[スポンサーリンク]

chemglossary

グリーンケミストリー Green Chemistry

 生態系や環境への影響を配慮した、次世代の化学工業を目指す潮流を指してこう呼びます。

化学合成におけるグリーンケミストリーは、「人体,生態,環境に対する害(リスク=危険度×暴露量)を最小限にした物質生産(合成)を志向する学問(化学)」といえます。たとえば有機合成用反応の開発における評価基準としては、アトムエコノミーの高さや、環境負荷の少ない水を溶媒にできる、など多くが提唱されています。

類語としては、「サスティナブルケミストリー(Sustainable Chemistry)」というものがあります。これは、リサイクルプロセスなどを積極的に導入し、持続成長可能な化学を行おうとする潮流のことです。

化学プロセスのグリーンさを総合的に評価する指標としてE-ファクターと呼ばれるものが提唱されています。簡単に言えば、「ほしい物質を得るために、どれだけの量のゴミが出るか」ということです。たとえば医薬品合成のE-factorは25~100と言われています。これは、1トンの医薬品製造過程で25~100トンの化学物質が廃棄される、ということになります。

グリーンケミストリーと名乗ってはいるが、よくよく見ればそうじゃないのでは?という研究も多くあります。とはいえ、何でもやってみないことには始まりません。化学の立場からの環境保全に対する取り組みは、まだまだ始まったばかりです。

 

関連書籍

外部リンク

 

The following two tabs change content below.
cosine

cosine

博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。 関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。 素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. ノーベル化学賞 Nobel Prize in Chemistry…
  2. Z-スキームモデル Z-Scheme Model
  3. 固体NMR
  4. ケージド化合物 caged compound
  5. メカニカルスターラー
  6. 光線力学療法 Photo Dynamic Therapy (PD…
  7. 極性表面積 polar surface area
  8. デンドリマー / dendrimer

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 酸化亜鉛を用い青色ダイオード 東北大開発 コスト減期待
  2. サンギ、バイオマス由来のエタノールを原料にガソリン代替燃料
  3. 向山アルドール反応40周年記念シンポジウムに参加してきました
  4. 活性ベースタンパク質プロファイリング Activity-Based Protein Profiling
  5. ハートウィグ ヒドロアミノ化反応 Hartwig Hydroamination
  6. 背信の科学者たち 論文捏造はなぜ繰り返されるのか?
  7. 「水素水」健康効果うたう表示は問題 国民生活センターが業者に改善求める
  8. 「人工タンパク質ケージを操る」スイス連邦工科大学チューリヒ校・Hilvert研より
  9. iPhone/iPodTouchで使える化学アプリケーション
  10. Reaxys無料トライアル実施中!

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

化学探偵Mr.キュリー7

昨年3月からついに職業作家となった、化学小説家喜多喜久氏。その代表作である「化学探偵Mr.キュリー」…

き裂を高速で修復する自己治癒材料

第139回目のスポットライトリサーチは、物質・材料研究機構(NIMS) 構造材料研究拠点 長田 俊郎…

新コース開講! 東大発の無料オンライン英語講座!

研究室でのプレゼン、国際学会、海外留学など、国際化する研究環境にいまや英語は欠かせません。Engli…

脱水素型クロスカップリング重合法の開発

第138回目のスポットライトリサーチは、筑波大学 神原・桑原研究室の青木 英晃さん(博士前期課程2年…

有機合成化学協会の公式ページがリニューアル!!

かねてよりケムステでは有機合成化学協会とのコラボにより、協会誌の新着紹介に努めてきました。協会側もウ…

ダイヤモンドライクカーボン

ダイヤモンドライクカーボン(Diamond Like Carbon:DLC)は炭素から成るアモルファ…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP