[スポンサーリンク]


生体共役反応

  1. オキシム/ヒドラゾンライゲーション Oxime/Hydrazone Ligation

    概要ケトン・アルデヒドは生体分子にまれにしか存在しないため、位置選択的な生体共役反応の標的として有用である。しかしながらイミン形成でのライゲーションを行おうとしても、イミンの熱力学的安定性の乏しさ、反応の可逆性、酸性脱水縮合条件…

  2. 共有結合で標的タンパク質を高選択的に機能阻害する新しいドラッグデザイン

    第192回目のスポットライトリサーチは、九州大学大学院薬学研究院(王子田研究室)・進藤 直哉 助教に…

  3. 歪み促進逆電子要請型Diels-Alder反応 SPIEDAC reaction

    概要テトラジンやトリアジンなどの極めて電子不足な複素環は、ノルボルネン・trans-シクロオクテ…

  4. 二重可変領域を修飾先とする均質抗体―薬物複合体製造法

    2017年、スクリプス研究所フロリダのWilliam R. RoushおよびCristoph Rad…

  5. ボロン酸エステル/ヒドラゾンの協働が実現する強固な細胞Click反応

    2017年、アルバータ大学・Dennis G. Hallらは、細胞毒性の低いボロン酸とジオール間での…

  6. メタロペプチド触媒を用いるFc領域選択的な抗体修飾法

  7. 生体組織を人工ラベル化する「AGOX Chemistry」

  8. 5-ヒドロキシトリプトファン選択的な生体共役反応

  9. システインの位置選択的修飾を実現する「π-クランプ法」

  10. ククルビットウリルのロタキサン形成でClick反応を加速する

  11. N末端選択的タンパク質修飾反応 N-Terminus Selective Protein Modification

  12. デヒドロアラニン選択的タンパク質修飾反応 Dha-Selective Protein Modification

  13. ジスルフィド架橋型タンパク質修飾法 Disulfide-Bridging Protein Modification

  14. システイン選択的タンパク質修飾反応 Cys-Selective Protein Modification

  15. 歪み促進型アジド-アルキン付加環化 SPAAC Reaction

  16. チロシン選択的タンパク質修飾反応 Tyr-Selective Protein Modification

スポンサー

ピックアップ記事

  1. スピノシン Spinosyn
  2. 究極の脱水溶媒 Super2(スーパー スクエア):関東化学
  3. カルボン酸だけを触媒的にエノラート化する
  4. アーサー・L・ホーウィッチ Arthur L. Horwich
  5. 汝ペーハーと読むなかれ
  6. 第三回 ケムステVシンポ「若手化学者、海外経験を語る」を開催します!
  7. これからの研究開発状況下を生き抜くための3つの資質

注目情報

最新記事

第13回ケムステVシンポジウム「創薬化学最前線」を開催します!

第12回開催告知をお知らせしたばかりですが、第13回もあります!COVID-19の影響で、世…

Grignard反応剤が一人二役!? 〜有機硫黄化合物を用いるgem-ジフルオロアルケン類の新規合成法〜

第284回のスポットライトリサーチは、名古屋大学トランスフォーマティブ生命分子研究所・前川侑輝 博士…

第134回―「脳神経系の理解を進める分析化学」Jonathan Sweeder教授

第134回の海外化学者インタビューはジョナサン・スウィードラー教授です。イリノイ大学アーバナ・シャン…

第十二回ケムステVシンポ「水・有機材料・無機材料の最先端相転移現象 」

12月になりましたね。大好評のケムステシンポも今年は残りあと2回となりました。第12回となる…

概日リズムを司る天然変性転写因子の阻害剤開発に成功

第283回のスポットライトリサーチは、信州大学大学院総合理工学科農学専攻(大神田研究室)・細谷 侑佑…

PAGE TOP