[スポンサーリンク]


生体共役反応

  1. 共有結合で標的タンパク質を高選択的に機能阻害する新しいドラッグデザイン

    第192回目のスポットライトリサーチは、九州大学大学院薬学研究院(王子田研究室)・進藤 直哉 助教にお願いしました。本成果は、これまで見過ごされてきた医薬設計コンセプト「コバレントドラッグ」に焦点を当てた研究です。結合が強力であると…

  2. 歪み促進逆電子要請型Diels-Alder反応 SPIEDAC reaction

    概要テトラジンやトリアジンなどの極めて電子不足な複素環は、ノルボルネン・trans-シクロオクテ…

  3. 二重可変領域を修飾先とする均質抗体―薬物複合体製造法

    2017年、スクリプス研究所フロリダのWilliam R. RoushおよびCristoph Rad…

  4. ボロン酸エステル/ヒドラゾンの協働が実現する強固な細胞Click反応

    2017年、アルバータ大学・Dennis G. Hallらは、細胞毒性の低いボロン酸とジオール間での…

  5. メタロペプチド触媒を用いるFc領域選択的な抗体修飾法

    2017年、ライス大学・Zachary Ballらは、ロジウム(II)メタロペプチドを触媒として用い…

  6. 生体組織を人工ラベル化する「AGOX Chemistry」

  7. 5-ヒドロキシトリプトファン選択的な生体共役反応

  8. システインの位置選択的修飾を実現する「π-クランプ法」

  9. ククルビットウリルのロタキサン形成でClick反応を加速する

  10. N末端選択的タンパク質修飾反応 N-Terminus Selective Protein Modification

  11. デヒドロアラニン選択的タンパク質修飾反応 Dha-Selective Protein Modification

  12. ジスルフィド架橋型タンパク質修飾法 Disulfide-Bridging Protein Modification

  13. システイン選択的タンパク質修飾反応 Cys-Selective Protein Modification

  14. 歪み促進型アジド-アルキン付加環化 SPAAC Reaction

  15. チロシン選択的タンパク質修飾反応 Tyr-Selective Protein Modification

  16. メチオニン選択的タンパク質修飾反応 Met-Selective Protein Modification

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 磁気ナノ粒子でガン細胞を選別する
  2. 有機反応を俯瞰する ーシグマトロピー転位
  3. シャープレス不斉アミノヒドロキシル化 Sharpless Asyemmtric Aminohydroxylation (SharplessAA)
  4. ウィリアム・ロウシュ William R. Roush
  5. 製造過程に発がん性物質/テフロンで米調査委警告
  6. 【詳説】2013年イグノーベル化学賞!「涙のでないタマネギ開発」
  7. アルツハイマー病・ワクチン開発相次ぐ、副作用回避へ知恵絞る

注目情報

最新記事

(−)-Salinosporamide Aの全合成

(−)-salinosporamide Aの立体選択的全合成が達成された。アザ-ペイン転位/ヒドロア…

クラウド版オフィススイートを使ってみよう

クラウド版オフィススイートとはOffice onlineやGoogle ドライブなどのことで、ソフト…

NHCが触媒する不斉ヒドロフッ素化

キラルなN–ヘテロ環状カルベン(NHC)を触媒として用いたα,β-不飽和アルデヒドに対する不斉ヒドロ…

ケミカルバイオロジーとバイオケミストリー

突然ですが、質問です。有機化学と無機化学。違いは説明できますか?「生体物質をあつかうものが有…

改正特許法が国会で成立

特許を侵害したと疑われる企業に専門家が立ち入り検査する制度を新設する改正特許法が10日午前の参院本会…

PAGE TOP