[スポンサーリンク]

海外化学者インタビュー

第129回―「環境汚染有機物質の運命を追跡する」Scott Mabury教授

[スポンサーリンク]

第129回の海外化学者インタビューはスコット・マブリー教授です。トロント大学化学科に在籍し、主にフッ素系化学物質の環境動態、分布、残留性について研究しています。それではインタビューをどうぞ。

Q. あなたが化学者になった理由は?

農場で育ち中学校で科学を教えていた母と、ミズーリ州ポトシにある高校の素晴らしい化学教師(ビル・ネルソン)、そして大学で「環境化学」と呼ばれるコースを修了したことが、おそらくは「理由」の大部分だと思います。

Q. もし化学者でなかったら、何になりたいですか?またその理由は?

脳研究者か農作業員のどちらかでしょうが、現在、週1日は後者をしています。報酬のほとんどが精神的なものなので、農業の仕事を続けた方がいいかもしれません。人間の脳科学は魅力的で、非常にやりがいがあります。

Q. 現在取り組んでいることは何ですか?そしてそれをどう展開させたいですか?

興味深いことはたくさんありますが、人類がなぜパーフルオロ酸に汚染されているのかの探求は特に興味をそそられます。具体的には、食品用紙の撥水性や撥油性を付与するために一般的に使用される様々なポリフッ化リン酸塩を合成し、その反応性を調べています。ヒト血清中にあるこれらの化合物濃度を ppb レベルで測定できるといういくつかの研究を、ちょうど発表しました。それらの代謝反応と、 PFOA および関連するパーフルオロ酸がどれぐらい身体的負荷に寄与しているかには、特に興味をもっています。反応性中間体に焦点を絞った調査と、生きた動物の代謝研究も含みます。

Q.あなたがもし歴史上の人物と夕食を共にすることができたら誰と?またその理由は?

ウィンストン・チャーチルです。私自身が大学の管理職を兼任して以来、リーダーシップの成功者として印象づけられています。

Q. あなたが最後に研究室で実験を行ったのはいつですか?また、その内容は?

実験のデザインは好きですが、助教授としてとりくみ始めた当初からそうではなかったかもしれません。そういえば、農業生態系において、食品接触紙の化学物質がどのような運命を辿るかについて、大規模なフィールド実験を行っています。John Deereのトラクターに乗って、20エーカーの私設農場に、600トンの製紙スラッジをディスク化し、大豆で埋めていきます。学部の研究生がいて、サンプルを採取し、最終的な分析に付き添ってくれています。私の実験的貢献はそれほど科学的なものではありませんが、実験としては必要なものです。

Q.もしあなたが砂漠の島に取り残されたら、どんな本や音楽が必要ですか?1つだけ答えてください。

研究を公表することと同様に、量より質が重要ですが、量もやはり重要です(特に無人島では)。ですから、『戦争と平和』を持っていきます。音楽は難しいのですが、トルストイの本にはレッド・ツェッペリンが似合うかもしれません。

Q.「Reactions」でインタビューしてほしい化学者と、その理由を教えてください。

おっと、これは数が多すぎて、思っていたより難しいですね。マリオ・モリーナシャーウッド・ローランドは私にとっての科学的英雄なので、彼らのむき出しの個性を見てみたいと思います。

 

原文:Reactions – Scott Mabury

※このインタビューは2009年8月21日に公開されました。

 

cosine

cosine

投稿者の記事一覧

博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。
関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。
素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. 第56回―「メタボロミクスを志向した質量分析技術の開発」Gary…
  2. 第三回 ナノレベルのものづくり研究 – James …
  3. 第18回「化学の職人」を目指すー京都大学 笹森貴裕准教授
  4. 第73回―「Nature Chemistryの編集者として」Ga…
  5. 第146回―「原子から社会までの課題を化学で解決する」中村栄一 …
  6. 第59回―「機能性有機ナノチューブの製造」清水敏美 教授
  7. 第152回―「PETイメージングに活用可能な高速標識法」Phil…
  8. 第61回―「デンドリマーの化学」Donald Tomalia教授…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. Arborisidineの初の全合成
  2. 生合成を模倣しない(–)-jorunnamycin A, (–)-jorumycinの全合成
  3. 共有結合で標的タンパク質を高選択的に機能阻害する新しいドラッグデザイン
  4. リンダウ会議に行ってきた②
  5. 低分子の3次元構造が簡単にわかる!MicroEDによる結晶構造解析
  6. 乾燥剤の脱水能は?
  7. 芝哲夫氏死去(大阪大名誉教授・有機化学)
  8. (+)-フロンドシンBの超短工程合成
  9. 第96回日本化学会付設展示会ケムステキャンペーン!Part II
  10. 二重芳香族性を示す化合物の合成に成功!

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

月別アーカイブ

2020年11月
« 10月   12月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

注目情報

注目情報

最新記事

こんなのアリ!?ギ酸でヒドロカルボキシル化

可視光レドックス触媒によるギ酸を炭素源としたヒドロカルボキシル化が開発された。チオール触媒を介したラ…

ポンコツ博士研究員の海外奮闘録 ケムステ異色連載記

本稿は,世間一般にほとんど知られていない地方私立大学で学位を修了し,エリートでもなく何も成し遂げてい…

新型コロナの飲み薬モルヌピラビルの合成・生体触媒を用いた短工程化

新型コロナウイルス (SARS-CoV-2) 感染症に対する飲み薬として、Merck…

秋吉一成 Akiyoshi Kazunari

秋吉 一成(あきよしかずなり)は日本の有機化学者である。京都大学大学院 工学研究科 高分子化学専攻 …

NIMS WEEK2021-材料研究の最新成果発表週間- 事前登録スタート

時代を先取りした新材料を発信し続けるNIMS。その最新成果を一挙ご紹介する、年に一度の大イベント「N…

元素記号に例えるなら何タイプ? 高校生向け「起業家タイプ診断」

今回は化学の本質とは少し離れますが、元素をモチーフにしたあるコンテンツをご紹介します。実験の合間…

多価不飽和脂肪酸による光合成の不活性化メカニズムの解明:脂肪酸を活用した光合成活性の制御技術開発の可能性

第346回のスポットライトリサーチは、東京大学 大学院総合文化研究科(和田・神保研究…

10手で陥落!(+)-pepluanol Aの全合成

高度な縮環構造をもつ複雑天然物ペプラノールAの全合成が、わずか10工程で達成された。Diels–Al…

吉野彰氏が2021年10月度「私の履歴書」を連載。

今年の10月はノーベル化学賞が有機化学分野から出て、物理学賞を真鍋淑郎先生が受賞して、非常に盛り上が…

ガラス工房にお邪魔してみたー匠の技から試験管制作体験までー

実験器具を試して見たシリーズ第10弾! ついにシリーズ10回目を迎えました。今回は特別編です…

Chem-Station Twitter

実験器具・用品を試してみたシリーズ

スポットライトリサーチムービー

PAGE TOP