[スポンサーリンク]


量子ドット

  1. 貴金属に取って代わる半導体触媒

    C–C結合形成反応を触媒する半導体量子ドットが報告された。C–C結合形成反応を含む様々な光酸化還元反応について、従来の貴金属触媒を”半導体触媒”で代用しても、同様に反応が進行する。半導体量子ドットが光酸化還元触媒になる?光酸化還元触…

  2. 近年の量子ドットディスプレイ業界の動向

    こんにちは Eine です。前回の記事(未来切り拓くゼロ次元物質量子ドット)にて量子ドットとは何かを…

  3. 未来切り拓くゼロ次元物質量子ドット

    量子ドットとは三次元的な量子閉じ込め構造そのもの,若しくはそのような構造をもつ物質のことを指します。…

スポンサー

ピックアップ記事

  1. ペプチド模倣体としてのオキセタニルアミノ酸
  2. 西林 仁昭 Yoshiaki Nishibayashi
  3. ご注文は海外大学院ですか?〜出願編〜
  4. 2005年ノーベル化学賞『オレフィンメタセシス反応の開発』
  5. 米デュポン、原料高騰で製品値上げ
  6. リチウム Lithium -リチウム電池から医薬品まで
  7. ヒストン脱アセチル化酵素8(HDAC8)選択的阻害剤

注目情報

最新記事

排ガス原料のSAFでデリバリーフライトを実施

ANAは日本時間の10月30日、排ガスを原料とするSustainable Aviation Fuel…

“つける“と“はがす“の新技術―分子接合と表面制御

お申込み・詳細はこちら日程2020年1月9日(木)・10日(金)定員20名  先着順…

【日産化学】画期的な生物活性を有する新規除草剤の開発  ~ジオキサジン環に苦しみ、笑った日々~

日産化学は、コア技術である「精密有機合成」や「生物評価」を活かして自社独自開発の…

モノクローナル抗体を用いた人工金属酵素によるエナンチオ選択的フリーデル・クラフツ反応

第234回のスポットライトリサーチは、大阪大学大学院理学研究科・安達 琢真さんにお願いしました。…

α,β-不飽和イミンのγ-炭素原子の不斉マイケル付加反応

α,β-不飽和イミンのγ-炭素原子のエナールへのエナンチオ選択的マイケル付加反応が開発された。新規環…

PAGE TOP