[スポンサーリンク]

O

エノラートの酸化的カップリング Oxidative Coupling of Enolate

アルデヒド、ケトン、カルボン酸誘導体 → アルデヒド、ケトン、カルボン酸誘導体

 

概要

エノラート種は、適切な酸化剤で処理することで、酸化的二量化を起こすことが可能。通常ホモカップリングが優先するが、適切な基質においてはヘテロカップリングも可能。

基本文献

 

反応機構

 

反応例

MacMillanらは、SOMO-Activation様機構で進行する触媒的不斉エノラートカップリングを報告している。[1] enolate_ox_2.gifActinophyllic Acidの全合成[2] enolate_ox_3.gif

実験手順

 

実験のコツ・テクニック

 

参考文献

[1] Jang, H.-Y.; Hong, J. B.; MacMillan, D. W. C. J. Am. Chem. Soc. 2007, 129, 7004. DOI: 10.1021/ja0719428

[2] Martin, C. L.; Overman, L. E.; Rohde, J. M. J. Am. Chem. Soc. 2008, 130, 7568. doi: 10.1021/ja803158y

 

関連反応

 

関連書籍

 

外部リンク

 

The following two tabs change content below.
cosine

cosine

博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。 関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。 素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. リード反応 Reed Reaction
  2. カルボニル基の保護 Protection of Carbonyl…
  3. 野依不斉水素化反応 Noyori Asymmetric Hydr…
  4. キレトロピー反応 Cheletropic Reaction
  5. スルホキシド/セレノキシドのsyn-β脱離 Syn-β-elim…
  6. マイゼンハイマー転位 Meisenheimer Rearrang…
  7. シャープレス不斉アミノヒドロキシル化 Sharpless Asy…
  8. ダキン・ウェスト反応 Dakin-West Reaction

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. ケイ素 Silicon 電子機器発達の立役者。半導体や光ファイバーに利用
  2. 「機能性3Dソフトマテリアルの創出」ーライプニッツ研究所・Möller研より
  3. シャウ ピリミジン合成 Shaw Pyrimidine Synthesis
  4. 2014年ケムステ記事ランキング
  5. 2007年度ノーベル化学賞を予想!(3)
  6. 有機レドックスフロー電池 (ORFB)の新展開:オリゴマー活物質の利用
  7. プラスチックを簡単に分解する方法の開発
  8. 浅野・県立大教授が化学技術賞
  9. 液中でも観察OK 原子間力顕微鏡: 京大グループ開発
  10. ランタノイド Lanthanoid

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

二重芳香族性を示す化合物の合成に成功!

第170回目のスポットライトリサーチは、埼玉大学大学院理工学研究科・古川 俊輔 助教にお願いしました…

専門家要らず?AIによる圧倒的高速なスペクトル解釈

第169回目のスポットライトリサーチは、東京大学大学院工学系研究科博士課程・清原慎さんにお願いしまし…

日本プロセス化学会2018ウインターシンポジウム

ご案内日本プロセス化学会(JSPC)が年2回主催するシンポジウムは、最新のプロセス化学の知識を習…

フラーレンの“籠”でH2O2を運ぶ

過酸化水素分子内包フラーレン誘導体を、大気圧・室温条件下で合成する方法が開発された。分子内包フラ…

北エステル化反応 Kita Esterification

概要ルテニウム触媒存在下、エチニルエチルエーテル試薬を脱水剤として用い、カルボン酸とアルコールか…

一人二役のフタルイミドが位置までも制御する

N-ヒドロキシフタルイミドを用いる逆マルコフニコフ型のヒドロアミノ化が報告された。遷移金属触媒および…

PAGE TOP