[スポンサーリンク]


生体共役反応

  1. オキシム/ヒドラゾンライゲーション Oxime/Hydrazone Ligation

    概要ケトン・アルデヒドは生体分子にまれにしか存在しないため、位置選択的な生体共役反応の標的として有用である。しかしながらイミン形成でのライゲーションを行おうとしても、イミンの熱力学的安定性の乏しさ、反応の可逆性、酸性脱水縮合条件…

  2. 共有結合で標的タンパク質を高選択的に機能阻害する新しいドラッグデザイン

    第192回目のスポットライトリサーチは、九州大学大学院薬学研究院(王子田研究室)・進藤 直哉 助教に…

  3. 歪み促進逆電子要請型Diels-Alder反応 SPIEDAC reaction

    概要テトラジンやトリアジンなどの極めて電子不足な複素環は、ノルボルネン・trans-シクロオクテ…

  4. 二重可変領域を修飾先とする均質抗体―薬物複合体製造法

    2017年、スクリプス研究所フロリダのWilliam R. RoushおよびCristoph Rad…

  5. ボロン酸エステル/ヒドラゾンの協働が実現する強固な細胞Click反応

    2017年、アルバータ大学・Dennis G. Hallらは、細胞毒性の低いボロン酸とジオール間での…

  6. メタロペプチド触媒を用いるFc領域選択的な抗体修飾法

  7. 生体組織を人工ラベル化する「AGOX Chemistry」

  8. 5-ヒドロキシトリプトファン選択的な生体共役反応

  9. システインの位置選択的修飾を実現する「π-クランプ法」

  10. ククルビットウリルのロタキサン形成でClick反応を加速する

  11. N末端選択的タンパク質修飾反応 N-Terminus Selective Protein Modification

  12. デヒドロアラニン選択的タンパク質修飾反応 Dha-Selective Protein Modification

  13. ジスルフィド架橋型タンパク質修飾法 Disulfide-Bridging Protein Modification

  14. システイン選択的タンパク質修飾反応 Cys-Selective Protein Modification

  15. 歪み促進型アジド-アルキン付加環化 SPAAC Reaction

  16. チロシン選択的タンパク質修飾反応 Tyr-Selective Protein Modification

スポンサー

ピックアップ記事

  1. スルホニルアミノ酸を含むペプチドフォルダマーの創製
  2. ディールス・アルダー反応 Diels-Alder Reaction
  3. ダイハツなど、福島第一原発廃炉に向けハニカム型水素安全触媒を開発 自動車用を応用
  4. 有機合成化学協会誌2018年11月号:オープンアクセス・英文号!
  5. アミロイド認識で活性を示す光触媒の開発:アルツハイマー病の新しい治療法へ
  6. 石油化学プラントの設備内部でドローンを飛行する実証事業を実施
  7. シスプラチン しすぷらちん cisplatin

注目情報

最新記事

化学のためのPythonによるデータ解析・機械学習入門

hodaです。今回は筆者の勉強用に読んだ機械学習関連の書籍を紹介します。概要本書は、…

アカデミックから民間企業へ転職について考えてみる 第三回

カデミックから民間企業へ転職した場合、入社後にギャップを感じる人が少なからずいます。もちろん、どんな…

第142回―「『理想の有機合成』を目指した反応開発と合成研究」山口潤一郎 教授

第142回の化学者インタビューは日本から、皆さんご存じ、山口潤一郎教授の登場です。名古屋大学理学部化…

【書籍】ゼロからの最速理解 プラスチック材料化学

今月発売された『ゼロからの最速理解 プラスチック材料化学』(佐々木 健夫 著,コロナ社)という書籍を…

重水は甘い!?

同位体はある元素、すなわち同一の原子番号をもつ原子核において、中性子数の異なる核種のことをいいますね…

PAGE TOP