[スポンサーリンク]

ケムステニュース

韮崎大村美術館が27日オープン 女性作家中心に90点展示

東京・北里研究所長の大村智さんが、韮崎市神山町鍋山の生家近くに建設していた「韮崎大村美術館」が完成し二十二日、報道関係者に公開した。館内には大村さんがコレクションした女性美術作家を中心にした絵画や彫刻など約九十点が並び、二階には周囲の山々を見渡せる展望カフェを備えている。同館は二十七日にオープンする。 (引用:山梨日日新聞

 

北里研究所の大村智教授は世界的に有名な天然物化学者の一人です。

ラクタシスチンやオオムラライド、イベルメクチンといった生物活性をもつ天然物を単離し、医薬品への応用につなげています。

また、美術に造詣が深いことでも有名。

 

関連書籍

The following two tabs change content below.
cosine

cosine

博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。 関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。 素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. 住友化学の9月中間営業益は+20.5%、精密・医薬など好調で
  2. 私立武蔵高 の川崎さんが「銀」 国際化学オリンピック
  3. 呉羽化学、社名を「クレハ」に
  4. 2016年化学10大ニュース
  5. カーボンナノチューブ量産技術を国際会議で発表へ
  6. 青色LED和解:中村教授「日本の司法制度は腐ってる」
  7. iPadで使えるChemDrawが発売開始
  8. 被ばく少ない造影剤開発 PETがん診断に応用へ

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 日本発化学ジャーナルの行く末は?
  2. チアミン (thiamin)
  3. 原子一個の電気陰性度を測った! ―化学結合の本質に迫る―
  4. ウルリッヒ・ウィーズナー Ulrich Wiesner
  5. なぜあなたの研究は進まないのか?
  6. ペリ環状反応―第三の有機反応機構
  7. メルドラム酸 Meldrum’s Acid
  8. スティーブン・リパード Stephen J. Lippard
  9. 金属原子のみでできたサンドイッチ
  10. ダンハイザー環形成反応 Danheiser Annulation

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

触媒のチカラで拓く位置選択的シクロプロパン合成

嵩高いコバルト錯体を触媒として用いた位置選択的Simmons–Smith型モノシクロプロパン化反応が…

「原子」が見えた! なんと一眼レフで撮影に成功

An Oxford University student who captured an image…

2018年3月2日:ケムステ主催「化学系学生対象 企業合同説明会」

2月も後半となり、3月1日の就活解禁に向けて、2019年卒業予定の学生のみなさんは、就活モードが本格…

高専シンポジウム in KOBE に参加しました –その 2: 牛の尿で発電!? 卵殻膜を用いた燃料電池–

1 月 27 日に開催された第 23 回 高専シンポジウム in KOBE の参加報告の後編です。前…

化学探偵Mr.キュリー7

昨年3月からついに職業作家となった、化学小説家喜多喜久氏。その代表作である「化学探偵Mr.キュリー」…

き裂を高速で修復する自己治癒材料

第139回目のスポットライトリサーチは、物質・材料研究機構(NIMS) 構造材料研究拠点 長田 俊郎…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP