[スポンサーリンク]


生体共役反応

  1. オキシム/ヒドラゾンライゲーション Oxime/Hydrazone Ligation

    概要ケトン・アルデヒドは生体分子にまれにしか存在しないため、位置選択的な生体共役反応の標的として有用である。しかしながらイミン形成でのライゲーションを行おうとしても、イミンの熱力学的安定性の乏しさ、反応の可逆性、酸性脱水縮合条件…

  2. 共有結合で標的タンパク質を高選択的に機能阻害する新しいドラッグデザイン

    第192回目のスポットライトリサーチは、九州大学大学院薬学研究院(王子田研究室)・進藤 直哉 助教に…

  3. 歪み促進逆電子要請型Diels-Alder反応 SPIEDAC reaction

    概要テトラジンやトリアジンなどの極めて電子不足な複素環は、ノルボルネン・trans-シクロオクテ…

  4. 二重可変領域を修飾先とする均質抗体―薬物複合体製造法

    2017年、スクリプス研究所フロリダのWilliam R. RoushおよびCristoph Rad…

  5. ボロン酸エステル/ヒドラゾンの協働が実現する強固な細胞Click反応

    2017年、アルバータ大学・Dennis G. Hallらは、細胞毒性の低いボロン酸とジオール間での…

  6. メタロペプチド触媒を用いるFc領域選択的な抗体修飾法

  7. 生体組織を人工ラベル化する「AGOX Chemistry」

  8. 5-ヒドロキシトリプトファン選択的な生体共役反応

  9. システインの位置選択的修飾を実現する「π-クランプ法」

  10. ククルビットウリルのロタキサン形成でClick反応を加速する

  11. N末端選択的タンパク質修飾反応 N-Terminus Selective Protein Modification

  12. デヒドロアラニン選択的タンパク質修飾反応 Dha-Selective Protein Modification

  13. ジスルフィド架橋型タンパク質修飾法 Disulfide-Bridging Protein Modification

  14. システイン選択的タンパク質修飾反応 Cys-Selective Protein Modification

  15. 歪み促進型アジド-アルキン付加環化 SPAAC Reaction

  16. チロシン選択的タンパク質修飾反応 Tyr-Selective Protein Modification

スポンサー

ピックアップ記事

  1. ホウ素は求電子剤?求核剤?
  2. Chemistry Reference Resolverをさらに便利に!
  3. アーウィン・ローズ Irwin A. Rose
  4. メンデレーエフスカヤ駅
  5. 外国人研究者あるある
  6. トーマス・レクタ Thomas Lectka
  7. 第39回「発光ナノ粒子を用いる生物イメージング」Frank van Veggel教授

注目情報

最新記事

秋吉一成 Akiyoshi Kazunari

秋吉 一成(あきよしかずなり)は日本の有機化学者である。京都大学大学院 工学研究科 高分子化学専攻 …

NIMS WEEK2021-材料研究の最新成果発表週間- 事前登録スタート

時代を先取りした新材料を発信し続けるNIMS。その最新成果を一挙ご紹介する、年に一度の大イベント「N…

元素記号に例えるなら何タイプ? 高校生向け「起業家タイプ診断」

今回は化学の本質とは少し離れますが、元素をモチーフにしたあるコンテンツをご紹介します。実験の合間…

多価不飽和脂肪酸による光合成の不活性化メカニズムの解明:脂肪酸を活用した光合成活性の制御技術開発の可能性

第346回のスポットライトリサーチは、東京大学 大学院総合文化研究科(和田・神保研究…

10手で陥落!(+)-pepluanol Aの全合成

高度な縮環構造をもつ複雑天然物ペプラノールAの全合成が、わずか10工程で達成された。Diels–Al…

PAGE TOP