[スポンサーリンク]


蛍光

  1. 高い発光性を示すヘリセンの迅速的合成

    第121回のスポットライトリサーチは、早稲田大学 先進理工学部 化学・生命化学科 柴田高範研究室出身の大谷 卓先生(現在は阿南工業高等専門学校教員として勤務されています)にお願いしました。柴田研究室は、遷移金属触媒による触媒的不斉炭…

  2. 僅か3時間でヒトのテロメア長を検出!

    第60回のスポットライトリサーチは、国立遺伝学研究所・前島研究室の佐々木 飛鳥さんにお願いしました。…

  3. 1つの蛍光分子から4色の発光マイクロ球体をつくる

    第53回のスポットライトリサーチは、筑波大学院数理物質科学研究科 物性・分子工学専攻 博士課程1年の…

  4. 細胞をすりつぶすと失われるもの

    すりつぶされることで失われてきた低分子代謝産物の生体内イメージングが可能になりました。新技術の秘訣は「リボスイッチ」にあり!?

  5. ウィリアム・モーナー William E. Moerner

    ウィリアム・エスコ・モーナー (William Esco Moerner、1953年6月24日-)は…

  6. サリンを検出可能な有機化合物

  7. 2008年ノーベル化学賞『緑色蛍光タンパクの発見と応用』

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 研究室での英語【Part 3】
  2. 私が思う化学史上最大の成果-1
  3. ライセルト反応 Reissert Reaction
  4. カプサイシンβ-D-グルコピラノシド : Capsaicin beta-D-Glucopyranoside
  5. ハーバート・ブラウン Herbert C. Brown
  6. 芳香族フッ素化合物の新規汎用合成法
  7. howeverの使い方

注目情報

最新記事

有機合成化学協会誌2019年11月号:英文版特集号

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2019年11月号がオンライン公開されました。…

製品開発職を検討する上でおさえたい3つのポイント

基礎研究と製品開発は、目的や役割がそれぞれ異なります。しかし、求人情報の応募要件を見てみると「〇〇の…

二刀流のホスフィン触媒によるアトロプ選択的合成法

不斉付加環化反応による新奇アリールナフトキノン合成法が報告された。2つの機能を有する不斉ホスフィン触…

ヒドロゲルの新たな力学強度・温度応答性制御法

第230回のスポットライトリサーチは、東京農工大学大学院工学府(村岡研究室)・石田敦也さんにお願い致…

光誘導アシルラジカルのミニスキ型ヒドロキシアルキル化反応

可視光照射条件下でのアジン類のミニスキ型ヒドロキシアルキル化反応が開発された。官能基許容性が高いため…

PAGE TOP