[スポンサーリンク]


2013年 9月 26日

  1. フリッツ・フェクトレ Fritz Vögtle

    フリッツ・フェクトレ(Fritz Vögtle、1939年3月8日-2017年1月3日)は、ドイツの化学者である。ボン大学ケクレ有機化学/生化学研究所 名誉教授。 (さらに…)…

  2. ケムステも出ます!サイエンスアゴラ2013

    ケムステのサイエンスアゴラ2013参戦が決定しました。日時は2013年11月9日(土)10日(日)。場所は東京のお台場にある科学未来館1階です。

  3. オーラノフィン (auranofin)

    オーラノフィンは、抗リウマチ薬として用いられる有機金化合物。赤痢アメーバにも効き目が強いと最近になって判明しました。

  4. pre-MIBSK ~Dess-Martin試薬と比べ低コスト・安全なアルコール酸化触媒~

    pre-MIBSKは、名古屋大学の石原らが開発した超原子価ヨウ素を有するアルコー…

  5. 2013年ノーベル化学賞は誰の手に?トムソンロイター版

    昨日、毎年ノーベル賞発表直前に公表される「トムソン・ロイター引用栄誉賞2013」が発表されま…

  6. M.G.フィン M. G. Finn

  7. ヴァレリー・フォキン Valery V. Fokin

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 電子豊富芳香環に対する触媒的芳香族求核置換反応
  2. 電子ノートか紙のノートか
  3. 半年服用で中性脂肪3割減 ビタミンPと糖の結合物質
  4. 最も安価なエネルギー源は太陽光発電に
  5. ChemTile GameとSpectral Game
  6. FT-IR(赤外分光法)の基礎と高分子材料分析の実際2【終了】
  7. 近況報告PartII

注目情報

最新記事

PCに眠る未採択申請書を活用して、外部資金を狙う新たな手法

みなさんは毎年何本の研究申請書を書きますか?そして、残念ながら日の目を見ずに、アイデアのままパソコン…

フラーレン〜ケージを拡張、時々、内包〜

トリアジン誘導体とN-フェニルマレイミドを用いた、フラーレンのケージを拡張する新規手法が開発された。…

エキノコックスにかかわる化学物質について

Tshozoです。40年以上前でしょうか、手塚治虫氏の有名な作品「ブラック・ジャック」でこう…

秋田英万 Akita Hidetaka

秋田 英万(あきた ひでたか)は、日本の有機化学者である。千葉大学薬学研究院および東北大学薬学研究院…

香料化学 – におい分子が作るかおりの世界

(さらに…)…

PAGE TOP