[スポンサーリンク]


生体共役反応

  1. 共有結合で標的タンパク質を高選択的に機能阻害する新しいドラッグデザイン

    第192回目のスポットライトリサーチは、九州大学大学院薬学研究院(王子田研究室)・進藤 直哉 助教にお願いしました。本成果は、これまで見過ごされてきた医薬設計コンセプト「コバレントドラッグ」に焦点を当てた研究です。結合が強力であると…

  2. 歪み促進逆電子要請型Diels-Alder反応 SPIEDAC reaction

    概要テトラジンやトリアジンなどの極めて電子不足な複素環は、ノルボルネン・trans-シクロオクテ…

  3. 二重可変領域を修飾先とする均質抗体―薬物複合体製造法

    2017年、スクリプス研究所フロリダのWilliam R. RoushおよびCristoph Rad…

  4. ボロン酸エステル/ヒドラゾンの協働が実現する強固な細胞Click反応

    2017年、アルバータ大学・Dennis G. Hallらは、細胞毒性の低いボロン酸とジオール間での…

  5. メタロペプチド触媒を用いるFc領域選択的な抗体修飾法

    2017年、ライス大学・Zachary Ballらは、ロジウム(II)メタロペプチドを触媒として用い…

  6. 生体組織を人工ラベル化する「AGOX Chemistry」

  7. 5-ヒドロキシトリプトファン選択的な生体共役反応

  8. システインの位置選択的修飾を実現する「π-クランプ法」

  9. ククルビットウリルのロタキサン形成でClick反応を加速する

  10. N末端選択的タンパク質修飾反応 N-Terminus Selective Protein Modification

  11. デヒドロアラニン選択的タンパク質修飾反応 Dha-Selective Protein Modification

  12. ジスルフィド架橋型タンパク質修飾法 Disulfide-Bridging Protein Modification

  13. システイン選択的タンパク質修飾反応 Cys-Selective Protein Modification

  14. 歪み促進型アジド-アルキン付加環化 SPAAC Reaction

  15. チロシン選択的タンパク質修飾反応 Tyr-Selective Protein Modification

  16. メチオニン選択的タンパク質修飾反応 Met-Selective Protein Modification

スポンサー

ピックアップ記事

  1. オーヴァーマン転位 Overman Rearrangement
  2. ヒドロアシル化界のドンによる巧妙なジアステレオ選択性制御
  3. ウォルター・コーン Walter Kohn
  4. 100兆分の1秒を観察 夢の光・XFEL施設公開
  5. 有機合成化学協会誌2017年6月号 :創薬・糖鎖合成・有機触媒・オルガノゲル・スマネン
  6. 元素川柳コンテスト募集中!
  7. 不安定炭化水素化合物[5]ラジアレンの合成と性質

注目情報

最新記事

第93回―「発光金属錯体と分子センサーの研究」Cristina Lagunas教授

第93回の海外化学者インタビューは、クリスティーナ・ラグナス教授です。クイーンズ大学ベルファスト校 …

高機能性金属錯体が拓く触媒科学:革新的分子変換反応の創出をめざして

(さらに…)…

フィブロイン Fibroin

フィブロイン(Fibroin)は、繭糸(シルク)の主成分であり、繊維状タンパク質の一種である。…

「もはや有機ではない有機材料化学:フルオロカーボンに可溶な材料の創製」– MIT・Swager研より

ケムステ海外研究記の第36回はマサチューセッツ工科大学(MIT)化学科のPhD課程に在籍されている吉…

八木 政行 Masayuki Yagi

八木 政行(やぎ まさゆき、Yagi Masayuki、1968年 -)は、日本の化学者である (写…

PAGE TOP