[スポンサーリンク]


生体共役反応

  1. ボロン酸エステル/ヒドラゾンの協働が実現する強固な細胞Click反応

    2017年、アルバータ大学・Dennis G. Hallらは、細胞毒性の低いボロン酸とジオール間でのボロン酸エステル形成に注目し、これをヒドラゾン形成と組み合わせることで不可逆的に複合体を形成し、生細胞コンジュゲーションに応用することに成功…

  2. メタロペプチド触媒を用いるFc領域選択的な抗体修飾法

    2017年、ライス大学・Zachary Ballらは、ロジウム(II)メタロペプチドを触媒として用い…

  3. 生体組織を人工ラベル化する「AGOX Chemistry」

    京都大学・浜地格らは、有機触媒としてピリジニウムオキシム(PyOx)を用い、N-アシル-N-アルキル…

  4. 5-ヒドロキシトリプトファン選択的な生体共役反応

    2017年、ボストンカレッジのAbhishek Chatterjeeらは、5-ヒドロキシトリプトファ…

  5. システインの位置選択的修飾を実現する「π-クランプ法」

    2016年、マサチューセッツ工科大学・Bradley L. Penteluteらは、ペプチドやタンパ…

  6. ククルビットウリルのロタキサン形成でClick反応を加速する

  7. N末端選択的タンパク質修飾反応 N-Terminus Selective Protein Modification

  8. デヒドロアラニン選択的タンパク質修飾反応 Dha-Selective Protein Modification

  9. ジスルフィド架橋型タンパク質修飾法 Disulfide-Bridging Protein Modification

  10. システイン選択的タンパク質修飾反応 Cys-Selective Protein Modification

  11. 歪み促進型アジド-アルキン付加環化 SPAAC Reaction

  12. チロシン選択的タンパク質修飾反応 Tyr-Selective Protein Modification

  13. メチオニン選択的タンパク質修飾反応 Met-Selective Protein Modification

  14. トリプトファン選択的タンパク質修飾反応 Trp-Selective Protein Modification

  15. 中村 浩之 Hiroyuki Nakamura

  16. ルミノール誘導体を用いるチロシン選択的タンパク質修飾法

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 柴崎正勝 Masakatsu Shibasaki
  2. 「マイクロリアクター」装置化に成功
  3. 茨城の女子高生が快挙!
  4. Chem-Station 6周年へ
  5. 【太陽HD】世界初!セルロースナノファイバー複合電子材料の研究
  6. キャサリン・M・クラッデン Cathleen M. Crudden
  7. ビギネリ反応 Biginelli Reaction

注目情報

最新記事

2,2,2-トリクロロエトキシカルボニル保護基 Troc Protecting Group

概要2,2,2-トリクロロエトキシカルボニル(2,2,2-trichloroethoxycarb…

二重可変領域抗体 Dual Variable Domain Immunoglobulin

抗体医薬はリウマチやガンなどの難治性疾患治療に有効であり、現在までに活発に開発が進められてきた。…

サイエンスイングリッシュキャンプin東京工科大学

産業のグローバル化が進み、エンジニアにも国際的なセンスや語学力が求められているなか、東京工科大学(東…

特定の場所の遺伝子を活性化できる新しい分子の開発

ついにスポットライトリサーチも150回。第150回目は理化学研究所 博士研究員の谷口 純一 (たにぐ…

出光・昭和シェル、統合を発表

石油元売り2位の出光興産と4位の昭和シェル石油は10日、2019年4月に経営統合すると正式に発表した…

PAGE TOP