[スポンサーリンク]


環境化学

  1. 揮発した有機化合物はどこへ?

    有機化合物の中には、蒸発しやすいもの(揮発性の物質)がたくさんあります。研究室でおなじみのアセトンやメタノール、化石燃料から排出されるベンゼンやホルムアルデヒド。また、天然の植物も、イソプレンやテルペン類などの揮発性化合物を排出しています。…

  2. オゾンホールのさらなる縮小を確認 – アメリカ海洋大気庁発表

    The hole that forms each year in stratospheric…

  3. 化学で何がわかるかーあなたの化学、西暦何年レベル?ー

     概要「化学を知ることとは何か。なぜ化学者以外には難しいのか」を考えるために、そして、その困…

  4. 【書籍】「メタノールエコノミー」~CO2をエネルギーに変える逆転の発想~

    本書のタイトルにもなっている「メタノールエコノミー」とは、ノーベル賞化学者でもあるジョージ・A・…

  5. アトムエコノミー Atom Economy

    「反応の際、ムダにならずに使われる原子の割合はどれだけか」という点に着目したうえで、化学変換プロ…

  6. グリーンケミストリー Green Chemistry

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 杏林製薬、ノバルティス社と免疫抑制剤「KRP-203」に関するライセンス契約を締結
  2. 化学研究特化型アプリまとめ
  3. 光照射によって結晶と液体を行き来する蓄熱分子
  4. ワークアップの悪夢
  5. 軸不斉のRとS
  6. バートン ヨウ化ビニル合成 Barton Vinyl Iodide Synthesis
  7. 分析技術ーChemical Times特集より

注目情報

最新記事

“秒”で分析 をあたりまえに―利便性が高まるSFC

分析化学に携わったことのある方は、「超臨界流体クロマトグラフィー」、略して「SFC」のことをご存知な…

第50回―「糖やキラル分子の超分子化学センサーを創り出す」Tony James教授

第50回の海外化学者インタビューは、トニー・ジェームズ教授です。英国バース大学の化学科で超分子化学の…

光/熱で酸化特性のオン/オフ制御が可能な分子スイッチの創出に成功

第244回のスポットライトリサーチは、北海道大学大学院総合化学院・林 裕貴さんにお願いしました。…

続・企業の研究を通して感じたこと

自分は、2014年に「企業の研究を通して感じたこと」という記事を執筆しましたが、それから5年が経ち、…

第49回―「超分子の電気化学的挙動を研究する」Angel Kaifer教授

第49回の海外化学者インタビューは、エンジェル・カイファー教授です。マイアミ大学化学科で超分子系電気…

PAGE TOP