[スポンサーリンク]

F

福山クロスカップリング Fukuyama Cross Coupling

概要

パラジウム触媒を用いる、チオエステルと有機亜鉛試薬間のクロスカップリング反応。アルデヒドなどの高反応性官能基も冒すことなく反応は進行する。

基本文献

  • Tokuyama, H.; Yokoshima, S.; Yamashita, T.; Fukuyama, T. Tetrahedron Lett. 1998, 39, 3189. doi:10.1016/S0040-4039(98)00456-0
  • Fukuyama, T.; Tokuyama, H. Aldrichimica Acta 2004, 37, 85. [PDF]

 

開発の歴史

福山透(現・名古屋大大教授)によって1998年に初めて報告された。

福山透

福山透

 

反応機構


fukuyama_cp_2.gif

反応例

Phomoidride Bの合成[1]

fukuyama_cp_3.gif

実験手順

 

実験のコツ・テクニック

 

参考文献

[1] Hayashi, Y.; Itoh, T.; Fukuyama, T. Org. Lett.2003, 5, 2235. DOI: 10.1021/ol034471c

 

関連反応

 

関連書籍

 

関連リンク

The following two tabs change content below.
cosine

cosine

博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。 関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。 素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. ジョンソン オレフィン合成 Johnson Olefinatio…
  2. 福山還元反応 Fukuyama Reduction
  3. 向山酸化 Mukaiyama Oxidation
  4. アーント・アイシュタート合成 Arndt-Eistert Syn…
  5. ウォルフ転位 Wolff Rearrangement
  6. ニトロンの1,3-双極子付加環化 1,3-Dipolar Cyc…
  7. ゼムラー・ウォルフ反応 Semmeler-Wolff React…
  8. 武田オレフィン合成 Takeda Olefination

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. カルボン酸だけを触媒的にエノラート化する
  2. まんがサイエンス
  3. Micro Flow Reactorで瞬間的変換を達成する
  4. 結晶世界のウェイトリフティング
  5. 巨大複雑天然物ポリセオナミドBの細胞死誘導メカニズムの解明
  6. MUKAIYAMA AWARD講演会
  7. レスベラトロール /resveratrol
  8. 【10周年記念】Chem-Stationの歩み
  9. 穴の空いた液体
  10. オゾンホールのさらなる縮小を確認 – アメリカ海洋大気庁発表

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

ウラジミール・ゲヴォルギャン Vladimir Gevorgyan

ウラジミール・ゲヴォルギャン(Vladimir Gevorgyan、1956年8月12日-)は、アメ…

有機合成化学協会誌2018年11月号:オープンアクセス・英文号!

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2018年11月号がオンライン公開されました。今月…

観客が分泌する化学物質を測定することで映画のレーティングが可能になるかもしれない

映画には、年齢による鑑賞制限が設けられているものがあります。その制限は映画の内容に応じて各国の審査団…

庄野酸化 Shono Oxidation

概要アルコール溶媒中にアミドまたはカルバメートを電解酸化し、N,O-アセタールを得る反応。アミン…

ゲルセジン型アルカロイドの網羅的全合成

ゲルセジン型アルカロイドを網羅的に合成する手法が開発された。巧みな短工程骨格構築法により4種類の同ア…

3級C-H結合選択的な触媒的不斉カルベン挿入反応

2017年、エモリー大学・Huw M. L. Daviesらは独自に設計した不斉二核ロジウム触媒を用…

PAGE TOP