[スポンサーリンク]


2010年 1月 04日

  1. 福山クロスカップリング Fukuyama Cross Coupling

    概要パラジウム触媒を用いる、チオエステルと有機亜鉛試薬間のクロスカップリング反応。アルデヒドなどの高反応性官能基も冒すことなく反応は進行する。 (さらに…)…

  2. トロスト不斉アリル位アルキル化反応 Trost Asymmetric Allylic Alkylation

    アルコール・エステル → エーテル、アミン、アルカン etc 概要パ…

  3. エノラートのα-アルキル化反応 α-Alkylation of Enolate

    アルカン → アルカン 概要カルボニル化合物を塩基で処理して生成するエノ…

  4. エノラートの酸化的カップリング Oxidative Coupling of Enolate

    アルデヒド、ケトン、カルボン酸誘導体 → アルデヒド、ケトン、カルボン酸誘導体…

  5. 【追悼企画】カナダのライジングスター逝く

    (写真:Fagnou Group Homepage より) 2009年11月11日カ…

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 活性が大幅に向上したアンモニア合成触媒について
  2. 元素生活 完全版
  3. タングステン酸光触媒 Tungstate Photocatalyst
  4. ミッドランド還元 Midland Reduction
  5. 抗リーシュマニア活性を有するセスキテルペンShagene AおよびBの全合成研究
  6. 直径100万分の5ミリ極小カプセル 東大教授ら開発
  7. トレハロースが癒着防止 手術に有効、東大など発表

注目情報

最新記事

第27回ケムステVシンポ『有機光反応の化学』を開催します!

7月に入り、いよいよ日差しが強まって夏本格化という時期になりました。光のエネルギーを肌で感じられます…

国内最大級の研究者向けDeepTech Company Creation Program「BRAVE FRONTIER」 2022年度の受付開始 (7/15 〆切)

Beyond Next Ventures株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社⻑:伊藤毅、以下「…

イミンアニオン型Smiles転位によるオルトヒドロキシフェニルケチミン合成法の開発

第394回のスポットライトリサーチは、東京農工大学 大学院工学府 応用化学専攻 森研究室の神野 峻輝…

マテリアルズ・インフォマティクスで用いられる統計[超入門]-研究者が0から始めるデータの見方・考え方-

開催日:2022/07/06 申込みはこちら■開催概要近年、少子高齢化、働き手の不足の影…

表面酸化した銅ナノ粒子による低温焼結に成功~銀が主流のプリンテッドエレクトロニクスに、銅という選択肢を提示~

第393回のスポットライトリサーチは、北海道大学 大学院工学院 材料科学専攻 マテリアル設計講座 先…

PAGE TOP