[スポンサーリンク]


生体共役反応

  1. 共有結合で標的タンパク質を高選択的に機能阻害する新しいドラッグデザイン

    第192回目のスポットライトリサーチは、九州大学大学院薬学研究院(王子田研究室)・進藤 直哉 助教にお願いしました。本成果は、これまで見過ごされてきた医薬設計コンセプト「コバレントドラッグ」に焦点を当てた研究です。結合が強力であると…

  2. 歪み促進逆電子要請型Diels-Alder反応 SPIEDAC reaction

    概要テトラジンやトリアジンなどの極めて電子不足な複素環は、ノルボルネン・trans-シクロオクテ…

  3. 二重可変領域を修飾先とする均質抗体―薬物複合体製造法

    2017年、スクリプス研究所フロリダのWilliam R. RoushおよびCristoph Rad…

  4. ボロン酸エステル/ヒドラゾンの協働が実現する強固な細胞Click反応

    2017年、アルバータ大学・Dennis G. Hallらは、細胞毒性の低いボロン酸とジオール間での…

  5. メタロペプチド触媒を用いるFc領域選択的な抗体修飾法

    2017年、ライス大学・Zachary Ballらは、ロジウム(II)メタロペプチドを触媒として用い…

  6. 生体組織を人工ラベル化する「AGOX Chemistry」

  7. 5-ヒドロキシトリプトファン選択的な生体共役反応

  8. システインの位置選択的修飾を実現する「π-クランプ法」

  9. ククルビットウリルのロタキサン形成でClick反応を加速する

  10. N末端選択的タンパク質修飾反応 N-Terminus Selective Protein Modification

  11. デヒドロアラニン選択的タンパク質修飾反応 Dha-Selective Protein Modification

  12. ジスルフィド架橋型タンパク質修飾法 Disulfide-Bridging Protein Modification

  13. システイン選択的タンパク質修飾反応 Cys-Selective Protein Modification

  14. 歪み促進型アジド-アルキン付加環化 SPAAC Reaction

  15. チロシン選択的タンパク質修飾反応 Tyr-Selective Protein Modification

  16. メチオニン選択的タンパク質修飾反応 Met-Selective Protein Modification

スポンサー

ピックアップ記事

  1. ワートン反応 Wharton Reaction
  2. ChemTile GameとSpectral Game
  3. 黒板に描くと着色する「魔法の」チョークを自作してみました
  4. フレデリック・キッピング Frederic Stanley Kipping
  5. REACH規則の最新動向と対応方法【終了】
  6. 市販の新解熱鎮痛薬「ロキソニン」って?
  7. 有機スペクトル解析ワークブック

注目情報

最新記事

第49回―「超分子の電気化学的挙動を研究する」Angel Kaifer教授

第49回の海外化学者インタビューは、エンジェル・カイファー教授です。マイアミ大学化学科で超分子系電気…

日本化学会 第100春季年会 市民公開講座 夢をかなえる科学

■ 概要企画名:    市民公開講座 夢をかなえる科学主催:        公益社団法人…

第48回―「周期表の歴史と哲学」Eric Scerri博士

第48回の海外化学者インタビューは、エリック・セリー博士です。英国で教育を受け、カリフォルニア大学ロ…

ペプチド縮合を加速する生体模倣型有機触媒

2019年、ニューヨーク大学のParamjit S. Aroraらは、活性アシル中間体への求核付加遷…

第47回―「ロタキサン・カテナン・クラウンエーテルの超分子化学」Harry Gibson教授

第47回の海外化学者インタビューは、ハリー・ギブソン教授です。バージニア工科大学の化学科に所属し、プ…

PAGE TOP