[スポンサーリンク]


量子ドット

  1. 【速報】2023年ノーベル化学賞は「量子ドットの発見と合成」へ!

    2023年のノーベル化学賞は「量子ドットの発見と合成」の業績で、マサチューセッツ工科大学のMoungi G Bawendi氏、コロンビア大学のLouis E. Brus氏、ロシアの研究会社Nanocrystals TechnologyのAl…

  2. エキモフ, アレクセイ イワノビッチ Екимов, Алексей Иванович

    エキモフ, アレクセイ イワノビッチ(Екимов, Алексей Иванович, Alexe…

  3. ルイ・E. ・ブラス Louis E. Brus

    ルイ・ユージーン・ブラス (Louis Eugene Brus, 1943年8月10日-, オハイオ…

  4. モウンジ・バウェンディ Moungi G Bawendi

    モウンジ・バウェンディ (Moungi G Bawendi 1961年3月15日 パリ生まれ)はアメ…

  5. 三原色発光するシリコン量子ドットフィルム―太陽光、高温、高湿への高い耐久性は表面構造が鍵―

    第461回のスポットライトリサーチは、広島大学理学部化学科 光機能化学研究室に在籍されていた早川 冬…

  6. プラズモンTLC:光の力でナノ粒子を自在に選別できる新原理クロマトグラフィー

  7. 世界初 もみ殻からLEDを開発!~オレンジ色に発光するシリコン量子ドットLED~

  8. 生体医用イメージングを志向した第二近赤外光(NIR-II)色素:③その他の材料

  9. 第111回―「予防・診断に有効なナノバイオセンサーと太陽電池の開発」Ted Sargent教授

  10. 貴金属に取って代わる半導体触媒

  11. 近年の量子ドットディスプレイ業界の動向

  12. 未来切り拓くゼロ次元物質量子ドット

スポンサー

ピックアップ記事

  1. ブドウ糖で聴くウォークマン? バイオ電池をソニーが開発
  2. STAP細胞問題から見えた市民と科学者の乖離ー前編
  3. J-STAGE新デザイン評価版公開 ― フィードバックを送ろう
  4. Gabriel試薬類縁体
  5. 室温以上で金属化する高伝導オリゴマー型有機伝導体を開発 ―電子機能性を制御する新コンセプトによる有機電子デバイス開発の技術革新に期待―
  6. 眼精疲労、糖尿病の合併症に効くブルーベリー
  7. 有機反応を俯瞰する ーヘテロ環合成: C—C 結合で切る

注目情報

最新記事

【書評】スキルアップ有機化学 しっかり身につく基礎の基礎

東京化学同人より 2024 年 2 月 16 日に刊行された、「スキルアップ有機…

“逆転の発想”で世界最高のプロトン伝導度を示す新物質を発見

第594回のスポットライトリサーチは、東京工業大学 理学院 化学系 八島研究室の齊藤 馨(さいとう …

第17回日本化学連合シンポジウム「防災と化学」

開催趣旨能登半島地震で罹災された方々に、心からお見舞い申し上げます。自然災害、疾病、火災、事…

溶液中での安定性と反応性を両立した金ナノ粒子触媒の開発

第593回のスポットライトリサーチは、東京大学大学院工学系研究科(山口研究室)博士後期課程3年の夏 …

DeuNet (重水素化ネットワーク)

Deunet とは?重水素化ネットワーク (The Duteration Network, De…

PAGE TOP