションを行おうとしても、イミンの熱力学的安定性の乏しさ、反応の可逆性、酸性脱水縮合条件…

  2. 共有結合で標的タンパク質を高選択的に機能阻害する新しいドラッグデザイン

    第192回目のスポットライトリサーチは、九州大学大学院薬学研究院(王子田研究室)・進藤 直哉 助教に…

  3. 歪み促進逆電子要請型Diels-Alder反応 SPIEDAC reaction

    概要テトラジンやトリアジンなどの極めて電子不足な複素環は、ノルボルネン・trans-シクロオクテ…

  4. 二重可変領域を修飾先とする均質抗体―薬物複合体製造法

    2017年、スクリプス研究所フロリダのWilliam R. RoushおよびCristoph Rad…

  5. ボロン酸エステル/ヒドラゾンの協働が実現する強固な細胞Click反応

    2017年、アルバータ大学・Dennis G. Hallらは、細胞毒性の低いボロン酸とジオール間での…

  6. メタロペプチド触媒を用いるFc領域選択的な抗体修飾法

  7. 生体組織を人工ラベル化する「AGOX Chemistry」

  8. 5-ヒドロキシトリプトファン選択的な生体共役反応

  9. システインの位置選択的修飾を実現する「π-クランプ法」

  10. ククルビットウリルのロタキサン形成でClick反応を加速する

  11. N末端選択的タンパク質修飾反応 N-Terminus Selective Protein Modification

  12. デヒドロアラニン選択的タンパク質修飾反応 Dha-Selective Protein Modification

  13. ジスルフィド架橋型タンパク質修飾法 Disulfide-Bridging Protein Modification

  14. システイン選択的タンパク質修飾反応 Cys-Selective Protein Modification

  15. 歪み促進型アジド-アルキン付加環化 SPAAC Reaction

  16. チロシン選択的タンパク質修飾反応 Tyr-Selective Protein Modification

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 危険物データベース:危険物に関する基礎知識
  2. 架橋シラ-N-ヘテロ環合成の新手法
  3. デヴィッド・シュピーゲル David A. Spiegel
  4. がんをスナイプするフェロセン誘導体
  5. 有機反応機構の書き方
  6. 化学でもフェルミ推定
  7. 液晶中での超分子重合 –電気と光で駆動する液晶材料の開発–

注目情報

最新記事

がん治療用の放射性物質、国内で10年ぶり製造へ…輸入頼みから脱却

政府は、がんの治療や臓器の検査をする医療用の放射性物質の国内製造を近く再開する。およそ10年ぶりとな…

三洋化成の新分野への挑戦

三洋化成と長瀬産業は、AI 技術を応用した人工嗅覚で匂いを識別する「匂いセンサー」について共同で事業…

ケムステSlack、開設二周年!

Chem-Stationが立ち上げた化学系オープンコミュニティ、ケムステSlackを開設して早くも二…

過酸がC–H結合を切ってメチル基を提供する

光増感剤とニッケル触媒を用いたC(sp3)–Hメチル化が開発された。合成終盤でのメチル化に威力を発揮…

化学の祭典!国際化学オリンピック ”53rd IChO 2021 Japan” 開幕!

2021年7月「オリンピック/パラリンピック 東京2020大会」も無観客ではあるものの無事開幕されま…

PAGE TOP