[スポンサーリンク]


2013年 9月 26日

  1. フリッツ・フェクトレ Fritz Vögtle

    フリッツ・フェクトレ(Fritz Vögtle、1939年3月8日-2017年1月3日)は、ドイツの化学者である。ボン大学ケクレ有機化学/生化学研究所 名誉教授。 (さらに…)…

  2. ケムステも出ます!サイエンスアゴラ2013

    ケムステのサイエンスアゴラ2013参戦が決定しました。日時は2013年11月9日(土)10日(日)。場所は東京のお台場にある科学未来館1階です。

  3. オーラノフィン (auranofin)

    オーラノフィンは、抗リウマチ薬として用いられる有機金化合物。赤痢アメーバにも効き目が強いと最近になって判明しました。

  4. pre-MIBSK ~Dess-Martin試薬と比べ低コスト・安全なアルコール酸化触媒~

    pre-MIBSKは、名古屋大学の石原らが開発した超原子価ヨウ素を有するアルコー…

  5. 2013年ノーベル化学賞は誰の手に?トムソンロイター版

    昨日、毎年ノーベル賞発表直前に公表される「トムソン・ロイター引用栄誉賞2013」が発表されま…

  6. M.G.フィン M. G. Finn

  7. ヴァレリー・フォキン Valery V. Fokin

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 炭素-炭素結合を組み替えて多環式芳香族化合物を不斉合成する
  2. ドウド・ベックウィズ環拡大反応 Dowd-Beckwith Ring Expansion
  3. 誰でも参加OK!計算化学研究を手伝おう!
  4. MEXT-JST 元素戦略合同シンポジウム ~元素戦略研究の歩みと今後~
  5. 光だけでなく化学物質も受容できるロドプシンの発見
  6. 今年も出ます!!サイエンスアゴラ2015
  7. 第38回「分子組織化の多様な側面を理解する」Neil Champness教授

注目情報

最新記事

セレンディピティ:思いがけない発見・発明のドラマ

hodaです。今回は1993年に刊行され、2022年7月に文庫化された書籍について書いていき…

第29回 ケムステVシンポ「論文を書こう!そして…」を開催します

コロナ禍による規制も少しずつ緩和されてきて、逆にオンライン会議が逆に少し恋しくなっている今日この頃か…

マテリアルズ・インフォマティクス活用検討・テーマ発掘の進め方 -社内促進でつまずやすいポイントや解決策を解説-

開催日:2022/08/24 申込みはこちら■開催概要近年、少子高齢化、働き手の不足の影…

高分子固体電解質をAIで自動設計

第406回のスポットライトリサーチは、早稲田大学 先進理工学部 応用化学科 小柳津・須賀研究室の畠山…

スクショの友 Snagit

スクリーンショット(スクショ)は、手軽に画像や図をコピーすることができ、資料作成などにおいて便利な機…

PAGE TOP