[スポンサーリンク]


生体共役反応

  1. 二重可変領域を修飾先とする均質抗体―薬物複合体製造法

    2017年、スクリプス研究所フロリダのWilliam R. RoushおよびCristoph Raderらは、二重可変領域(Dual Variable Domain : DVD)に高反応性リジンを組み込んだ抗体を作成し、そこに薬剤を結合させ…

  2. ボロン酸エステル/ヒドラゾンの協働が実現する強固な細胞Click反応

    2017年、アルバータ大学・Dennis G. Hallらは、細胞毒性の低いボロン酸とジオール間での…

  3. メタロペプチド触媒を用いるFc領域選択的な抗体修飾法

    2017年、ライス大学・Zachary Ballらは、ロジウム(II)メタロペプチドを触媒として用い…

  4. 生体組織を人工ラベル化する「AGOX Chemistry」

    京都大学・浜地格らは、有機触媒としてピリジニウムオキシム(PyOx)を用い、N-アシル-N-アルキル…

  5. 5-ヒドロキシトリプトファン選択的な生体共役反応

    2017年、ボストンカレッジのAbhishek Chatterjeeらは、5-ヒドロキシトリプトファ…

  6. システインの位置選択的修飾を実現する「π-クランプ法」

  7. ククルビットウリルのロタキサン形成でClick反応を加速する

  8. N末端選択的タンパク質修飾反応 N-Terminus Selective Protein Modification

  9. デヒドロアラニン選択的タンパク質修飾反応 Dha-Selective Protein Modification

  10. ジスルフィド架橋型タンパク質修飾法 Disulfide-Bridging Protein Modification

  11. システイン選択的タンパク質修飾反応 Cys-Selective Protein Modification

  12. 歪み促進型アジド-アルキン付加環化 SPAAC Reaction

  13. チロシン選択的タンパク質修飾反応 Tyr-Selective Protein Modification

  14. メチオニン選択的タンパク質修飾反応 Met-Selective Protein Modification

  15. トリプトファン選択的タンパク質修飾反応 Trp-Selective Protein Modification

  16. 中村 浩之 Hiroyuki Nakamura

スポンサー

ピックアップ記事

  1. グラクソ、パーキンソン病治療薬「レキップ錠」を販売開始
  2. 還元的脱硫反応 Reductive Desulfurization
  3. チオール架橋法による位置選択的三環性ペプチド合成
  4. 化学物質だけでiPS細胞を作る!マウスでなんと遺伝子導入なしに成功
  5. 研究室クラウド設立のススメ(経緯編)
  6. ウルマンカップリング Ullmann Coupling
  7. 【インドCLIP】製薬3社 抗エイズ薬後発品で米から認可

注目情報

最新記事

イミデートラジカルを用いた多置換アミノアルコール合成

イミデートラジカルを用い、一挙に多置換アミノアルコールを合成する方法が開発された。穏和な条件かつ位置…

ジェフリー·ロング Jeffrey R. Long

ジェフリー·ロング(Jeffrey R. Long, 1969年xx月xx日-)は、アメリカの無機材…

【なんと簡単な!】 カーボンナノリングを用いた多孔性ナノシートのボトムアップ合成

第 164 回目のスポットライトリサーチは東京大学大学院新領域創成科学研究科 物質系専攻の森泰造 (…

「進化分子工学によってウイルス起源を再現する」ETH Zurichより

今回は2018年度のノーベル化学賞の対象となった進化分子工学の最前線でRNA・タンパク質工学を組み合…

アントニオ・M・エチャヴァレン Antonio M. Echavarren

アントニオ・M・エチャヴァレン(Antonio M. Echavarren、1955年3月25日–)…

PAGE TOP